2012年度(2012年4月〜2013年3月) 業績一覧


1.原著・症例報告
  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 Dietary patterns and risk of Parkinson's disease: a case-control study in Japan European Journal of Neurology 19:681-688, 2012 Okubo H, Miyake Y,      Sakaki S.,  Murakami K,  Tanaka K, Fukushima W, Kiyohara C, Tsuboi Y,    Yamada T, Oeda T,     Shimada H, Kawamura N,   Sakae N, Fukuyama H,    Hirota Y, Nagai M, and the Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
2 口腔ケアに対する意識調査(第1報) 日常臨床における口腔ケアの位置づけと限界 日本慢性期医療協会誌 20(3):48-51、2012 原田千春、原 巌、       田原瑞枝、白橋 斉、      山下青史朗、喜久田利弘
 3 頭蓋顎顔面部の6自由度検索法による重ね合わせ法 日本顎変形症学会雑誌 22(3):193-199, August, 2012 森山茂章、古田治彦、      喜多涼介、岩崎泰晃、     平田 巧、喜久田利弘
4 骨切り術におけるCT画像の三次元的評価 福岡大学医学紀要 39(1):5-11, 2012  喜多涼介、森山茂章、      岩崎泰見、田中祥継、      中村好成、内藤正俊、      喜久田利弘
5 DYSPHAGIA IN DUCHENNE MUSCULAR DYSTROPHY VERSUS MIOTONIC DYSTROPHY TYPE 1 MUSCLE & NERVE 490-495, 2012 Umemoto G., Furuya H., Kitashima A., Sakai M.,   Arahata H., Kikuta T.
 6 Treatment outcome of the two-part semi-rigid oral appliance in obstructive sleep apnea Oral Science International 9:49-54, 2012 Umemoto G., Yoshimura C., Aoyagi N., Toyoshima H., Matsumoto T., Watanabe K.,  Maki H., Kikuta T.
7 Clinical characteristics of Mikulicz's disease as an IgG4-related disease Clin Oral Invest Publish online;16 December 2012 Moiryama M., Tanaka A., Maehara,T., Ohyama Y.,   Shimizu M., Nakashima H., Hayashida J., Shinozaki S.,  Kubo, Y, Furukawa S, Kikuta T., Nakamura S.
8 SNCA polymorphisms, smoking, and sporadic Parkinson's disease in Japanese  Parkinsonism Relat Disord. 18(5):557-561, 2012 Miyake Y, Tanaka K, Fukushima W, Kiyohara C, Sasaki S, Tsuboi Y,  Yamada T, Oeda T,  Shimada H, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H,  Hirota Y, Nagai M, and the Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
9 UCHL1 S18Y variant is a risk factor for Parkinson's disease in Japan BMC Neurol. 12:62, 2012      http://www.biomedcentral.com/
1471-2377/12/62
Miyake Y, Tanaka K, Fukushima W, Kiyohara C, Sasaki S, Tsuboi Y, Yamada T, Oeda T,  Shimada H, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y,    Nagai M, and the Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
 10 Lack of association between BST1 polymorphisms and sporadic Parkinson's disease in a Japanese population J Neurol Sci. 323(1-2):162-166, 2012 Miyake Y, Tanaka K, Fukushima W, Kiyohara C, Sasaki S, Tsuboi Y,  Yamada T, Oeda T,  Shimada H, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H,  Hirota Y,  Nagai M, and the Fukuoka Kinki Parkinson's Disease Study Group (Kikuta T., Umemoto G, 38 authors listed in Appendix)
11 Does Planned intravenous sedation affect preoperative anxiety in patients? Int. J. Oral Maxillofac.Surg. 42:497-501, 2013 Seto M., Sakamoto Y.,  Takahashi H., Kit, R., Kikut, T.
12 Effect of subthalamic nucleus deep brain stimulation on the swallowing function of patients with Parkinson's disease Parkinsonism and Related Disorders 19 :480-482, 2013 Kitashima A., Umemoto G., Tsuboi Y., Higuchi M., Baba Y., Kikuta T
13 顎変形症の手術における骨移動の三次元術後評価 日本機械学会九州支部講演論文集 138-1:93-94, 2013 下村裕介,奥亮太郎,  森山茂章,大澤恭子,  喜多涼介,喜久田利弘
14 静脈内鎮静法施行後に起立性調節障害が疑われた1症例 日本歯科麻酔学会雑誌 40(2):195-196, 2012 瀬戸美夏、Mア理恵、      高岡昌男、坂本悠三子、     喜久田利弘
15 放線菌性下顎骨骨髄炎を発症した血液透析患者の1例 福岡大学医学紀要 39(2):205-210, 2012 喜久田利弘瀬戸美夏、     高橋宏昌、梅本丈二、      大谷泰志、喜多涼介、      青柳直子、坂本悠三子、     高岡昌男、北嶋哲郎
16 九州沖縄地区医学部付属病院歯科口腔外科8施設における最近5年間の口腔顎顔面骨折の調査 日本口腔顎顔面外傷学会雑誌 11:15-20, 2012 大谷泰志、福田浩子、     高岡昌男、喜久田利弘、   新垣敬一、砂川 元、     中山秀樹、 篠原正徳、    山下佳雄、後藤昌昭、     神崎夕貴、河野憲司、     秋森俊行、大矢亮一、     楠川仁悟、吉岡 泉、      迫田隅男
17 下顎骨骨折変形治癒の治療に3D石膏モデルを利用した1例  日本口腔顎顔面外傷学会雑誌 11(2):124−128、2012 高橋宏昌、大谷泰志、    喜多涼介、青柳直子、    坂本悠三子、高岡昌男、 瀬戸美夏、喜久田利弘
18 Radicular cyst in a patient with untreated Wiskott-Aldrich syndrome: A case report Oral Science International 10:40-43, 2013 Kita R, Seto M, Takahashi H, Sakamoto Y, Kikuta T.




