2009年度 業績一覧


1.原著・症例報告
  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 Skeletal Stability after a Mandibular Setback Using Sagittal Sprit Osteotomy Fixed by Titanium Miniplates or Two Screws J. Kyushu Dent. Soc. 63(1):1-7, April, 2009 Furuta H, Kikuta T, Hara I, Seto M, Sukedai M,
Yoshioka I, Tominaga K, Fukuda J
2 Assessment of Three Bilateral Sagittal Split Osteotomy Techniques with Respect to Mandibular Biomechanical Stability by Experimental Study and Finite Element Analysis Simulation Med. Bull. Fukuoka Univ. 36(3):181-192, 2009 Takahashi H, Furuta H, Moriyama S, Sakamoto Y, Matsunaga H, Kikuta T
3 Masticatory dysfunction in patients with myotonic dystrophy (type 1): a 5-year follow up Spec Care Dentist 29(5):210-214, 2009 Umemoto G, Nakamura H, Oya Y, Kikuta T
4 調査報告 - パーキンソン病患者の流涎と摂食・嚥下障害の関係 老年歯科医学 24(3):306-310, 2009 梅本丈二、北嶋哲郎、    坪井義夫、喜久田利弘
5 下顎枝矢状分割術時における貯血式自己血輸血の検討 日本顎変形症学会雑誌 19(3):145-149,August 2009 瀬戸美夏、出口 充、
古田治彦、 助台美帆、
高橋宏昌、 梅本丈二、 
喜久田利弘
6 胸部貫通後に頬部に停留した銃弾損傷の1例 日本口腔顎顔面外傷学会誌 8(1):13-16, 2009 北嶋哲郎、喜久田利弘、
古田治彦、高橋宏昌、
喜多涼介、高岡昌男
7 福岡大学病院救命救急センター患者の歯科口腔外科診療の臨床統計学的検討;2001年からの5年間について 福岡大学医学紀要 36(4):264-269, 2009 助台美帆、喜久田利弘、
福田浩子、喜多涼介、
北嶋哲郎、高橋宏昌、
青柳直子、古田治彦、
瀬戸美夏、梅本丈二、
喜多村泰輔、田中経一、
石倉宏恭
8 骨髄異形成症候群患者の不適合義歯装着による合併症の2例 有病者歯科医療 17(3):157-162, 2008(実際の発行は2009年秋) 青柳直子、梅本丈二、
出口 充、喜久田利弘
9 脊髄小脳変性症による運動失調が著明な患者の三叉神経痛様疼痛に行った薬剤処方について 日本歯科麻酔学会雑誌 37(5):584-585, 2009 瀬戸美夏、助台美帆、
喜久田利弘



2.総説

  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 診断力てすと
「止血に難渋した抜歯後出血」
DENTAL DIAMOND 34(4):17-18, 2009 梅本丈二
2 静脈・経腸栄養(第3版)−基礎・臨床研究のアップデート− VI. 各種疾患、病態における静脈・経腸栄養の実際 口腔外科領域 日本臨床   68(supple 3):508-513,   2010 喜久田利弘、瀬戸美夏




3.著書


  著書名 発行所 頁、年 著 者
1 口腔病変クローズアップ        
5 X線で異常が見られた症例 
30.失活歯根尖部のX線透過性病変
デンタルダイヤモンド社 106-112, 2010 佐藤亜樹、梅本丈二、
宮内睦美、高田 隆
(分担執筆)
2 口腔病変クローズアップ        
5 X線で異常が見られた症例 
33.骨膨隆を伴う多房性X線透過性病変
デンタルダイヤモンド社 117-120, 2010 佐藤亜樹、梅本丈二、
工藤保誠、高田 隆
(分担執筆)
3 口腔病変クローズアップ         
5 X線で異常が見られた症例 
34.多房性嚢胞様のX線透過性病変
デンタルダイヤモンド社 121-123, 2010 佐藤亜樹、梅本丈二、
北島正二郎、高田 隆
(分担執筆)



