最近の研究活動・学位論文など
原著
主要欧文論文(柳瀬:1986年〜2008年)こちら >> 
2016年
  • Fukuda T, Tanaka T, Hamaguchi Y, Kawanami T, Nomiyama T, Yanase T Augmented GH secretion and Stat3 phosphorylation in an aryl hydrocarbon receptor interacting protein (AIP)-disrupted somatotroph cell line.
    PLOS ONE 2016 in press
  • Tanabe M, Motonaga R, Terawaki Y, Nomiyama T, Yanase T.
    Prescription of oral hypoglycemic agents for patients with type 2 diabetes mellitus: A retrospective cohort study using a Japanese hospital database.
    J Diabetes Investig. 2016 doi: 10.1111/jdi.12567.
  • Nomiyma T, Yanase T
    GLP-1 receptor agonist as treatment for cancer as well as diabetes: beyond blood glucose control
    Expert Review of Endocrinology & Metabolism 11: 357-364, 2016
  • Nishikawa T, Omura M, Kawaguchi M, Takatsu A, Satoh F, Ito S, Kurihara I, Itoh H, Yanase T, Shibata H, Oki Y, Naruse M, Sakurai K, Sasamoto H, Kuwa K.
    Calibration and evaluation of routine methods by serum certified reference material for aldosterone measurement in blood.
    Endocr J. 2016 in press
  • Morooka N, Ueguri K, Yee KK, Yanase T, Sato T.
    Androgen-androgen receptor system improves chronic inflammatory conditions by suppressing monocyte chemoattractant protein-1 gene expression in adipocytes via transcriptional regulation.
    Biochem Biophys Res Commun. 477(4):895-901, 2016
  • Suzuki T, Zeng Z, Zhao B, Wei Z, Tanabe M, Shimbo T, Kajio H, Kato N, Naruse M.
    Comparison of coronary heart disease risk among four diagnostic definitions of metabolic syndrome.
    J Endocrinol Invest. 2016 in press
  • Akehi Y, Hashimoto Y, Meren J, Tanabe M, Nomiyama T, Yanase T
    Postpartum hypothalamic adrenal insufficiency with remission: A rare case
    Endocrine J 2016 in press
  • Yanase T, Tajima T, Katabami T, Iwasaki Y, Tanahashi Y, Sugawara A, Hasegawa T, Mune T, Oki Y, Nakagawa Y, Miyamura N, Shimizu C, Otsuki M, Nomura M, Akehi Y, Tanabe M, Kasayama S.
    Diagnosis and treatment of adrenal insufficiency including adrenal crisis: a Japan Endocrine Society clinical practice guideline [Opinion].
    Endocr J. 2016 in press
  • Hirano M1, Wada-Hiraike O2, Fu H1, Akino N1, Isono W1, Sakurabashi A1, Fukuda T1, Morita Y1, Tanikawa M1, Miyamoto Y1, Nishi Y3, Yanase T4, Harada M1, Oishi H5, Yano T5, Koga K1, Oda K1, Kawana K1, Fujii T1, Osuga Y1.The Emerging Role of FOXL2 in Regulating the Transcriptional Activation Function of Estrogen Receptor β: An Insight Into Ovarian Folliculogenesis.
    Reprod Sci. 2016 pii: 1933719116651150.
  • Dong Z, Huang M, Liu Z, Xie P, Dong Y, Wu X, Qu Z, Shen B, Huang X, Zhang T, Li J, Liu J, Yanase T, Zhou C, Xu Y
    Focused screening of mitochondrial metabolism reveals a crucial role for a tumor suppressor Hbp1 in ovarian reserve.
    Cell Death Differ. 23(10):1602-14, 2016
  • Cho SH, Chung KW, Kim JO, Jang H, Yoo JK, Choi Y, Ko JJ, Kim JH, Nishi Y, Yanase T, Lee WS, Kim NK.
    Association of miR-146aC>G, miR-149C>T, miR-196a2T>C, and miR-499A>G polymorphisms with risk of recurrent implantation failure in Korean women.
    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 202:14-9, 2016

2015年
  • Watanabe T., Ashida K., Goto K., Nawata H., Takayanagi R., Yanase T., Nomura M.
    Dehydroepiandrosterone-enhanced dual specificity protein phosphatase (DDSP) prevents diet-induced and genetic obesity.
    Biochem Biophys Res Commun 468:196-201, 2015
  • 柳瀬 敏彦, 笠山 宗正, 岩崎 泰正, 宗 友厚, 菅原 明, 沖 隆, 長谷川 奉延, 中川 祐一, 宮村 信博, 清水 力, 方波見 卓行, 田島 敏広, 野村 政壽, 大月 道夫, 棚橋 祐典, 田邉 真紀人, 明比 祐子, 高柳 涼一, 成瀬 光栄, 西川 哲男, 笹野 公伸, 勝又 規行, 柴田 洋孝, 山田 正信, 武田 仁勇, 曽根 正勝, 三宅 吉博, 佐藤 文俊, 上芝 元, 日本内分泌学会, 日本小児内分泌学会, 日本ステロイドホルモン学会, 厚生労働科学研究費補助金政策研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究」班, 「副腎クリーゼを含む副腎皮質機能低下症の診断と治療に関する指針」作成委員会: 副腎クリーゼを含む副腎皮質機能低下症の診断と治療に関する指針.
    日本内分泌学会雑誌 , 91:1-78, 2015.
  • Tsutumi Y, Nomiyama T, Kawanami T, Hamaguchi Y, Tanaka T, Murase K, Motonaga R, Tanabe M, Yanase T
    Combined treatment with Extendin-4 and metoformin attenuates prostate cancer growth.
    PLOS ONE 13:154, 2015
  • Tanabe M, Nomiyama T, Motonaga R, Murase K, Yanase T.
    Reduced vascular events in type 2 diabetes by biguanide relative to sulfonylurea: study in a Japanese Hospital Database.
    BMC Endocr Disord. sep.17 15(1):49, 2015
  • Terawaki Y, Nomiyama T, Takahashi H, Tsutsumi Y, Murase K, Nagaishi R, Tanabe M, Kudo T, Kobayashi K, Yasuno T, Nakashima H, Yanase T.
    Efficacy of dipeptidyl peptidase-4 inhibitor linagliptin in patients with type 2 diabetes undergoing hemodialysis.
    Diabetol Metab Syndr. May 17;7:44.2015
  • Nagafuchi S, Kamada-Hibio Y, Hirakawa K, Tsutsu N, Minami M, Okada A, Kai K, Teshima M, Moroishi A, Murakami Y, Umeno Y, Yokogawa Y, Kogawa K, Izumi K, Anzai K, Iwakiri R, Hamaguchi K, Sasaki N, Nohara S, Yoshida E, Harada M, Akashi K, Yanase T, Ono J, Okeda T, Fujimoto R, Ihara K, Hara T, Kikuchi Y, Iwase M, Kitazono T, Kojima F, Kono S, Kurisaki H, Kondo S, Katsuta H.
    TYK2 Promoter Variant and Diabetes Mellitus in the Japanese.
    EBioMedicine. May 9;2(7):744-9,2015
  • Tanabe M, Akehi Y, Nomiyama T, Murakami J, Yanase T.:
    Total testosterone is the most valuable indicator of metabolic syndrome among various testosterone values in middle-aged Japanese men.
    Endocrine J 62(2):123-32, 2015
  • Tachibana S, Yokoi T, Sato S, Yanase T, Hiroyuki Yamashita
    An analysis for aggravation of thyroid function after discontinuing potassium iodine inGraves’ patients treated with methimazole and potassium iodine
    Journal of Endocrinology and Metabolism 2015 in press
  • Aoyagi N, Umemoto G, Nomiyama T, Yoshimura C, Ohta C, Miyazaki S, Murase K, Nagaishi R, Yanase T, Kikuta T:
    Short-term Effects of Prosthetic Mandibular Advancement on Glycemic Control in Diabetec Patients with Obstructive Sleep Apnea Synrome. Med. Bull.
    Fukuoka Uni: 42(1), 145-152, 2015

