2011年度 業績一覧


1.原著・症例報告
  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 The success rate of nasotracheal intubation using lightwand does not depend on the laryngoscopic view J Anesth. Jun;25(3):350-355, Epub 2011 Mar 16 Manabe Y, Seto M, Iwamoto S, Tominaga S, Taniguchi S.
2 Sedative methods used during extraction of wisdom teeth in patients with a high level of dental anxiety JOURNAL OF THE KOREAN ASSOCIATION OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGEONS 37(3):241-244, 2011 Seto M, Furuta H, Sakamoto Y, Kikuta T.
 3 The Effectiveness of Gabapentin for Severe Mandibular Pain in Stage 2 Patients with Bisphosphonate-related Osteonecrosis of the Jaw : Report of 3 cases The Journal of the Kyushu Dental Society 65(1):6-12, 2011 July  Seto M, Furuta H, Kikuta T.
4 口腔外科手術時のState-Trait Anxiety Inventoryによる不安度予測に関する検討 〜form Xとform JYZによる比較〜 福岡大学医学紀要 38(4):177-182, 2011  林田枝里子、瀬戸美夏、
濱崎理恵、坂本悠三子、
喜久田利弘
5 Impaired Food Transportation in Parkinson's Disease Related to Lingual Bradykinesia Dysphagia 26(3):250-255 ,2011 Umemoto G, Tsuboi Y,   Kitashima A,  Furuya H,    Kikuta T
 6 レビ−小体型認知症患者の摂食・嚥下障害−改訂版長谷川式簡易知能評価スケールとの関連について− 老年歯科医学 26(3):339-345, 2011 梅本丈二、坪井義夫、
古谷博和、酒井光明、
北嶋哲郎、喜久田利弘
7 Gabapentin therapy in patients with orofacial neuropathic pain: Report of 12 cases Oral Science International 8:17-19,2011 Seto M, Sakamoto Y, Furuta H, Kikuta T
8 シェーグレン症候群患者3例のピロカルピン塩酸塩内服前後の嚥下像映像の変化 日本摂食嚥下リハビリテーション学会誌 15(2):214-219, 2011 梅本丈二、青柳直子、
北嶋哲郎、原 巌、
喜久田利弘
9 パーキンソン病患者に対する脳深部刺激療法の嚥下機能に及ぼす影響について;3例の経験から 日本摂食嚥下リハビリテーション学会誌 15(3):324-331, 2011  北嶋哲郎、梅本丈二、
坪井義夫、樋口正晃、
馬場康彦、喜久田利弘
10 Dietary intake of antioxidant vitamins and risk of Parkinson’s disease: a case-control study in Japan Eur J Neurol 18: 106-113, 2011 Miyake Y, Fukushima W, Tanaka K, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
11 Lack of association of dairy food, calcium, and vitamin D intake with the risk of Parkinson’s disease: a case-control study in Japan Parkinsonism Relat Disord. 17: 112-116, 2011 Miyake Y, Tanaka K, Fukushima W, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
12  Dietary intake of metals and risk of Parkinson’s disease: a case-control study in Japan. J Neurol Sci. 306: 98-102, 2011 Miyake Y, Tanaka K, Fukushima W, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
13  Intake of Japanese and Chinese teas reduces risk of Parkinson’s disease. Parkinsonism Relat Disord 17: 446-450, 2011 Tanaka K, Miyake Y, Fukushima W, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
14  Occupational risk factors for Parkinson’s disease: a case-control study in Japan BMC Neurology. 11: 85, 2011 Tanaka K, Miyake Y, Fukushima W, Sasaki S, Kiyohara C, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
15  Genetic polymorphisms involved in dopaminergic neurotransmission and risk for Parkinson's disease in a Japanese population BMC Neurology 11: 89, 2011 Kiyohara C, Miyake Y, Koyanagi M, Fujimoto T, Shirasawa S, Tanaka K, Fukushima W, Sasaki S, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Shimada H, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
16  APOE and CYP2E1 polymorphisms, alcohol consumption, and Parkinson’s disease in a Japanese population. J Neural Transm 118: 1335-1344, 2011 Kiyohara C, Miyake Y, Koyanagi M, Fujimoto T, Shirasawa S, Tanaka K, Fukushima W, Sasaki S, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T, Miki T, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
17 低体重患者からの自己血採血の安全性に関する検討 自己血輸血 24(1):35-40, 2011 真鍋庸三、岩本 繁、
永田和子、瀬戸美夏、
冨永晋二、椙山加綱
18  顎矯正術時の貯血式自己血輸血 自己血輸血 24(1):41-45 2011 瀬戸美夏、喜久田利弘
19  福岡大学病院神経内科における脳卒中急性期患者の嚥下障害有無と日常生活自立度の回復状況と食事開始状況−2007年4月〜2009年3月診療録から後方視的実態の検討− 福岡大学医学紀要  38(1):39-45,2011 馬場みちえ、坪井義夫、
梅本丈二、渡邊淳子、
津川 潤、北嶋哲郎、
喜久田利弘
20 Local effects of intra-articular injection of anti-rabbit tumor necrosis factor alpha monoclonal antibody in antigen-induced arthritis of the rabbit temporomandibular joint J Oral Pathol Med 41: 96-105, 2012 Ohtani T, Habu M, Khanal A, Yoshioka I, Matsukawa A, Tominaga K
21 口腔外科手術時の新旧STAIによる不安度予測と静脈内鎮静法に関する検討 日本歯科麻酔学会雑誌 40(1):25-30,2012 瀬戸美夏、濱崎理恵、
坂本悠三子、高岡昌男 、
喜久田利弘



