2013年度(2013年4月〜2014年3月) 業績一覧


1.原著・症例報告
  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 Availability of Cephalometric Radiographs Constructed from Three-dimensional Computed Tomography: Transaction research to three dimensionalfrom two dimensional Med.Bull.Fukuoka Univ. 40(3/4):129-140, 2013 KITA R, MORIYAMA S,
OHTANI T,
TAKAHASHI H,
TAKAOKA M,
KIKUTA T.
2 口腔外科手術後のロキソプロフェンとアセトアミノフェンによる疼痛管理について 有病者歯科医療 22(3):193-198, 2013 瀬戸美夏、大谷泰志、     高橋宏昌、喜多涼介、     喜久田利弘
 3 神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移 日本歯科医学会会誌 32:73-77, 2013 梅本丈二、古谷博和、     坪井義夫、吉川峰加、     津賀一弘、北嶋哲郎、     喜久田利弘
4 重度の開口障害を伴った慢性硬化性下顎骨骨髄炎の1例 福岡大学医学紀要 40(3/4):181-186, 2013 平瀬正康、高橋宏昌、     大谷泰志、高岡昌男、     喜多涼介、梅本丈二、     瀬戸美夏、喜久田利弘
5 舌尖部の先天性類表皮嚢胞の一例 福岡大学医学紀要 40(3/4):203-207, 2013 喜久田利弘、
瀬戸美夏、
高橋宏昌、
喜多涼介、
福田麻衣子、
古田治彦.
 6 Wisdom teeth extraction in a patient with moyamoya disease J Korean Assoc Oral Maxillofac Surg 39:289-291, 2013 Seto M, Aoyagi N, Koga S, Kikuta T
7 智歯抜歯の周術期に失神発作をきたした歯科治療恐怖症の1例 福岡大学医学紀要 41(1):31-34, 2014 田中翔子、瀬戸美夏、     古賀さよ、青柳直子、      早川慶祐、高岡昌男、     喜久田利弘




2.総説・その他

  論文題名 発表雑誌 発行の巻(号)、頁、年 著 者
1 がん患者などの周術期口腔機能管理;どんな患者に口腔ケアが必要か? 歯界時報 20−22、2013 喜久田利弘
2 新しい超音波技術の医療利用 検査技術 18(12)1305-1307, 2013 高橋宏昌、
喜久田利弘、
立花克郎




3.著書


  著書名 発行所 頁、年 著 者
1 "医療連携”に役立つ有病者歯科マニュアル 
2.基礎疾患およびリスクを有する患者の管理と医療連携 糖尿病
医学情報社 32−35,2013/04/15 喜久田利弘、
瀬戸美夏(分担)
2 "医療連携”に役立つ有病者歯科マニュアル 
3.有病者口腔ケアに関わる医療連携  糖尿病
医学情報社 70-71,2013/04/15 喜久田利弘、
瀬戸美夏(分担)



4.国際学会または国内学会シンポジウムおよび招待講演での発表

   演 題 学会名 場所、月日、年 演 者
Wisdom teeth extraction in a patient with moyamoya disease The 54th Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Taegu, Korea
2013/04/25
Seto M,
Aoyagi N,
Narihira K,
Takeshima N,
Kikuta T. 
シンポジウム 学顔面骨折の治療の基本ー部位別に− 
座長講演:顎顔面骨折の治療の前に行うこと
第15回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会 熊本市
2013/07/13
喜久田利弘
2 Disphagia in Patients with Multiple-system Atrophy -relationship between Oral Dysfunction and ADL Deterioration- 3rd Congress Dysphagia Diagnosis and Treatment (3rd Congress and Precongress Course of the European Society for Swallowing Disorders, 2013) Malmo, Sweden
2013/09/12-14
George Umemoto, Hirokazu Furuya, Yoshio Tsuboi, Mitsuaki Sakai, Toshihiro Kikuta
3 ビデオレクチャー6 「ビデオで見る経口気管挿管チューブのオトガイ引き抜き法の要点と実際」 第58回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 福岡市
2013/10/12
喜久田利弘
4 医学部における口腔ケア教育とその将来像 戦略的連携事業「口腔医学の学問体系の確立と医学・歯学教育体制の再考」口腔医学シンポジウム−これからの医療における口腔ケアの役割 福岡市
2014/01/12
喜久田利弘
5 シンポジウム1 「BRONJ Stage U症例に対する外科的治療について」
BRONJ Stgage 2症例に対する選択的外科療法の試み − 感染制御への外科的アプローチ −
第23回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 福岡市
2014/03/223
喜久田利弘




5.学会活動

   活 動 名 役員名 氏 名
1 日本口腔科学会 理事 2013 喜久田利弘
2 日本口腔顎顔面外傷学会 理事 2013 喜久田利弘
3 日本有病者歯科医療学会 理事 2013 喜久田利弘
4 AO/ASIF, FEAC 理事 2013 喜久田利弘
5 日本口腔科学会 評議員 2013 喜久田利弘
6 九州歯科学会 評議員 2013 喜久田利弘
7 日本顎顔面インプラント学会 評議員 2013 喜久田利弘
8 AO/ASIF, FEAC 役員 2013 喜久田利弘
9 日本口腔科学会九州地方部会 代表理事 2013 喜久田利弘
10 日本口腔外科学会 代議員 2013 喜久田利弘
11 日本口腔外科学会 代議員 2013 高橋宏昌
12 日本歯科麻酔学会 代議員 2013 瀬戸美夏
13 日本老年歯科医学会 代議員 2013 梅本丈二



6.国内研究助成金

   研 究 課 題 研究助成金 氏 名
1 水溶性フラーレン/ユビキノンを用いた変形性関節症の新規局所療法の開発 (独)日本学術振興会 若手研究(B) 2013  大谷泰志(代 表)
2 嚥下圧と舌圧を用いた神経筋疾患患者の嚥下機能評価に関する研究 (独)日本学術振興会 基盤研究(C) 2013  梅本丈二(代表)
3 光触媒による癌治療法開発チーム 福岡大学推奨研究プロジェクト研究チーム 2013  高橋宏昌(代表)
4 酸化チタン医療利用研究チーム 福岡大学領域別研究チーム 2013  高橋宏昌(代表)
5 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を合併する代謝内分泌異常への口腔内装置(OA治療)の有効性に関する研究 福岡大学 平成25年度 大学院高度化推進特別経費 2013   喜久田利弘


7.主催した学会・ワークショップなど

   学会名 場所 月日 主催者
1 AOCMF Principles course in Yokohama, 2014 横浜シンポジア 07/18-20/2013 喜久田利弘
2 第23回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 福岡県歯科医師会・福岡国際会議場 03/21-23/2014 喜久田利弘


8.研究に関係した賞

   研究課題 賞名 受賞者
1 Wisdom teeth extraction in a patient with moyamoya disease 第54回大韓口腔外科学会総会 優秀ポスター賞 2013 Seto M,
Aoyagi N,
Narihira K,
Takeshima N,
Kikuta T.