4.国際学会または国内学会シンポジウムおよび招待講演での発表


  演 題 学会名 場所、月日、年 演 者
1 Assessment of the 3 techniques of bilateral sagittal split osteotomy with respect to the biomechanical stability of the mandible by using three-demensional finite-element analysis The 50th Anniversary Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Seoul, KOREA 2009/4/10  Takahashi H, Fukuta H, Moriyama S, Sakamoto Y, Matsunaga H, Kikuta T.
2 Adequate sedation methods in patients with dental phobia The 50th Anniversary Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Seoul, KOREA 2009/4/10  Seto M, Furuta H, KITA R, SAKAMOTO Y, KIKUTA T
3 Enucleation of mandibular cyst in a patient of Wiskott-Aldrich syndrome The 50th Anniversary Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Seoul, KOREA 2009/4/10  KITA R, Seto M, Furuta H, SAKAMOTO Y, KIKUTA T
4 The influence of trait anxiety level to sedatives dose 12th International Dental Congress on Modern Pain Control Gold Coast, Australia 2009/10/14-17 Seto M, Furuta H, Kikuta T
5 The Effects of Subthalamic Nucleus Deep Brain Stimulation on the Deglutition in Patients with Parkinson's Disease 18th Annual Meeting of Dysphasia Research Society San Diego, USA 2010/03/04-06 Kitashima A, Umemoto G, Higuchi M, Tsuboi Y,  Kikuta T
6 Videofuluoroscopic Swallowing Findings and a Follow-upStudy in Myotonic Dystrophy Type I (DM1) 18th Annual Meeting of Dysphasia Research Society San Diego, USA 2010/03/04-06 Umemoto George, Furuya H, Kitashima A, Kikuta T
7 安全で快適な口腔外科小手術のかんどころ;全身管理、鎮静法を中心に 第54回(社)日本口腔外科学会総会・学術大会 ミニレクチャー講演 札幌市 2009/10/11 喜久田利弘
8 「Orofacial Painの診断と治療成績」 3.統計部Neuropathic Painの症状改善に対するガバペンチンの有用性について−当科で処方した15症例での検討− 第20回九州歯科麻酔 シンポジウム 宮崎市 2010/3/6 瀬戸美夏




5.学会活動


  活 動 名 役員名 氏 名
1 日本口腔科学会 理事 2009 喜久田利弘
2 日本口腔科学会 評議員 2009 喜久田利弘
3 日本口腔外科学会 評議員 2009 喜久田利弘
4 九州歯科学会 評議員 2009 喜久田利弘
5 日本顎顔面インプラント学会 評議員 2009 喜久田利弘
6 日本顎変形症学会 評議員 2009 喜久田利弘
7 日本口腔顎顔面外傷学会 評議員 2009 喜久田利弘
8 日本有病者歯科医療学会 評議員 2009 喜久田利弘
9 AO/ASIF, FEAC 役員 2009 喜久田利弘
10 日本歯科麻酔学会 代議員 2009 瀬戸 美夏



6.国内研究助成金


  研 究 課 題 研究助成金 氏 名
1 神経筋疾患患者の咀嚼嚥下機能の調査 日本学術振興会 
科学研究費 
若手研究(B)
2009年  梅本丈二(代表)
2 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2009年  喜久田利弘(分担)
3 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2009年
 梅本丈二(分担)



7.主催した学会・ワークショップなど

学会名 場所 月日 主催者
1 第1回福岡顎変形症臨床懇談会 福岡県歯科医師会館 1/17/2009  喜久田利弘



8.研究に関係した賞


  研 究 課 題 賞名 氏 名
1 Assessment of Three Bilateral Sagittal Split Osteotomy Techniques with Respect to Mandibular Biomechanical Stability by Experimenta Study and Finite Element Analysis Simulation 福岡大学医学紀要第36巻優秀論文賞 2009年 高橋宏昌