2014年
  • Zhao Y, Nomiyama T, Findeisen HM, Qing H, Aono J, Jones KL, Heywood EB, Bruemmer D.
    Epigenetic regulation of the NR4A orphan nuclear receptor NOR1 by histone acetylation.
    FEBS Lett. 2014;588(24):4825-30,2014
  • Kawate H, Kohno M, Matsuda Y, Akehi Y, Tanabe M, Horiuchi T, Ohnaka K, Nomura M, Yanase T, Takayanagi R:
    Long term follow-up of patients with subclinical Cushing’s syndrome: a high prevalence of extra-adrenal malignancy in patients carrying bilateral functioning adrenal tumors.
    Endocrine J 61(12):1205-12, 2014
  • Nomiyama T, Kawanami T, Irie S, Hamaguchi Y, Terawaki Y, Murase K, Tsutsumi Y, Nagaishi R, Tanabe M, Morinaga H, Tanaka T, Mizoguchi M, Nabeshima K, Tanaka M, Yanase T.
    Exendin-4, a glucagon-like peptide-1 receptor agonist, attenuates prostate cancer growth.
    Diabetes 63(11): 3891-905, 2014
  • Terawaki Y, Nomiyama T, Kawanami T, Hamaguchi Y, Takahashi H, Tanaka T, Murase K, Nagaishi R, Tanabe M, Yanase T.
    Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor linagliptin attenuates neointima formation after vascular injury.
    Cardiovasc Diabetol. 13(1):154-161, 2014
  • Ohkubo K, Matsuzaki T, Yuki M, Yoshida R, Terawaki Y, Maeyama A, Kawashima H, Ono J, Yanase T, Matsunaga A
    A novel mutation of CLCNKB in a Japanese patient of Gitelman-like phenotype with diuretic insensitivity to thiazide administration.
    Meta Gene 2: 342-348 2014
  • Tanaka Y, Isobe K, Ma E, Imai T, Kikumori T, Matsuda T, Maeda Y,Sakurai A, Midorikawa S, Hataya Y, Kato T, Kamide K, Ikeda Y, Okada Y,Adachi M, Yanase T, Takahashi H, Yokoyama C, Arai Y, Hashimoto K, Shimano H, Hara H, Kawakami Y and Takekoshi K
    Plasma free metanephrines in the diagnosis of pheochromocytoma: diagnostic accuracy and strategies for Japanese patients
    Endocrine J 61(7):667-73,2014
  • Miyake Y, Tanaka K, Nishikawa T, Naruse M, Takayanagi R, Sasano H, Takeda Y, Shibata H, Sone M, Satoh F, Yamada M, Ueshiba H, Katabami T, Iwasaki Y1, Tanaka H, Tanahashi Y, Suzuki S, Hasegawa T, Katsumata N, Tajima T, Yanase T.
    Prognosis of primary aldosteronism in Japan: results from a nationwide epidemiological study
    Endocrine J 2014;61(1):35-40.
  • Oryoji K, Kiyohara C, Horiuchi T, Tsukamoto H, Niiro H, Shimoda T, Akashi K, Yanase T.
    Reduced carotid intima-media thickness in systemic lupus erythematosus patients treated with cyclosporine A.
    Mod Rheumatol. 24(1):86-92, 2014
  • 伊藤達也 、多田春江 、田中司朗、三浦和美 、村山敏典 、新美三由紀、海老原 健、日下部 徹 、阿部 恵、岩木一巳、陀安麻理子、高瀬英樹、入江潤一郎、伊藤 裕、竹之下博正、田邉真紀人、柳瀬敏彦、手良向聡、横出正之1 、樋口修司、福島雅典、細田公則、中尾一和、清水 章
    橋渡し研究支援組織における希少難病医薬品メトレレプチンの臨床開発
    臨床評価 42(1): 107-117, 2014
  • 寺脇 悠一、野見山 崇、川波 賢子、濱口 百合子、田中 智子、柳瀬 敏彦
    Dpp4阻害薬リナグリプチンの血管保護効果.
    日本体質医学会雑誌 76:66-67,2014

2013年
  • Yoshida R, Ohkubo K, Akehi Y, Harada S, Shinohara K, Kawashima H, Ono J, Matsunaga A:
    Clinical application of the different cross-reactivities of anti-insulin antobodies to insulin lispro to evaluate endogeneous insulin secretion.
    Clin Chimica Acta 415: 250-254, 2013.
  • Sakamoto R., Matsubara E., Nomura M., Wang L., Kawahara Y., Yanase T., Nawata H., Takayanagi R. Roles for corticotropin-releasing factor receptor type 1 in energy homeostasis in mice.
    Metabolism 62:1739-48, 2013
  • Murase K., Nagaishi R., Takenoshita H., Nomiyama T., Akehi Y., Yanase T.
    Prevalence and clinical characteristics of primary aldosteronism in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus and hypertension.
    Endocr J 60(8):967-976, 2013
  • Akehi Y., Kawate H., Murase K., Nagaishi R., Nomiyama T., Nomura M., Takayanagi R., Yanase T.
    Proposed diagnostic criteria for subclinical Cushing's syndrome associated with adrenal incidentaloma.
    Endocr J 60:903-12, 2013
  • Terawaki Y, Nomiyama T, Akehi Y, Takenoshita H, Nagaishi R, Tsutsumi Y, Murase K, Nagasako H, Hamanoue N, Sugimoto K, Takada A, Ito K, Abe Y, Sasatomi Y, Ogahara S, Nakashima H, Saito T, Yanase T.
    The efficacy of incretin therapy in patients with type 2 diabetes undergoing hemodialysis.
    Diabetol Metab Syndr. 5:10, 2013
  • Ervinna N, Mita T, Yasunari E, Azuma K, Tanaka R, Fujimura S, Sukmawati D, Nomiyama T, Kanazawa A, Kawamori R, Fujitani Y, Watada H.
    Anagliptin, a DPP-4 inhibitor, suppresses proliferation of vascular smooth muscles and monocyte inflammatory reaction and attenuates atherosclerosis in male apo E-deficient mice.
    Endocrinology. 154(3):1260-70, 2013
  • Zhou T, Cong S, Sun S , Sun H, Zou R, Wang S, Wang C, Jiao J, Goto K, Nawata H, Yanase T, Zhao Y.
    Identification of endocrine disrupting chemicals activating SXR-mediated transactivation of CYP3A and CYP7A1.
    Mol Cell Endocrinol.365 (1):36-43,2013
  • 安倍祥子、野見山 崇、永石綾子、村瀬邦崇、竹之下博正、田邉真紀人、柳瀬敏彦
    インスリン分泌促進薬の血糖変動に対する効果検討〜レパグリニドとグリメピリドの比較〜
    Pharma Medica 31(5):85-88, 2013
  • 寺脇 悠一, 野見山 崇, 大田 智加予, 高橋 弘幸, 栗原 麻理子, 濱之上 暢也, 高田 彩子, 安倍 祥子, 村瀬 邦崇, 永石 綾子, 田邉 真紀人, 柳瀬 敏彦
    DPP-4阻害薬シタグリプチンを用いたBOTの有効性の検討.
    Progress in Medicine 33:2217-2221, 2013
  • 弘世 貴久, 渡邉 隆宏, 綿田 裕孝, 安孫子 亜津子, 羽田 勝計, 武部 典子, 佐藤 譲, 山口 賢, 石原 寿光, 前田 朝美, 江藤 一弘, 太田 明雄, 田中 逸, 武田 貞二, 駒津 光久, 卯木 智, 前川 聡, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 池上 博司, 寺前 純吾, 花房 俊昭, 富永 貴元, 井上 康, 谷澤 幸生, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英, 野見山 崇, 柳瀬 敏彦, 小林 邦久, 近藤 龍也, 荒木 栄一, 石井 規夫, 井形 元維, 久木留 大介, 本島 寛之, 河盛 隆造
    糖尿病患者に対する血糖平坦化を目指したミグリトールとインスリン併用療法の有用性の検討 血糖自己測定(SMBG)を用いた評価.
    Therapeutic Research 34:1503-1511, 2013