2.総説・その他

  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 2011年度特集「災害医療における感染症対策」 トピックス1
東日本大震災後の関連疾患へのすばらしき対応
第31回 福岡大学医学祭 24-28, 2011. 喜久田利弘




3.著書


  著書名 発行所 頁、年 著 者



4.国際学会または国内学会シンポジウムおよび招待講演での発表

演 題 学会名 場所、月日、年 演 者
1 Relationshop between autonomic nervous activity and state anxiety using Spielberger's state-trait anxiety inventory in scheduled extraction of an impacted wisdom tooth The 52th Anniversary Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Gwang-Ju, KOREA 04/22-23/2011 Sakamoto Y, Seto M,
Hamasaki R,    Takahashi H, Kikuta T.
2 Quantitative evaluation of facial swelling : Examination with a three-dimensional scanner The 52th Anniversary Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Gwang-Ju, KOREA 04/22-23/2011 Mika Seto, Shigeaki Moriyama, Ryosuke Kita, Yumiko Sakamoto, Toshihiro Kikuta
3 口腔外科小手術手技シンポジウム
2 明視野で行うストレートハンドピースでの下顎埋伏智歯抜歯
第79回日本口腔外科学会九州地方会 福岡市 09/03/2011 高橋宏昌
4 A mandibular advancement appliance therapy for a case with comorbidity of sleep bruxism and mild obstructive sleep apnea Worldsleep2011 京都市  10/16-20, 2011 Umemoto G, Aoyagi N, Toyoshima H,   Hamaguchi Y, Kikuta T.
5 ミニレクチャー24 顔面神経損傷
口腔外科手術における簡便なナーブスティムレーターを用いた顔面神経損傷の回避法
第56回社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会 大阪市 10/24/2011 喜久田利弘
6

Differences in swallowing difficulties between patients with myotonic dystrophy type

1 and patients with Duchenne muscular dystrophy
8th International Mytonic Dystrophy Consortium Meetin Clearwater, FL, U.S.A 2011/11/30-12/03 Umemoto G, Furuya H, Sakai M, Kitashima A, Arahata H,  Misaki M, Kikuta T
7 Dose planned intravenoussedation affect preoperative anxiety in patients? ADSA-IFDAS HAWAII 2012
13th International Dental Congress on Anesthesia, and Pain Control
Hawaii, USA   3/1/2012 Seto M ,KikutaT.
8 シンポジウム 「周術期疼痛管理〜がん性疼痛から術後疼痛管理、外来患者まで」  2) 福岡大学病院歯科口腔外科における術後疼痛管理 〜NSAIDsとアセトアミノフェンを中心に〜  第22回九州歯科麻酔シンポジウム(日本歯科麻酔学会九州地方会) 長崎市
3/10/2012
瀬戸美夏、
喜久田利弘 
9
The Relationship between Dysphagia and Congenitie Impairment in Patients who have Dementia with Lewy Bodies 20th Annual Meeting of the Dysphagia Research Society Toronto, CANADA 03/08-10,2012 Umemoto G. Furuya H, Tsuboi Y, Sakai M, Misaki N, Kikuta T




