2010年度 業績一覧


1.原著・症例報告
  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 Three lateral osteotomy designs for bilateral sagittal split osteotomy: biomechanical evaluation with three-demensional finite element analysis HEAD & FACE MEDICINE 6:4, 2010 Takahashi H, Moriyama S, Furuta H, Matsunaga H, Sakamoto Y,Kikuta T
2 摂食・嚥下障害の診断と治療ー病態に応じた診断と治療法について 福岡歯科大学学会雑誌 36(2):57-66, 2010 原 巌
3 Impaired Food Transportation in Parkinson's Disease Related to Lingual Bradykinesia Dysphagia Published online August 29, 2010 Umemoto G, Tsuboi Y, Kitashima A, Furuya H, Kikuta T
4 Dietary fat intake and risk of Parkinson's disease: a case-control study in Japan. J Neurol Sci. 288: 117-122, 2010 Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Fukushima W, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
5 Dietary glycemic index is inversely associated with the risk of Parkinson's disease: a case-control study in Japan. Nutrition 26: 515-521, 2010 Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Fukushima W, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M for the Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
6 Case-control study of risk of Parkinson's disease in relation to hypertension, hypercholesterolemia, and diabetes in Japan. J Neurol Sci. 293: 82-86, 2010 Miyake Y, Tanaka K, Fukushima W, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
7 GST polymorphisms, interaction with smoking and pesticide use, and risk for Parkinson's disease in a Japanese population. Parkinsonism Relat Disord 6: 447-452, 2010 Kiyohara C, Miyake Y, Koyanagi M, Fujimoto T, Shirasawa S, Tanaka K, Fukushima W, Sasaki S, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
8 Dietary intake of folate, vitamin B-6, vitamin B-12, and riboflavin and risk of Parkinson's disease: a case-control study in Japan. Br J Nutr 104: 757-764, 2010 Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Fukushima W, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, the Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
9 LRRK2 Gly2385Arg polymorphism, cigarette smoking, and risk of sporadic Parkinson's disease: a case-control study in Japan. J Neurol Sci 297: 15-18, 2010 Miyake Y, Tsuboi Y, Koyanagi M, Fujimoto T, Shirasawa S, Kiyohara C, Tanaka K, Fukushima W, Sasaki S, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
10 Active and passive smoking and risk of Parkinson's disease. Acta Neurol Scand 122: 377-382, 2010 Tanaka K, Miyake Y, Fukushima W, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
11 Alcohol drinking and risk of Parkinson's disease: a case-control study in Japan. BMC Neurology. 10: 111, 2010 Fukushima W, Miyake Y, Tanaka K, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix).
12 放射線性骨壊死に対して高気圧酸素治療を主体とした治療を行った4例 九州歯科学会雑誌 64(1)1-13, 2010 原 巌、喜久田利弘
13 医学部病院歯科口腔外科における顎骨骨折患者の臨床統計的検討;歯科口腔外科初診症例と救命救急センター搬入症例の比較 日本口腔顎顔面外傷学会誌 9(2):65-72, 2010 高岡昌男、福田浩子、高橋宏昌、喜多涼介、古田治彦、喜久田利弘
14 飛び降り自殺症例における口腔顎顔面外傷治療に関わる問題点 日本口腔顎顔面外傷学会誌 9(2):86-92, 2010 高橋宏昌、喜久田利弘、
高岡昌男、喜多涼介、古田治彦、北嶋哲郎、喜多村泰輔、
衛藤暢明、石倉宏恭、西村良二
15 頭頸部癌における放射線治療後の軟組織障害に対する高気圧酸素治療の経験 日本口腔診断学会雑誌 23(2):212-216, 2010(10月号) 原 巌、冨田吉信、喜久田利弘
16 福岡大学病院歯科口腔外科における病理組織検査の統計的検討;1998年1月1日から2008年12月31日まで 福岡大学医学紀要 37(2):91-98, 2010 臼杵雄一郎、福田浩子、
古田治彦、瀬戸美夏、梅本丈二、高橋宏昌、青柳直子、北嶋哲郎、喜多涼介、喜久田利弘
17 膵腫大を伴ったミクリッツ病の一例 福岡大学医学紀要 37(4):195-200, 2010 後藤雄輔、三宅勝久、安野哲彦、中島 衡、瀬戸美夏、喜久田利弘、斉藤 喬雄
18 福岡大学病院神経内科における脳卒中急性期患者の嚥下障害有無と日常生活自立度の回復状況と食事会誌状況−2007年4月〜2009年3月診療録から後方視的実態の検討− 福岡大学医学紀要 38(1):39-45,2011 馬場みちえ、坪井義夫、梅本丈二、渡邊淳子、津川 潤、北嶋哲郎、
喜久田利弘
19 福岡大学病院歯科口腔外科における精神鎮静法の臨床統計的検討 福岡大学医学紀要 38(1):59-62, 2010 小川 忠宏、瀬戸美夏、古田治彦、坂本悠三子、林田枝里子、
喜久田利弘
20 開口不能となった進行性化骨性筋炎患者1例の摂食・嚥下機能評価 老年歯科医学 25(3):327-332, 2010 梅本丈二、古谷博和、北嶋哲郎、酒井光明、喜久田利弘