2012年
  • Qiu Y, Tanaka T, Nawata H, Yanase T.
    Dihydrotestosterone Inhibits Lectin-Like Oxidized-LDL Receptor-1 Expression in Aortic Endothelial Cells via a NF-κB/AP-1-Mediated Mechanism.
    Endocrinology. 53(7):3405-15, 2012
  • Kuramoto K, Okamura T, Yamaguchi T, Nakamura TY, Wakabayashi S, Morinaga H, Nomura M, Yanase T, Otsu K, Usuda N, Matsumura S, Inoue K, Fushiki T, Kojima Y, Hashimoto T, Sakai F, Hirose F, Osumi T.
    Perilipin 5, a lipid droplet-binding protein, protects the heart from oxidative burden by sequestering fatty acid from excessive oxidation.
    J Biol Chem. 287(28):2385-63, 2012
  • Noda K, Zhang B, Iwatata A, Nishikawa H, Ogawa M, Nomiyama T, Miura S, Sakou H, Matsuo K, Yahiro E, Yanase T, Saku K.
    Lifestyle changes through the use of delivered meals and dietary counseling in a single-blind study: the STYLIST study.
    Circulaion J 76 (6) :1335-1344, 2012
  • Nomiyama T, Akehi Y, Takenoshita H, Nagaishi R, Terawaki Y, Nagasako H, Kudo T, Kodera T, Kobayashi K, Urata H, Yanase T; members of CHAT.
    Contributing factors related to efficacy of the dipeptidyl peptidase-4 inhibitor sitagliptin in Japanese patients with type 2 diabetes.
    Diabetes Res Clin Pract. 95(2):e27-8, 2012
  • Gao R, Zhao L, Liu X, Rowan B, Wabitsch M, Edwards DP, Nishi Y, Yanase T, Yu Q, Dong Y.
    Methylseleninic Acid is a Novel Suppressor of Aromatase Expression.
    J Endocrinol 212(2):199-205, 2012
  • 永石綾子、野見山崇、岡村亜紗美、村瀬邦崇、高橋弘幸、寺脇悠一、竹之下博正、
    明比祐子、柳瀬敏彦
    日本人2型糖尿病患者におけるDPP-4阻害薬リナグリプチンの効果
    Progress in Medicine 32(10) 2225-2229, 20122

2011年
  • Yoh J, Nishi Y, Hosoda H, Tajiri Y, Yamada K, Yanase T, Doi R, Yonemot K, Kangawa K, Kojima M, Tanaka E, Kusukawa J.
    Plasma levels of n-decanoyl ghrelin, another acyl- and active-form of ghrelin, in human subjects and the effect of glucose- or meal-ingestion on its dynamics.
    Regul Pept 167:140-8,2011
  • Bao B, Jiang J, Yanase T, Nishi Y, Morgan JR.
    Connexon-mediated cell adhesion drives microtissue self-assembly.
    FASEB J. 25:255-64, 2011
  • Gizard F, Zhao Y, Findeisen HM, Qing H, Cohn D, Heywood EB, Jones KL, Nomiyama T, Bruemmer D.
    Transcriptional regulation of the S-Phase kinase-associated protein 2 by the NR4A orphan nuclear receptor NOR1 in vascular smooth muscle cells.
    J Biol Chem. 14;286(41):35485-93, 2011
  • Goto H, Nomiyama T, Mita T, Yasunari E, Azuma K, Komiya K, Arakawa M, Jin WL, Kanazawa A, Kawamori R, Fujitani Y, Hirose T, Watada T.
    Exendin-4, a glucagon-like peptide-1 receptor agonist, reduces intimal
    thickening after vascular injury.
    Biochem Biophys Res Commun 405(1):71-84, 2011
  • Mita T, Azuma K, Goto H, Jin WL, Arakawa M, Nomiyama T, Suzuki R, Kubota N, Tobe K, Kadowaki T, Fujitani Y, Hirose T, Kawamori R, Watada H.
    IRS-2 deficiency in macrophages promotes their accumulation in the vascular wall.
    Biochem Biophys Res Commun. 415(4):545-50, 2011
  • 柳瀬敏彦、竹之下博正、村P邦崇、永石綾子、野見山崇、明比祐子
    レトロスペクテイブ解析による糖尿病患者基礎統計データの有用性に関する検討 
    Pharma Medica 29:145-152, 2011
  • 柳瀬敏彦、村P邦崇、竹之下博正、永石綾子、野見山崇、明比祐子 多施設医事会計データのレトロスペクティブ解析による経口糖尿病治療薬グリメピリドのジェネリック医薬品に関する臨床的有用性の検討 内分泌・糖尿病科 33(5): 506-512, 2011
2010年
  • Kwintkiewicz J, Nishi Y, Yanase T, Giudice LC.
    Peroxisome ProliferatorActivated Receptor-gamma Mediates Bisphenol A Inhibition of FSH-Stimulated IGF-1, Aromatase, and Estradiol in Human Granulosa Cells.
    Environ Health Perspect.18(3):400-6, 2010
  • Qiu Y, Yanase T, Hu H, Tanaka T, Nishi Y, Liu M, Sueishi K, Sawamura T, Nawata H
    Dihydrotestosterone suppresses foam cell formation and attenuates atherosclerosis development.
    Endocrinology 151:3307-16, 2010
  • Miyazawa M, Yasuda M, Fujita M, Hirabayashi K, Hirasawa T, Kajiwara H, Muramatsu T, Miyazaki S, Harasawa M, Matsui N, Ogane N, Murakami M, Mikami M, Yanase T, Osamura RY.
    Granulosa cell tumor with activated mTOR-HIF-1alpha-VEGF pathway.
    J Obstet Gynaecol Res 36(2):448-53, 2010
  • Zhang Y, Huang Q, Cheng JC, Nishi Y, Yanase T, Huang HF, Leung PC.
    Homeobox A7 increases cell proliferation by up-regulation of epidermal growth factor receptor expression in human granulosa cells.
    Reprod Biol Endocrinol 8:61-70, 2010
  • Akehi Y, Mitsuyoshi Y, Tatsumoto A, Yoshida R, Ohkubo K, Kudo T, Ashida K, Anzai K, Yamashita T, Kawashima H, Ono J, Yanase T.
    Serum gamma-glutamyltransferase, triglyceride and total cholesterol are possible prediabetic risk markers in young Japanese men.
    Endocrine J 57:981-989, 2010
  • Nagafuchi S, Katsuta H, Anzai K.
    Rituximab, B-lymphocyte depletion, and beta-cell function.
    N Engl J Med 362:761, 2010
  • 竹内一馬、蔡顕真、森重徳継、大慈弥裕之、竹之下博正、安西慶三、柳瀬敏彦、田代忠
    福大病院における重症虚血肢への取り組み(診療科連携の重要性)
    福岡大学医学紀要 37:83-89, 2010

