福岡大学医学部消化器外科 大腸

福岡大学医学部消化器外科トップページ»患者様へ»扱う疾患-大腸-

扱う疾患-大腸-

大腸癌に対する治療

現在、大腸癌は日本において増加傾向にあります。早期癌から進行癌、切除不能なものまで多岐にわたります。当教室では内視鏡治療(EMR・ESD。詳しくはこちら)、腹腔鏡治療、開腹手術、化学療法、放射線療法とStage 0から Stage IVまで全進行度の大腸癌に対する治療を行っています。調査した限りでは、九州で外科医が全進行度の大腸癌に対する治療を施行しているのは当教室のみであり、境目のない医療が可能と考えております。

内視鏡治療

粘膜下層軽度までのものに行います。
画像クリックで拡大します。

図1

図1
早期癌

図2

図2
粘膜下層に特殊液を注入し周囲切開している

図3

図3 早期癌症例は適応を選んで積極的に内視鏡治療を取り込んでいます。

腹腔鏡治療

ガイドラインでは対象症例は進行癌であっても施設、施行者の技量で行っても良いということになりました。当教室では明らかに他臓器浸潤しているもの等を除いて、腹腔鏡下手術を行っています。 術後の合併症も少なく、早期退院に寄与しています。

図4

図4 ポート挿入

図5

図5 直腸周囲剥離後切除風景

図6

図6 終了後創

開腹術

開腹術では他臓器浸潤のあるもの、癒着の予想される症例などに行っています。骨盤腔内の腫瘍の場合、婦人科、泌尿器科と協力し根治術を目指しています。 九州管内では1〜2位の手術施行数に至り、多くの経験をつんでいます。

大腸癌化学療法

福岡大学消化器外科は、九州でトップクラスの大腸癌手術症例数を背景に化学療法にも積極的に取り組んでおります。取り扱いレジメンはXELOX・IRIS・FOLFOX・FOLFIRI等をベースに分子標的薬であるアバスチン・ アービタックス・ ベクティビックスを組み合わせて治療を行っています。合併症の観点からできるだけ中心静脈ポート(CVポート)を挿入しない化学療法(Port free chemotherapy)を目指しています。 転移巣に対する術前化学療法も積極的に施行しており、肝臓外科・呼吸器外科とも連携の上で治療を行っています。下図のように、本来なら膀胱浸潤のために膀胱全摘術が必要な大腸癌を術前化学療法により癌を縮小させることによって 膀胱温存が可能となったり、肝臓に転移した癌に対して術前化学療法を施行して縮小させて肝切除を施行しています。

我々の大腸癌化学療法に対する取り組みとしましては、
大腸癌切除後1週間で同時性肝転移に対して化学療法を導入したことを初めて報告しました(http://www.karger.com/Article/Abstract/328805)。
大腸癌脳転移切除後1週間で化学療法を導入したことを初めて報告しました(http://www.karger.com/Article/Abstract/339614)。
大腸癌原発巣切除後早期の化学療法に対するパイロット試験を初めて報告しました(http://www.wjso.com/content/11/1/39/abstract)。現在、さらに第二相試験を展開中です(Pearl Star02試験)。

ステロイドを混注することによってオキサリプラチンに対する血管痛およびアレルギー反応が予防できる可能性を初めて報告しました (http://www.sciencedomain.org/abstract.php?iid=99&id=12&aid=384)。 現在、効果を確認するために多施設臨床試験を行っています(AVOID試験)。

中心静脈ポート(CVポート)は種々の合併症を引き起こす可能性があるので、できるだけCVポートを挿入せずに化学療法を施行しています (http://www.omicsonline.org/1948-5956/JCST-04-e105.php?aid=4285)。

一次治療でオキサリプラチンを使用するのが良いのかイリノテカンを使用するのが良いかを見分ける臨床試験を行っています(FUTURE1001試験)。これはmtTFAというタンパクがオキサリプラチンの効果を予測するかもしれないという知見に基づいています (http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1349-7006.2010.01835.x/full)。
その他にも当科独自の臨床試験、全国・全九州規模の臨床試験にも参加し、最新の治療を実施しています。

進行・再発大腸がんと診断された方へ

化学療法と免疫細胞治療を併用する臨床試験(COMVI IV試験)参加者募集のご案内

概要

近年、大腸癌は罹患数、死亡数ともに急増しています。国立がん研究センター「がん情報サービス」の統計によれば、2010年の大腸がんによる死亡者は44,238人であり、男性では肺がん、胃がん、肝がんに次いで第4位、 女性では第1位を占めるようになっています。