5.学会活動

  活 動 名 役員名 氏 名
1 日本口腔科学会 理事 2011 喜久田利弘
2 日本口腔科学会 評議員 2011 喜久田利弘
3 日本口腔外科学会 評議員 2011 喜久田利弘
4 九州歯科学会 評議員 2011 喜久田利弘
5 日本顎顔面インプラント学会 評議員 2011 喜久田利弘
6 日本顎変形症学会 評議員 2011 喜久田利弘
7 日本口腔顎顔面外傷学会 評議員 2011 喜久田利弘
8 日本有病者歯科医療学会 評議員 2011 喜久田利弘
9 AO/ASIF, FEAC 役員 2011 喜久田利弘
10 日本口腔科学会九州地方部会 代表理事 2011 喜久田利弘
11 日本歯科麻酔学会 代議員 2011 瀬戸 美夏



6.国内研究助成金

  研 究 課 題 研究助成金 氏 名
1 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2011  喜久田利弘(分 担) 
 (代 表:馬場みちえ)
2 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2011  梅本丈二(分 担)
 (代 表:馬場みちえ)
3 顎顔面手術の生体力学的評価 福岡大学          領域別研究チーム 2011  高橋宏昌(代 表)
 4 顎顔面手術の生体力学的評価  福岡大学          領域別研究チーム  2011  喜久田利弘(分 担) 
 (代 表:高橋宏昌)
5 神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移 日本歯科医学会平成22年度プロジェクト研究費 2011  梅本丈二(代 表)
6 神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移 日本歯科医学会平成22年度プロジェクト研究費 2011  喜久田利弘(分 担)     (代 表:梅本丈二)
7 神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移 日本歯科医学会平成22年度プロジェクト研究費 2011  北嶋哲郎(分 担)      (代 表:梅本丈二)
8  ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)に対する超音波と酸化チタンを併用した新しい治療法の開発 平成23年度九地連公募研究事業助成金  2011  高橋宏昌(代 表)
9  ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)に対する超音波と酸化チタンを併用した新しい治療法の開発  平成23年度九地連公募研究事業助成金  2011   喜久田利弘(分 担) 
 (代 表:高橋宏昌)
10 神経筋疾患患者の摂食・嚥下将棋の長期的管理体制構築に関する研究 平成23年度推奨研究プロジェクト 2011  梅本丈二(代 表)
11 酸化チタンと超音波を併用した新しい口腔癌治療法の開発 独立行政法人科学技術振興機構産学連携展開部研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ 2011  高橋宏昌(代 表)
12 酸化チタンと超音波を併用した新しい口腔癌治療法の開発  独立行政法人科学技術振興機構産学連携展開部研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ 2011   喜久田利弘(分 担) 
 (代 表:高橋宏昌)
13 フラーレンによる遺伝子導入を用いた変形関節症の新規治療法の開発 文部科学省科学研究費 研究活動スタート支援 2011  大谷泰志(代 表)
14  ソフトコンピューティングによる口腔粘膜疾患診断支援システムの開発 文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  2011   大谷泰志(分 担)
 (代 表:九州歯科大学 
 冨永和宏)


7.主催した学会

学会名 場所 月日 主催者
第4回福岡顎変形症臨床懇談会 福岡県歯科医師会館 05/18/2011 喜久田利弘
2 九州癌研究会第16回学術講演会 スカラエスパシオ 09/02/2011 喜久田利弘
3 第79回日本口腔外科学会九州地方会 福岡大学メディカルホール 09/03/2011 喜久田利弘
4 第5回福岡顎変形症臨床懇談会 福岡市歯科医師会 11/01/2011 喜久田利弘


8.研究に関連した賞

研究課題 賞名 受賞者
1 パーキンソン病患者の嚥下機能に対する脳深部刺激療法の影響の評価について 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会奨励賞 2011 北嶋哲郎、梅本丈二、
樋口正晃、渡邊淳子
馬場康彦、坪井義夫
喜久田利弘