2009年
  • Min L, Yanase T, Tanaka T, Fan W, Nomura M, Kawate H, Okabe T, Takayanagi R, Nawata H.
    A novel synthetic androgen receptor ligand, S42, works as a selective androgen receptor modulator and possesses metabolic effects with little impact on the prostate. 
    Endocrinology. 150:5606-16, 2009
  • Matoba Y, Inoguchi T, Suzuki S, Nasu S, Hashimoto T, Yanase T, Nawata H, Takayanagi R.
    Impact of metabolic syndrome on the progression of Intima-Media Thickening in Japanese--a follow-up study.
    Diabetes Res Clin Pract. 86:e50-3, 2009.
  • Kim J, Yamamoto F, Gondo S, Yanase T, Mukai T, Maeda M. 6-Deoxy-6-[131I]iodo-L-ascorbic acid for the in vivo study of ascorbate: autoradiography, biodistribution in normal and hypolipidemic rats, and in tumor-bearing nude mice. 
    Biol Pharm Bull. 32:1906-11, 2009
  • Jääskeläinen M, Kyrönlahti A, Anttonen M, Nishi Y, Yanase T, Secchiero P, Zauli G, Tapanainen JS, Heikinheimo M, Vaskivuo TE.
    TRAIL pathway components and their putative role in granulosa cell apoptosis in the human ovary.
    Differentiation. 77:369-76, 2009
  • Anzai K, Fukagawa K, Iwakiri R, Fujimoto K, Akashi K, Tso P.
    Increased lipid absorption and transport in the small intestine of zucker obese rats.
    J Clin Biochem Nutr. 45:82-5, 2009
  • Iwamoto T, Yanase T, Horie H, Namiki M, Okuyama A.
    Late-onset hypogonadism (LOH) and androgens: validity of the measurement of free testosterone levels in the diagnostic criteria in Japan. I
    Int J Urol. 16:168-74, 2009
症例報告
2015年
  • 重岡 徹、高田彩子、村瀬邦崇、元 綾子、田邊真紀人、 野見山 崇、 濱田義浩、柳瀬敏彦
    IgG4上昇を伴う中枢性尿崩症を合併した2型糖尿病の1例 
    糖尿病58:888-894, 2015
  • 高田彩子, 吉田亮子, 寺脇悠一, 永石綾子, 村瀬邦崇, 田邉真紀人, 野見山 崇, 柳瀬敏彦
    インクレチン製剤による加療を試みた糖尿病合併Prader-Willi症候群の一例.
    臨牀と研究 92:122-127, 2015
  • 伊賀上恵子, 橋本陽子, 村瀬邦崇, 元永綾子, 田邉真紀人, 野見山 崇, 柳瀬敏彦
    Sheehan症候群の経過観察中にバセドウ病を発症した一例.
    臨牀と研究 92:941-943, 2015
  • Aoyagi N, Umemoto G, Nomiyama T, Yoshimura C, Ohta C, Miyazaki S, Murase K, Nagaishi R, Watanabe K, Yanase T, Kikuta T:
    Rapid improvement of blood glucose level by the treatment with a  prosthetic mandibular advancement in a patient with diabetes mellitus and  obstructive sleep apnea
    Diabete Research (Open J) 1(3): 67-71, 2015
2014年
  • 橋本 陽子、明比 祐子、村瀬 邦崇、永石 綾子、竹之下 博正、工藤 忠睦、 田邊 真紀人、 野見山 崇、 濱田 義浩、柳瀬 敏彦
    著明な高プロインスリン血症を呈したインスリノーマの一例 
    糖尿病 57:634-639, 2014
  • 菊池 俊輔、緒方 利安、深江 治郎、津川 潤、合馬 慎二、田邊 真紀人、柳瀬 敏彦、坪井 義夫 脳梗塞加療中に
    甲状腺クリーゼを併発した無治療Basedow病の一例
    脳と神経66(12):1509-14, 2014
2013年
  • Hayashi H, Takahara M, Ueba T, Nagasako H, Nagaishi R, Takano R, Yanase T, Inoue T, Nabeshima K: A case of groth hormone producing pituitary adenoma with crystal-like structures: Bihormonal stained amyloid deposition. Med. Bull. Fukuoka. Univ. 40:197-201, 2013
  • Miki K, Okawa M, Abe H, Iwasa M, Ueba T, Takano K, Aoki M, Hayashi H, Nabeshima K, Tsutsumi Y, Nagasako H, Fukuda T, Meren J, Akehi Y, Nomiyama T, Yanase T.
    A case of Cushing’s disease diagnosed by bilateral similutaneous cavernous sinus sampling .
    Med Bull Fukuoka Univ. 40:55-60, 2013
  • Tachibana S, Yokoi T, Sato S, Oda Y, Yanase T, Yamashita H.
    Idiopathic orbital myositis associated with graves' disease.
    Intern Med. 52(7):787-90, 2013
  • Tachibana S, Yokoi T, Sato S, Yanase T, Yamashita H.
    Surgically Proven Normocalcemic Primary Hyperparathyroidism: Speculation of the Possible Role of Estrogen in the Etiology of this Disease in Premenopausal Women.
    Intern Med. 52(7):781-785, 2013
  • 後藤敏孝、高田 徹、佐藤栄一、田村和夫、柳瀬敏彦
    クリプトコッカス、サイトメガロウイルス及びニューモシスチスの重複感染下でコルチゾール拮抗薬投与後に急性呼吸窮迫症候群を呈したCushing症候群の1例
    感染症学雑誌87(1) :39-43, 2013
  • 明比祐子、継 仁、辰元亜希、吉田亮子、二村 聡、重川誠二、鍋島一樹、井上 亨、
    小野順子、柳瀬敏彦: Corticotroph hyperplasia を示した高齢Cushing症候群の一例
    臨床と研究90(1): 103-106, 2013
  • 明比祐子、福田高士、高田彩子、寺脇悠一、柳瀬敏彦
    副腎機能不全症のグルココルチコイド補充療法におけるCGMの有用性の検討
    ACTH Related Peptides 23:85-87, 2013