大腸がんの治療は外科切除が基本になりますが、遠隔転移を有するステージIVの進行大腸がんは治癒切除が難しい場合も多く化学療法を中心に治療を行っていきます。化学療法がよく効いて切除可能と判断した場合は手術による切除を行います。 化学療法の効果をより向上させることができれば、大腸がんの予後は大きく改善できることが期待され、当科では手術・化学療法・放射線療法・免疫療法を組み合わせた癌治療を行いたいと考えています。

一方、免疫細胞治療とは血液から分離した自分(自己)の免疫細胞を体外で活性化・増殖させ、再び体内に戻すことでがんを抑制しようとする治療法です。この臨床試験で化学療法と併用するアルファ・ベータT(αβT)細胞療法は、 体内の免疫のバランスを整えつつがんを攻撃することができるアルファ・ベータT細胞というリンパ球を中心に活性化させて治療に用いるものです。この治療法は放射線療法や化学療法とは異なるメカニズムでがんを抑制するため、 抗がん剤でみられるような有害事象(白血球減少・肝機能障害・腎機能障害・嘔気・脱毛など)の発現が少ない安全な治療法だと考えられています。これまでに同様な治療が国内外の多くの施設で臨床研究や先進医療として実施されていますが、 重篤な副作用は報告されていません。

この臨床試験はステージIV大腸がんの方に標準治療であるXELOX+ベバシズマブ療法と免疫細胞治療であるアルファ・ベータT細胞療法を受けていただき、その安全性と治療効果を検討するために計画されました。 大腸癌に対する一次治療としての化学療法に免疫細胞療法を併用する臨床試験は稀で、得られた成果は大腸がんの新たな治療方法として応用できる可能性があります。

対象となる患者様

進行再発大腸癌と診断されており、化学療法を施行予定である方、今までに大腸がんに対する化学療法を受けておられない方、適切な骨髄機能、肝機能、腎機能を有しておられる方が対象となります。 また、HIV抗体及びHTLV-1抗体のいずれかが陽性である方は本試験の対象とはなりません。
詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

治療方法について

【XELOX+ベバシズマブ療法】

XELOX(ゼロックス)療法は、オキサリプラチンとカペシタビンという2つのお薬を使用する化学療法です。大腸がんの治療に広く用いられており、厚生労働省から認可を受けた化学療法です。 それに血管新生阻害剤であるベバシズマブを併用いたします。

【免疫細胞治療 <アルファ・ベータT細胞療法>】

アルファ・ベータT細胞療法実施の14日以上前に、 真空採血管3本(約23mL)分の採血を行い、治療用のリンパ球を分離して専門の培養施設で培養を開始します。約14日間の培養でリンパ球は活性化され、約1,000倍に増殖します。 この免疫細胞治療を実施するためには、安全性が高度に管理されたクリーンルーム(CPC:セルプロセッシングセンター)で免疫細胞の培養・活性化を行う必要がありますが、福岡大学病院ではこのような施設を有していないため、 国内で最も豊富な免疫細胞治療の培養・治療実績を有する医療法人社団滉志会 瀬田クリニックグループの瀬田クリニック福岡(http://www.j-immunother.com/group/fukuoka/) で実施します。

【投与方法】

3週を1つのコース(一区切り)として行います。
まずベバシズマブを30〜90分かけて静脈注射行います。続いてオキサリプラチンを120分かけて静脈注射します。その後、カペシタビンを1日2回朝・夕食後に2週間内服し、1週間お休みします。カペシタビンをお休みしている間のいずれか1日に、 活性化自己リンパ球を30分かけて静脈注射します。原則としてこの治療を6回繰り返します。
XELOX+ベバシズマブ療法は福岡大学病院で行いますが、免疫細胞治療の採血・投与は瀬田クリニック福岡で行います。

【お問い合わせ先】

福岡大学医学部外科学講座 消化器外科学
電話番号:092-801-1011
受付時間9:00〜17:00
E-mail: fukuoka.cancer■gmail.com (■を@(アットマーク)に変えて下さい。)
担当:吉田陽一郎