2.総説・その他

  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 医学部は歯学部における口腔医育成教育への推進を期待する 歯科医学教育の将来像「歯学」から「口腔医学」へ 71-74, 2011.03. 黒木政秀、喜久田利弘
2 巻頭言 歯科医学、口腔医学、口腔医学教育 日本口腔科学会雑誌 59(3)、2010  喜久田利弘




3.著書


  著書名 発行所 頁、年 著 者
1 9 認知症への対応;医科と歯科の協力;口腔の病気と全身の健康 福岡歯科大学 51-60, 2010 喜久田利弘(分担)
2 よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 2011/3/3 喜久田利弘(編集)
3 歯科の歴史と現代の歯科医療;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 6-7、2011/03/03 喜久田利弘(分担)
4 顎変形症;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 40-41、2011/03/03 古田治彦(分担)
5 局所麻酔、鎮静法、全身麻酔;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 72-73、2011/03/03 瀬戸美夏(分担)
6 神経内科疾患と歯科治療;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 84-85、2011/03/03 高橋宏昌、喜久田利弘(分担)
7 加齢と口腔の組織変化;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 88-89、2011/03/03 喜久田利弘(分担)
8 咀嚼・嚥下機能障害−2 神経内科疾患と咀嚼・嚥下障害;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 92-93、2011/03/03 梅本丈二(分担)
9 回復期、慢性期疾患と口腔ケア-1 意識障害患者と口腔ケア;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 104-105、2011/03/03 原 巌(分担)
10 回復期、慢性期疾患と口腔ケア-4 オーラルアプライアンスの維持管理;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 110-111、2011/03/03 楠 亜樹(分担)
11 訪問歯科診療の内容と限界;よくわかる歯科医学・口腔ケア 医学情報社 112-113、2011/03/03 原 巌(分担)



4.国際学会または国内学会シンポジウムおよび招待講演での発表


  演 題 学会名 場所、月日、年 演 者
1 Three lateral osteotomy designs for bilateral sagittal split osteotomy: biomechanical evaluation with three-dimensional finite element analysis The 51th Anniversary Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Seoul, KOREA 04/22-24/2010 Takahashi H, Furuta H, Moriyama S, Sakamoto Y, Matsunaga H, Kikuta T
2 Experience with Gabapentin for severe mandibular pain in Bisphoshonate-related osteonecrosis of the jaw stage 0 The 51th Anniversary Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Seoul, KOREA 04/22-24/2010 Ogawa T, Seto M, Sakamoto Y, Akiyama Y, Kikuta T
3 (ミニレクチャー6)ストレートエンジンを用いた明視野での安全な埋伏智歯抜歯 第55回日本口腔外科学会総会・学術大会 千葉市幕張メッセ10/16/2010 喜久田利弘
4 Differences in swallowing difficulties between patients with myotonic dystrophy type 1 and patients with Duchenne muscular dystrophy. The 2011 Dysphasia Research Society San Antonio, Texias, USA 03/03-05/2011 Umemoto G, Furuya H, Kitashima A, Sakai M, Kikuta T
5 Effects of subthalamic nucleus deep brain stimulation on the swallowing  function in patients with Parkinson’s disease The 2011 Dysphasia Research Society San Antonio, Texias, USA 03/03-05/2011 Kitashima A, Umemoto G, Higuchi M, Tsuboi Y, Kikuta T
6 (シンポジウム) 当科における顎矯正手術時の自己血輸血について 第24回自己血輸血学会学術総会 鹿児島市
3/11/2011
瀬戸美夏、喜久田利弘




5.学会活動


  活 動 名 役員名 氏 名
1 日本口腔科学会 理事 2010 喜久田利弘
2 日本口腔科学会 評議員 2010 喜久田利弘
3 日本口腔外科学会 評議員 2010 喜久田利弘
4 九州歯科学会 評議員 2010 喜久田利弘
5 日本顎顔面インプラント学会 評議員 2010 喜久田利弘
6 日本顎変形症学会 評議員 2010 喜久田利弘
7 日本口腔顎顔面外傷学会 評議員 2010 喜久田利弘
8 日本有病者歯科医療学会 評議員 2010 喜久田利弘
9 AO/ASIF, FEAC 役員 2010 喜久田利弘
10 日本口腔科学会九州地方部会 代表理事 2010 喜久田利弘
11 日本歯科麻酔学会 代議員 2010 瀬戸 美夏



6.国内研究助成金


  研 究 課 題 研究助成金 氏 名
1 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2010年  喜久田利弘(分担)
2 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2010年
 梅本丈二(分担)
3 顎顔面手術の生体力学的評価 福岡大学          領域別研究チーム 2010年  高橋宏昌(代 表)
4 神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移 日本歯科医学会平成22年度プロジェクト研究費 2010年  梅本丈二(代 表)
5 神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移 日本歯科医学会平成22年度プロジェクト研究費 2010年  喜久田利弘         (代表者:梅本丈二)
6 神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移 日本歯科医学会平成22年度プロジェクト研究費 2010年  北嶋哲郎          (代表者:梅本丈二)



7.主催した学会/研究会など

学会名 場所 月日 主催者
第2回福岡顎変形症臨床懇談会 福岡県歯科医師会館 05/18/2010 喜久田利弘
4 第3回福岡顎変形症臨床懇談会 福岡市歯科医師会 11/16/2010 喜久田利弘