2012年
  • Tachibana S, Sato S, Yokoi T, Nagaishi R, Akehi Y, Yanase T, Yamashita H.
    Severe hypocalcemia complicated by postsurgical hypoparathyroidism and hungry bone syndrome in a patients with primary hyperparathyroidism, Graves' disease, and acromegaly.
    Internal Med 51(14): 1869-73, 2012
  • 濱之上暢也、永石綾子、竹之下博正、野見山 崇、明比 祐子、乗富 智明、林 博之、
    鍋島一樹、池満陽美子、野々熊真也、桑原康雄、榊 裕佳、的場ゆか、小河 淳、柳瀬敏彦
    局在診断に FDG-PET/CTが有用であった異所性ACTH産生膵神経内分泌腫瘍の一例 
    臨床と研究89:1417-1422,2012

2011年

  • 明比祐子、永石綾子、笹野公伸、柳瀬敏彦
    テストステロン合成を主体とした副腎皮質腺腫によるサブクリニカルクッシング症候運の一例 ACTH Related Peptides 22:38-40、2011
  • Ogimoto M, Anzai K, Takenoshita H, Kogawa K, Akehi Y, Yoshida R, Nakano M, Yoshida K, Ono J.
    Criteria for early identification of aceruloplasminemia. Intern Med. 50(13):1415-8, 2011
  • Shakado S, Akehi Y, Yotsumoto K, Fukunaga A, Kuno S, Tanaka T, Sakurai K, Iwashita H, Ueda S, Hirano G, Yokoyama K, Morihara D, Nishizawa S, Sakamoto M, Anan A, Takeyama Y, Irie M, Iwata K, Sohda T, Sakisaka S.
    A case of hepatitis C-associated osteosclerosis that was improved with the combination therapy of peginterferon alfa-2b and ribavirin.
    Clin J Gastroenterol 4: 255-261, 2011
  • 工藤忠睦、明比祐子、蘆田健二、竹之下博正、永石綾子、目連順子、橋本陽子、永迫久裕、寺脇裕一、柳瀬敏彦 
    Yersinia pseudotuberculosis による肝膿瘍が発症した2型糖尿病の1例
    糖尿病 54(3): 183-186, 2011
  • 蘆田健二、明比祐子、橋本陽子、立川量子、継 仁、工藤忠睦、竹之下博正、永石綾子、目連順子、村瀬邦崇、安西慶三、井上 亨、柳瀬敏彦
    下垂体腫瘍術後に時相性の尿崩症、ADH不適切分泌症候群の出現を認めた下垂体後葉機能異常症の3例
    臨床と研究87巻7号:962-968, 2010

2010年

  • Nagaishi R, Akehi Y, Ashida K, Higuchi-Tubouchi K, Yokoyama H, Nojiri T, Aoki M, Anzai K, Nabeshima K, Tanaka M, Ono J, Yanase T.
    Acute inflammatory syndrome and intrahepatic cholestasis caused by an interleukin-6-producing pheochromocytoma with pregnancy.
    Fukuoka Acta Med. 101(1):10-18, 2010

2009年

  • Nomura M, Sasano H, Okada Y, Watanabe T, Sakamoto S, Sakiyama Y, Sakamoto R, Abe I, Horiuchi T, Yanase T, Takayanagi R.
    Adrenal failure caused by a retroperitoneal malignant mesothelioma.
    Intern Med. 48:2109-14, 2009
  • 橋本健一、山北宜由、橋本弘成、伊藤康文、柵橋哲也、安田圭吾、范 吾強、柳瀬敏彦 
    アンドロゲン感受性亢進を認めた男性型多毛症の女性例
    ホルモンと臨床57: 203-206, 2009
著書
2015年
  • 柳瀬敏彦
    選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)サルコペニア治療への応用
    サルコペニアとフレイル(医療職間連携による多角的アプローチ)編集:荒井秀典(医薬ジャーナル社)pp104-111, 2015
  • 柳瀬敏彦、後藤 穣
    特発性Addison病、自己免疫性副腎炎 免疫症候群(第2版)(編集:宮坂信之)
    日本臨床(別冊)pp228-232, 2015
  • 柳瀬敏彦
    III. F. 3. 副腎ホルモン
    日本抗加齢医学会認定テキスト「第3版アンチエイジングの基礎と臨床」(加藤文明社)
    pp108-109, 2015
  • 柳瀬敏彦
    クッシング症候群 今日の診断指針(第7版)(医学書院)pp1211-1213,2015
  • 柳瀬敏彦
    褐色細胞腫 今日の治療指針2015年版 (医学書院) pp 750-751,2015
  • 田邉真紀人、柳瀬敏彦
    副腎酵素欠損症 難病辞典 (編集責任者:尾崎承一:学研)pp423-428,2015
  • 柳瀬敏彦(委員長)ほか16名
    「副腎クリーゼを含む副腎皮質機能低下症の診断と治療に関する指針」(編集:柳瀬敏彦、日本内分泌学会刊行)日本内分泌学会雑誌91 (Suppl.):1-78,2015
  • 野見山 崇, 柳瀬 敏彦
    糖尿病診療でみんなが困る疑問を集めました。血糖コントロールがうまくいくコツ】 (第2章)外来診療の疑問 ステロイド糖尿病への対処は? 
    レジデントノート 16:3197-3203,2015
  • 野見山 崇, 柳瀬 敏彦
    【糖尿病の臨床検査-その限界に挑戦する】 糖尿病の臨床検査(各論) 糖尿病の診断・経過観察のための検査 臨床検査から推し測る糖の流れの全体像 ヘモグロビンA1c・グリコアルブミン・1,5-AG.
    糖尿病診療マスター 13:209-213, 2015
  • 田邉真紀人, 柳瀬敏彦.
    Case 25. 不妊を主訴に来院した27歳男性. New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ内分泌疾患(第3版)肥塚直美 編, 日本医事新報社 220-226, 2015,
2014年
  • 柳瀬 敏彦
    副腎クリーゼ急性期のステロイド投与量は?
    Page 121 内分泌代謝疾患クリニカルクエスチョン(編集:成瀬光栄)2014
  • 柳瀬 敏彦
    先天性副腎過形成に移行期・成人期の補充療法は?
    page 122-123, 内分泌代謝疾患クリニカルクエスチョン(編集:成瀬光栄)2014
  • 柳瀬 敏彦
    副腎性器症候群
    今日の治療指針2014 730-732, 2014
  • 野見山崇、柳瀬 敏彦
    総論 糖尿病-疾患の考え方-
    5.成因と病態
    3)その他の糖尿病の成因と病態
    編集:加来浩平 糖尿病治療のニューパラダイム(医薬ジャーナル)pp73-79, 2014
  • 野見山 崇、柳瀬敏彦
    6.ステロイド糖尿病への対処は?
    レジデントノート増刊(増刊)羊土社(編集:坂根直樹) 3197-3023, 2014
  • 野見山 崇
    剣道と病気 13.代謝・内分泌の障害 Q116糖尿病
    剣道医学Q&A 第3版:282-283,2014
2013年
  • 柳瀬敏彦
    内分泌診療のファーストタッチ(編集:鈴木敦詞、和田誠基){文光堂}
    先天性副腎過形成の長期管理はどうすれば良いですか?330-333、201
  • 柳瀬敏彦
    5 内分泌疾患
    内分泌学総論 8内分泌攪乱物質と環境問題17-19,
    副腎皮質の異常 副腎皮質ステロイド合成障害176-185
    内科学書(改訂第8版)(小川 聡編集) 中山書店 2013
  • 柳瀬敏彦
    12.17 加齢とホルモン/ホルモン補充療法Pp 1725-1728,
    12.18 内分泌攪乱物質pp1729-1730,
    内科学第 10版(朝倉書店、東京)(矢崎義雄総編集) 2013
  • 柳瀬敏彦、田邊真紀人:
    Chapter 1 SARMとSGRMの展開
    ファーマナビゲーター (SERM編) 大田博明、杉本利嗣、田中 栄編集(メデイカルレビユー社):46-57, 2013
  • 柳瀬敏彦
    副腎クリーゼ、アジソン病
    今日の臨床サポート(エルゼビア・ジャパン)(インターネット 公開2013)
  • 柳瀬敏彦
    Addison病、急性副腎不全
    今日の治療と看護 (改訂第3版) 578-580, 2013
  • 柳瀬敏彦
    [5] 副腎疾患 3.副腎皮質機能低下症、アジソン病
    臨床病態学(改訂第2版) 北村 聖 総編集(ヌーベルヒロカワ社)
    352-354, 2013
  • 柳瀬敏彦
    [5] 副腎疾患 4.副腎皮質ステロイド合成障害
    臨床病態学(改訂第2版) 北村 聖 総編集(ヌーベルヒロカワ社)
    354-356, 2013
  • 柳瀬敏彦
    [5] 副腎疾患 6.副偶発種
    臨床病態学(改訂第2版) 北村 聖 総編集(ヌーベルヒロカワ社)
    361-362, 2013
  • 柳瀬敏彦
    アジソン病、急性副腎クリーゼ
    山口 徹、北原光夫、福井次矢 編集 (医学書院)
    今日の治療指針2013 691-692, 2013
  • 柳瀬敏彦
    副腎クリーゼ、アジソン病
    今日の臨床サポート(エルゼビア・ジャパン)(インターネット 公開2013)
  • 大庭功一、柳瀬敏彦
    デヒドロエピアンドロステロン、デヒドロエピアンドロステロンサルフェート
    内科6(増大号)検査値を読む 1532-1533, 2013
  • 明比祐子
    急性間欠性ポルフィリン症
    今日の治療指針2013 666-667, 2013