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患とは、小腸および大腸粘膜に慢性の炎症または潰瘍を呈する原因不明の疾患の総称で、一般的にはクローン病と潰瘍性大腸炎を意味します。
クローン病、潰瘍性大腸炎の治療の原則は内科的治療(栄養療法、薬物療法など)ですが、この内科的治療抵抗例(治療がうまくいかない例)や様々な合併症を併発した症例では外科的治療が必要となります。 本疾患は比較的まれですので、充分な実績がある施設で診断・治療を受けられることが重要です。当院の消化器内科は伝統的に炎症性腸疾患の患者様の多い施設で、 またこれに伴って外科手術例も年間約20例と九州では比較的豊富な治療経験を有しています。

(1)クローン病

クローン病では小腸・大腸・肛門に腸管病変や肛門病変を呈することがあります。現在のところ、はっきりした病因は不明で、その根治的治療法も確立されていません。治療の主体は内科的治療ですが、 病変のために狭窄(腸管が狭くなって腸閉塞を呈する)、出血、穿孔・穿通(病変で腸管に穴が開く)、膿瘍(腸管の炎症が周辺に波及し周囲組織に高度の炎症や感染をひきおこす)などがおこった時は外科的治療が 必要となります。癌の手術とは異なり、病変をすべて取り除くことが目的ではなく、症状を改善することが主たる目的となります。つまり狭窄を解除して腸閉塞を改善、食事がとれるようにする、 あるいは炎症の強いところを最小限切除したうえ、膿の溜まりを取り除いたりするなどです。本疾患は比較的若年者に好発し、再発・再燃を繰り返す厄介な疾患です(約半数が初回手術から10年以内に再手術を 余儀なくされます)。従って出来る限り腸管切除を避けた術式が良いと考えられており、当科でも可能な限り狭窄形成術を施した非切除治療を優先しています。また基本的には良性疾患ですので、 手術後の全身状態がより良く保てる術式が選択されるべきで、この観点から私どもの施設では、比較的炎症の軽い例、初回手術例を中心に腹腔鏡手術を行っております。 しかし極めて炎症の強い症例や過去数回の手術歴のある患者様での腹腔鏡手術は無理と考えますので、そうした症例では通常の開腹手術を選択することになります。現在までクローン病約20例に対し腹腔鏡手術を施行、 概ね良好な治療経過を得ています。
またクローン病では多彩な肛門病変(主に難治性痔ろうや肛門周囲膿瘍)を呈すことがあります。さらに肛門病変や直腸病変の悪化により、肛門機能が低下したり、 狭窄症状を呈したりすることもありますので充分な注意が必要と考えます。特に若年者で痔疾患(特に痔瘻や肛門周囲膿瘍)を繰り返す方は一度ご相談下さい。

(2)潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は直腸から始まり、大腸全体に拡がる原因不明の炎症性腸疾患です。
治療の原則は薬物療法(サラゾピリン、ペンタサ、ステロイドなど)ですが、劇症化した例、ステロイド治療抵抗例(治療難渋例)、大量出血例、中毒性巨大結腸症併発例、癌合併例などでは手術が必要となります。 術式は大腸全摘術が原則で、従来の肛門はそのまま温存し、肛門部(肛門や肛門管)に小腸を吻合(つなぐ)する方法です。手術は患者様の病状や年齢、体力に応じ、2回ないしは3回にわけて行われますので、 完了まで半年前後の治療期間が必要となります。手術と手術の間は一旦退院し一時的に社会復帰していただくことも可能です。治療経過中は一時的に人工肛門をつくることになりますが、 最終的には人工肛門は閉鎖され、従来の肛門からの排便生活となります。しかしながら、大腸全摘に伴う排便障害は免れず、排便回数も5−7回/日程度になりますので症状に応じた止痢剤(下痢止め) や整腸剤が必要となります。本疾患は大腸を特異的に冒す病気ですので、手術で大腸が全て切除摘出されれば原則的ステロイド剤は不要となります。
本疾患も基本的には良性疾患ですので、術後生活の質向上を目的に可能な症例には腹腔鏡手術を試みています。ご希望の方はご相談下さい。

担当スタッフ

福岡大学医学部消化器外科トップページ»患者様へ»扱う疾患-大腸-

その他のカテゴリー

医療従事者の方へ

入局希望の方へ

福岡大学医学部消化器外科

〒814-0180
福岡市城南区七隈7-45-1
TEL:092-801-1011(内3425)
FAX:092-863-9759

アクセスマップはこちら

受付時間