2.総説・その他

  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 報告書:ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)に対する超音波と酸化チタンを併用した新しい治療報の開発 九州地区連合歯科医師会平成23年度公募研究事業最終報告書  24-29, 2012  高橋宏昌
2 報告書:下顎枝矢状分割術における各種骨切りラインの相違による生体力学的評価 Research ; Central Research Institute NEWS & REPORT   17/4,50-54, 2012  高橋宏昌、喜久田利弘、
松永久生
3 特集 次世代健康・医療・福祉の科学
医療超音波技術の最前線
化学工業 64(1):29−34,2013 高橋宏昌、喜久田利弘
立花克郎
4 周術期口腔機能管理を行う前に知っておくべき知識 歯界時報 695:1-7, 2013 喜久田利弘、瀬戸美夏




3.著書


  著書名 発行所 頁、年 著 者



4.国際学会または国内学会シンポジウムおよび招待講演での発表

演 題 学会名 場所、月日、年 演 者
1 Autonomic nervous activity during third molar surgery with high and normal preoperative anxiety level The 53ed Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Yongpyong Resort, Korea 04/27/2012 Sakamoto Y., Seto M.  Kikuta T.
2 HIFU Oral Squamous Cell Carcinoma Killing with TiO2 ICHO & JCTM 2012: The 11th International Congress of Hyperthemic Oncology The 29th Japanese Congress of Thermal Medicine 京都市  08/30-31/2012 Takahashi H, ,      Nejad S.M., Hamid S., Hosseini R., Otani T., Higashi E., Endo H.,    Feril L.B. Jr., Nakano K., Kikuta T., Tachibana K.
3 3次元CTにおける顎顔面非対称性の評価 日本生体医工学シンポジウム2012 豊中市  09/07-08/2012 奥亮太郎,下村裕介,   森山茂章,大澤恭子,   喜多涼介,喜久田利弘
4 ビデオレクチャー1 顎下腺摘出術の基本術式 第57回日本口腔外科学会総会・学術大会 横浜市 10/20/2012 喜久田利弘
5 局所麻酔下に観血的処置を行った高齢患者について 第23回九州歯科麻酔シンポジウム(日本歯科麻酔学会九州地方会) 熊本市 02/23/2013 瀬戸美夏、星加美代子、  古賀さよ、末松理恵、    高岡昌男、坂本悠三子、 喜久田利弘