2012年
  • 柳瀬敏彦
    色素異常症
    病気と薬 パーフェクトブック 2012
    横田千津子、池田宇一、大越教夫監修(南山堂)p1120-1121, 2012
  • 柳瀬敏彦
    副腎インシデンタローマ(偶発腫)
    山口 徹、北原光夫、福井次矢 編集(医学書院)
    今日の治療指針2012 p672, 2012
  • 柳瀬敏彦、野見山 崇、明比祐子
    \尿細管輸送異常症
    偽性低アルドステロン症U型
    日本臨床(別冊)腎臓症候群(第2版)上 834-837, 2012
  • 柳瀬敏彦、明比祐子
    17α−水酸化酵素欠損症および11β―水酸化酵素欠損症
    新しい診断と治療のABC 73内分泌性高血圧(編集 宮森 勇)最新医学社 132-138, 2012
  • 明比祐子、柳瀬敏彦
    副腎機能低下症
    代謝・内分泌疾患診療最新ガイドライン U.内分泌疾患 282-286, 2012
  • 明比祐子、永石綾子、竹之下博正、野見山 崇、柳瀬敏彦
    \尿細管輸送異常症
    偽性低アルドステロン症T型
    日本臨床(別冊)腎臓症候群(第2版)上 830-833, 2012
  • 高蝸チ一、河手久弥、柳瀬敏彦
    クッシング症候群とサブクリニカルクッシング症候群
    新しい診断と治療のABC 73内分泌性高血圧(編集 宮森 勇)最新医学社 28-37, 2012

2011年
  • 柳瀬敏彦
    クッシング症候群
    山口 徹、北原光夫、福井次矢 編集(医学書院)
    今日の治療指針2011 p685-687, 2011
  • 柳瀬敏彦
    先天性副腎過形成(副腎CT・MRI)
    内分泌画像検査・診断マニュアル(診断と治療社)pp182-183, 2011
  • 柳瀬敏彦
    アジソン病(副腎CT)
    内分泌画像検査・診断マニュアル(診断と治療社)pp181, 2011
  • 柳瀬敏彦
    色素異常症
    病気とパーフェクトBook 2011(南山堂)pp1388-1389, 2011
  • 柳瀬敏彦
    DHEAとアンチエイジング
    見た目のアンチエイジング(日本抗加齢医学会分科会:見た目のアンチエイジング研究会 編集)(文光堂)pp250-255, 2011
  • 柳瀬敏彦
    糖尿病診療のピットファール:内分泌性糖尿病の病態
    糖尿病学の進歩2011(診断と治療社)第45集 pp120-124,2011
  • 柳瀬敏彦、明比祐子
    アジソン症候群
    症候群ハンドブック(中山書店)pp412, 2011
  • 高柳涼一、明比祐子、柳瀬敏彦
    内分泌腺腫瘍 -基礎・臨床研究のアップデート- 
    Subclinical Cushing症候群の新しい診断基準
    日本臨床69(増刊号2)727-731, 2011
  • 明比祐子、柳瀬敏彦
    内分泌腺腫瘍 -基礎・臨床研究のアップデート-
    内分泌生理学的調節機構 副腎
    日本臨床69(増刊号2)90-94, 2011
  • 明比祐子、蘆田健二、柳瀬敏彦
    第5章 副腎疾患 Cushing症候群
    医学スーパーラーニングシリーズ 内分泌・糖尿病内科学(シュプリンガージャパン社)pp140-146, 2011

