下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

足(下肢)の静脈にこぶ(瘤)が出来たものを下肢静脈瘤と言います。 
症状としては、こぶ(瘤)がめだつ、こぶ(瘤)の痛み、下肢の腫脹、下肢の鈍痛、歩くと足が重い、だるい(下肢疲労感)、皮膚の色が暗紫色に変化をする(色素沈着)、静脈瘤のところの皮膚が薄くなりそこから血が出る(潰瘍形成)などがあります。
正常な状態では静脈の弁は血液が逆流しないようになっています。静脈瘤が出来たときは、弁不全による静脈血の逆流、うっ滞、静脈内の圧力が高まることにより静脈が拡張、屈曲、蛇行しています。
下肢静脈瘤は、その発生原因から一次性静脈瘤と二次性静脈瘤ふたつに分けられます。
一次性静脈瘤とは、表在静脈が先天的または後天的に静脈の壁や静脈の弁不全により静脈瘤を形成したものをいいます。
二次性静脈瘤とは、妊娠、深部静脈血栓症、骨盤内腫瘍などが原因となり深部静脈の循環障害を起こしたため、表在性静脈に負担がかかり静脈瘤を発生したものをいいます。
治療法としては保存的治療と外科的治療法の2種類がありますが、二次性静脈瘤には内科的治療を行います。
保存的治療法は、弾性ストッキングの着用(下肢にたまった血液を心臓に送り返す手伝いをします)、抗炎症剤等の薬剤の内服があります。
外科的治療法は、静脈瘤抜去術(静脈瘤ができている血管を取り除きます)と硬化療法(静脈瘤ができている血管に薬剤を注入し静脈瘤をつぶしてしまいます、色素沈着などの問題があります)があります。