5.学会活動

  活 動 名 役員名 氏 名
1 日本口腔科学会 理事 2012 喜久田利弘
2 日本口腔顎顔面外傷学会 理事 2012 喜久田利弘
3 日本有病者歯科医療学会 理事 2012 喜久田利弘
4 日本口腔科学会 評議員 2012 喜久田利弘
5 九州歯科学会 評議員 2012 喜久田利弘
6 日本顎顔面インプラント学会 評議員 2012 喜久田利弘
7 日本顎変形症学会 評議員 2012 喜久田利弘
8 AO/ASIF, FEAC 役員 2012 喜久田利弘
9 日本口腔科学会九州地方部会 代表理事 2012 喜久田利弘
10 日本口腔外科学会 代議員 2012 喜久田利弘
11 日本口腔外科学会 代議員 2012 高橋宏昌
12 日本歯科麻酔学会 代議員 2012 瀬戸美夏
11 日本老年歯科医学会 代議員 2012 梅本丈二



6.国内研究助成金

  研 究 課 題 研究助成金 氏 名
1 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2012  喜久田利弘(分 担) 
 (代 表:馬場みちえ)
2 摂食・嚥下機能低下がみられた脳血管疾患患者への介護予防のための前向き介入研究 日本学術振興会 
科学研究費   
基盤研究(C)
2012  梅本丈二(分 担)
 (代 表:馬場みちえ)
3 酸化チタンと超音波を併用した新しい口腔癌治療補うの開発 独立行政法人科学技術振興機構産学連携展開部研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ 2012  高橋宏昌(代 表)
4 酸化チタンと超音波を併用した新しい口腔癌治療補うの開発  独立行政法人科学技術振興機構産学連携展開部研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ 2012   喜久田利弘(分 担) 
 (代 表:高橋宏昌)
5 フラーレンによる遺伝子導入を用いた変形関節症の新規治療法の開発 文部科学省科学研究費 研究活動スタート支援 2012  大谷泰志(代 表)
6 ソフトコンピューティングによる口腔粘膜疾患診断支援システムの開発 文部科学省科学研究費 基盤研究(C) 2012   大谷泰志(分 担)
 (代 表:九州歯科大学 
 冨永和宏)
9 光触媒による癌治療法開発チーム 福岡大学推奨研究プロジェクト研究チーム 2012  高橋宏昌(代表)
10 光触媒による癌治療法開発チーム 福岡大学推奨研究プロジェクト研究チーム 2012  大谷泰志(分 担)    
 (代表者:高橋宏昌)
11 酸化チタン医療利用研究チーム 福岡大学領域別研究チーム 2012  高橋宏昌(代表)
12 放射線誘発口腔粘膜障害に対するロペライド含嗽の臨床的有用性の検討 (Clinical Evaluation of a Loperamide Oral-rinse Solution for Radiation Oral Mucositis) 財団法人福岡県すこやか健康事業団 平成24年度がん研究助成金 2012  高橋宏昌


7.主催した学会・ワークショップなど

学会名 場所 月日 主催者
1 AOCMF Introductory Workshop - Principles of CMF Bone Surgery 福岡大学文系センター 04/07-08/2012  喜久田利弘
2 第6回福岡顎変形症臨床懇談会 福岡市歯科医師会館 05/28/2012  喜久田利弘
3 第7回福岡顎変形症臨床懇談会 アクア博多  11/15/2012  喜久田利弘
4 第45回日本口腔科学会九州地方部会 福岡大学メディカルホール 11/23/2012  喜久田利弘