2010年

  • 柳瀬敏彦
    7.8.9. 加齢に伴う副腎皮質機能の変化
    7.8.10 老年者の副腎皮質疾患
    7.8.11 老年者の副腎髄質疾患
    新老年学(第3版)(東京大学出版会)東京  pp1071- 1085, 2010
  • 柳瀬敏彦、明比祐子
    「内分泌性高血圧診療マニュアル」39先天性副腎過形成
    (診断と治療社)東京 pp112-115, 2010
  • 柳瀬敏彦
    色素異常症状 
    病気と薬 パーフェクトブック2010 南山堂(東京) pp1315-1316, 2010
  • 柳瀬敏彦
    多毛症
    今日の診断指針 2010(医学書院)東京pp62-63, 2010
  • 柳瀬敏彦
    副腎性器症候群
    今日の治療指針2010 (医学書院) 東京pp631-633, 2010
  • 柳瀬敏彦
    内分泌代謝科専門医をめざすセルフトレーニング 問題と解説
    ホルモンと臨床(特別増刊号)編集 竹内靖博、柴田洋孝 
    医学の世界社(東京)pp133-137, 2010
  • 柳瀬敏彦、蘆田健二、明比祐子
    III. 内分泌 B. 臨床分野での進歩 「4. アンチエイジングとホルモン」
    Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2010 中外医学社(東京)pp242-245, 2010
  • 明比祐子、蘆田健二、竹之下博正、工藤忠睦、柳瀬敏彦
    コルチゾール、コルチゾン、尿中遊離コルチゾール
    広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(4)第7版
    日本臨床 68巻(増刊号7)331-334, 2010
  • 蘆田健二、明比祐子、竹之下博正、工藤忠睦、柳瀬敏彦
    DHEA, DHEA-S
    広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(4)第7版
    日本臨床 68巻(増刊号7)358-361, 2010
  • 大庭功一、柳瀬敏彦
    17-ケトステロイド(KS)とその分画
    広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(4)第7版
    日本臨床 68巻(増刊号7)東京 pp391-395, 2010
  • 野見山 崇、綿田裕孝
    I 10. 12)CKD治療薬としてのインスリン抵抗性改善薬
    AKIとCKDのすべて(東京医学社)p260-262, 2010
  • 野見山 崇、河盛隆造
    第2章 A4.糖毒性
    糖尿病研修ノート(診断と治療社)p92-95, 2010

