入局案内
【学生、研修医諸君へ】

 専門性に関しては、科の看板どうり、これからの若い先生方には、「内分泌専門医」と「糖尿病専門医」の両方の取得をめざしていただきます。スタンスは「内分泌も診れる糖尿病専門医」でも「糖尿病も診れる内分泌専門医」のどちらでも構いません。濃淡はあっても二つの領域の専門性を兼ね備えた医師は全国的にも極めて少ないのが現状ですので、皆さんが、将来、勤務医あるいは開業医として活躍される際にも高い付加価値となり、診療上も大きな武器となるでしょう。また、そのような育て方をしている大学が全国的にも極めて少ないのが、現状です。当科は福岡市の糖尿病診療の中核機関であると同時に、多数の内分泌疾患患者さんが集積する全国でも有数の医療機関の一つでもあり、内分泌専門医5名(うち指導医2名)、糖尿病専門医12名(うち指導医2名)の強力な指 導体制下で、真の意味での「内分泌代謝専門医」をめざしていただく絶好の施設であることを強調したいと思います。
 具体的にはまず第一に関連他科との緊密な連携のもと血糖管理だけでなく「全身が診れる糖尿病医」として「頭の先からつま先」まで配慮やケアが及ぶ糖尿病専門医の育成に力を注いでいます。また、間脳・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺等における古典的内分泌疾患の臨床経験をしっかり積んでいただき、専門医として他の医療機関からのコンサルテーションにも十分対応できる実力を身につけていただくことを第二の目標としています。次に高血圧、肥満(メタボ)、高脂血症、骨粗鬆症といった生活習慣病領域でも近年、内分泌・代謝学的成因が深く関わっていることが明らかになってきており、このような分野でもオールラウンドに診れる医師の養成を第三の目標としています。幅広い知識を要求される分野だけに大変な反面、本来の内科医としての醍醐味を十分に味わえる専門分野とも言えます。一例として全高血圧患者さんの実に十人に一人は原発性アルドステロン症であることがわかってきました。また、治療抵抗性のメタボ患者さんの背景には成人GH欠損症やサブクリニカルクッシング症候群の病態が潜んでいる場合があることもわかってきています。ひと昔前には稀少疾患と考えられていたこのような疾患をボーダーライン症例からいかに見つけ出し、治り得る疾患として治療にまで導いてあげられるか、内分泌・代謝専門医としての腕の見せ所ではないかと思います。



 最後に、研究をしてみたいと思う方には、いつでも門戸を開けています。症例報告、臨床研究、実験研究、何でも結構です。大学に在籍するメリットには、最新情報を入手しやすい、専門家がいて最新の医療を学べるなど、いくつかありますが、研究ができる環境にあり、得た知見を外部に発信することによって、医療やサイエンスの進歩にたとえ微々たるものではあっても、貢献できる喜びを味わえることも大きいものです。
現在の科の方向性として、common disease(生活習慣病)の病因、病態の解明を行ない、その応用としての創薬、再生医療等の先端医療の基盤研究に力を注いでいます。研究を通じて日常臨床の背景にある病態の考察もできる懐の深い専門医に育っていただきたいというのが、私の願いです。ぜひ、様々な可能性にチャレンジください。


【医局紹介ビデオ】
医局紹介ビデオを見る
http://www.doctor-info.net/medical/yanase/index.html


【お問い合わせ】
入局、見学に関するお問い合わせは医局長(田邉)までお問い合わせ下さい。
メールアドレス: mtanabe@live.jp

↑ ページの上部へ戻る