2009年

  • 柳瀬敏彦
    内分泌攪乱物質と環境問題 
    小川 聡 総編集 改訂第7版 内科学書(中山書店)東京 pp17-19, 2009
  • 柳瀬敏彦
    副腎皮質ステロイド合成異常症
    小川 聡 総編集 改訂第7版 内科学書(中山書店)東京 pp164-172, 2009
  • 柳瀬敏彦
    2. 視床下部-下垂体-副腎(付録) 
    高久史磨、尾形悦郎、黒川清、矢崎義雄 監修 新臨床内科学 第9版 (医学
    書院) 東京 pp1664, 2009
  • 柳瀬敏彦
    8. ステロイド合成系図(付録 高久史磨、尾形悦郎、黒川清、矢崎義雄 監修 新臨床内科学 第9版(医学書院)東京 pp 1670, 2009
  • 柳瀬敏彦
    Cushing症候群 高久史磨、尾形悦郎、黒川清、矢崎義雄 監修 新臨床内科学 第9版 (医学書院) 東京 pp808-815, 2009
  • 柳瀬敏彦
    性分化異常症 杉本恒明、小俣政男 総編集 内科学症例図説(朝倉書店)東京pp427-428, 2009
  • 柳瀬敏彦
    副腎疾患の成り立ち、検査
    講義録・内分泌代謝学 (改訂増刷) 寺本民生,片山茂裕編集(Medical View)
    東京 pp114-121, 2009
  • 柳瀬敏彦
    「二次性糖尿病」 
    コメデイカル・研修医・一般臨床医のための糖尿病治療ハンドブック
    -基本的な考え方とその実践・心理的アプローチ-(医学出版)東京 pp20-23, 2009
  • 柳瀬敏彦
    4.A DHEAの基礎知識
    クッシング症候群診療マニュアル(診断と治療社)東京pp28-30, 2009
  • 柳瀬敏彦
    2. C クッシング症候群の関連疾患
    d. 副腎癌によるクッシング症候群
    クッシング症候群診療マニュアル(診断と治療社)東京 pp222-223
  • 柳瀬敏彦
    色素異常症
    病気と薬 パーフェクトブック薬局増刊号(南山堂)60:598-599, 2009
  • 柳瀬敏彦
    内分泌臓器の生理作用「副腎皮質」
    看護のための最新医学講座(改訂版)中山書店(東京)p186-192, 2009
  • 大庭功一、柳瀬敏彦
    性腺機能低下症
    講義録・内分泌代謝学 (改訂増刷) 寺本民生,片山茂裕編集(Medical View)
    東京 pp153-157, 2009
  • 明比祐子、柳瀬敏彦
    サブクリニカルクッシング症候群:診断基準・アルゴリズム
    内分泌機能検査実施マニュアル pp68、2009
  • 名取省一、柳瀬敏彦 
    女性化乳房
    講義録 内分泌・代謝学 (改訂増刷) 寺本民生,片山茂裕編集(Medical View)
    東京 pp438-440, 2009
  • 大江賢治、柳瀬敏彦 
    男性化徴候
    講義録 内分泌・代謝学(改訂増刷) 寺本民生,片山茂裕編集 (Medical View)
    東京 pp441-444, 2009
  • 小河 淳,柳瀬敏彦 
    多毛,脱毛
    講義録 内分泌・代謝学 寺本民生,片山茂裕編集 (Medical View)
    東京 pp445-448, 2009
  • 安西慶三、木村智子
    「患者教育」 
    コメデイカル・研修医・一般臨床医のための糖尿病治療ハンドブック
    -基本的な考え方とその実践・心理的アプローチ-(医学出版)東京 pp40-42, 2009
  • 安西慶三
    「食事療法」 
    コメデイカル・研修医・一般臨床医のための糖尿病治療ハンドブック
    -基本的な考え方とその実践・心理的アプローチ-(医学出版)東京 pp43-45, 2009
  • 藤原秀晃、田中宏暁、安西慶三
    「運動療法」 
    コメデイカル・研修医・一般臨床医のための糖尿病治療ハンドブック
    -基本的な考え方とその実践・心理的アプローチ-(医学出版)東京 pp46-48, 2009
  • 安西慶三
    「インスリン療法」 
    コメデイカル・研修医・一般臨床医のための糖尿病治療ハンドブック
    -基本的な考え方とその実践・心理的アプローチー(医学出版)東京pp56-59, 2009
  • 安西慶三
    「おわりに」 
    コメデイカル・研修医・一般臨床医のための糖尿病治療ハンドブック
    -基本的な考え方とその実践・心理的アプローチー(医学出版)東京pp60, 2009
総説
2015年
  • 柳瀬敏彦
    難治性疾患政策研究事業副腎班の取り組み
    難治性内分泌代謝疾患Update (成瀬光栄、平田結喜緒、田辺晶代編集)pp 6-8, 2015 
  • 柳瀬敏彦
    アジソン(Addison)病
    難治性内分泌代謝疾患Update (成瀬光栄、平田結喜緒、田辺晶代編集)pp74-77, 2015 
  • 柳瀬敏彦
    グルココルチコイド抵抗症
    難治性内分泌代謝疾患Update (成瀬光栄、平田結喜緒、田辺晶代編集)pp92-7793,2015 
  • 柳瀬敏彦
    One point advice
    低血糖症の盲点:薬剤誘発性低血糖
    Medical Prcatice 32:1224, 2015
  • 柳瀬敏彦
    DHEAの基礎知識
    クッシング症候群診療マニュアル(改訂第2版)page 28-30, 2015
  • 柳瀬敏彦
    副腎癌によるクッシング症候群
    クッシング症候群診療マニュアル(改訂第2版)page 220-221, 2015
  • 柳瀬敏彦
    徐放型グルココルチコイド
    クッシング症候群診療マニュアル(改訂第2版)page 276-277, 2015
  • 柳瀬敏彦、野見山 崇、田邉真紀人
    特集:高齢者の内分泌疾患を診療する際に気をつけること
    10. 男性性腺機能低下症
    内分泌・糖尿病・代謝内科 41(4):299-305,2015
  • 柳瀬敏彦、野見山 崇、田邉真紀人
    副腎偶発腫瘍の新しいマネジメント
    腎臓内科・泌尿器科 2(4):339-345, 2015
  • 柳瀬敏彦
    特集:JSH2014を考える:内分泌から見た病態生理と治療
    クッシング症候群に合併する高血圧
    ホルモンと臨床61(11): 863-867, 2013 (発刊は2015)
  • 柳瀬敏彦、田邉真紀人、野見山 崇
    性差医療の最前線 生活習慣病を中心に-
    性ホルモンと代謝機能
    日本臨床 73(4): 571-575, 2015
  • 柳瀬敏彦、野見山 崇
    DHEA, DHEA-S
    臨床検査ガイド2015改訂版450-452,2015
  • 柳瀬敏彦、田邉真紀人
    テストステロン、ジヒドロテストステロン
    臨床検査ガイド2015改訂版458-463,2015
  • 柳瀬敏彦、村瀬邦崇、永石綾子
    アンドロステンジオン
    臨床検査ガイド2015改訂版443-445,2015
  • 柳瀬敏彦
    副腎不全の基礎と臨床Update
    Annual Review 2015 (編集:寺内康夫、伊藤 裕、石橋 俊)
    糖尿病・代謝・内分泌 :pp192-197, 2015
  • 柳瀬敏彦
    特集:ステロイドホルモンと骨-基礎から臨床まで-II.性ステロイドと骨代謝
    10. 骨・筋を標的とした選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)の開発現況
    The Bone 28(5): 457-462,2015
  • 柳瀬敏彦, 村瀬邦崇、永石綾子、田邉真紀人、野見山 崇
    特集:LOH症候群診療-最近の進歩 テストステロンと骨・筋肉
    臨床泌尿器科 69(1) 46-52, 2015
  • 柳瀬 敏彦, 野見山 崇, 田邉 真紀人
    【肥満症の改善はなぜ、難しいのか?ここまで明らかになった!病態解明と治療の最前線】 診断・病態解明における最近のトピックス 内分泌疾患に続発する肥満症.
    日本内科学会雑誌 104:690-696, 2015
  • 野見山 崇、柳瀬敏彦
    特集:糖尿病治療新時代 二次性糖尿病
    日本臨床73(12): 2008-2012, 2015
  • 野見山 崇、寺脇悠一、柳瀬敏彦
    合併症:動脈硬化性疾患
    内科115:627-631, 2015
  • 野見山 崇、柳瀬敏彦
    特集/2型糖尿病診療の新展開 2015 DPP4阻害薬
    臨床と研究 92(1): 31-36,2015
  • 野見山 崇、大田智加予、野田智弘、柳瀬敏彦
    肥満2型糖尿病と癌発症
    Duabetes Frontier 26(1): 2015
  • 野見山 崇, 柳瀬 敏彦
    21世紀の糖尿病診療ブレイク・スルー Beyond the BG control.
    くすりと糖尿病 4:6-10,2015
  • 野見山 崇, 柳瀬 敏彦
    【糖尿病と腎疾患2015】 糖尿病注射薬治療 超速効型・速効型インスリンの適応、種類と使用方法. 
    腎と透析 78:248-251,2015
  • 野見山 崇, 村瀬 邦崇, 柳瀬 敏彦
    【内科が使う自己注射薬】 代謝・内分泌疾患の自己注射薬 インスリン療法の現在. 
    診断と治療 103:1134-1140, 2015 2015.09 
  • 野見山 崇 
    Second opinion-糖尿病専門医の立場から 病態に応じ理に適った低血糖のない血糖管理と、網羅的な診療が重要
    CORE JOURNAL循環器 5:61, 2015
  • 野見山 崇 
    せんせい教えてください! 運動は体に良いと分かってはいるのですが、億劫(おっくう)でできません. 
    さかえ: 月刊糖尿病ライフ 55:56-57,2015
  • 野見山 崇, 野出 孝一, 有馬 秀二 
    糖尿病性大血管障害Controversy 糖尿病患者の心腎連関をどのように考えるか. 
    Cardio-Renal Diabetes 4:74-85,2015
  • 野見山 崇、田嶼 尚子、西村李名
    SGLT2阻害薬を用いた食後高血糖の是正と血糖変動の正常化を目指した2型糖尿病治療
    Diabetes Frontier 26:113-118, 2015
  • 野見山 崇,田嶼 尚子, 石原 寿光, 西村 理明 
    2型糖尿病における最適な血糖降下薬の選択とは? 
    Pharma Medica 33:67-72, 2015
  • 野見山 崇,小田原 雅人,森 克仁 
    個別化治療を目指した2型糖尿病治療戦略. 
    Pharma Medica 33:131-136, 2015
  • 野見山 崇,下畑 享良, 西澤 正豊,卜部 貴夫, 名郷 直樹 
    臨床現場で生じた疑問 糖尿病合併脳梗塞で慢性期の厳格な血糖管理は再発抑制に有効か?どの程度管理すべきか? 
    CORE Journal 循環器:52-61, 2015 2015.05 
  • 野見山 崇, 井口 登與志, 弘世 貴久, 阿部 信行, 田仲 秀明, 福元 良英,佐藤 直市 広がる糖尿病治療の選択肢 これからの糖尿病治療を考える. 
    Progress in Medicine 35:1631-1637, 2015 2015.10
  • 田邉 真紀人, 柳瀬 敏彦
    【低血糖症の鑑別診断】 ホルモン欠乏症に伴う低血糖症.
    内分泌・糖尿病・代謝内科41:188-191, 2015
  • 田邉真紀人, 柳瀬敏彦.
    糖尿病におけるクッシング症候群.
    クッシング症候群診療マニュアル(改訂第2版)235-236,2015
  • 田邉真紀人, 明比祐子、柳瀬敏彦
    補充療法とステロイドカバー.
    一冊できわめるステロイド診療ガイド,13-16,2015
  • 田邉真紀人, 明比祐子、柳瀬敏彦
    ステロイド離脱症候群の臨床.
    一冊できわめるステロイド診療ガイド,23-24,2015
  • 田中智子、小玉正太、安波洋一、柳瀬敏彦
    間葉系幹細胞を用いた細胞療法について:副腎不全症、糖尿病領域における試み
    ACTTH RELATED PEPTIDE 26: 38-40,2015
2014年
  • 柳瀬 敏彦
    特集:薬剤誘発性高血圧
    2.副腎皮質ホルモン、性ホルモン
    血圧 21: 1003-1007, 2014
  • 柳瀬 敏彦
    高血圧をめぐる最新の話題
    二次性高血圧
    クッシング症候群
    最新医学(増刊号) 69:2399-2409,2014
  • 柳瀬 敏彦、田邊 真紀人、野見山 崇
    選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)のサルコペニア治療への応用
    Clinical Calcium 24:1501-1508, 2014
  • 柳瀬 敏彦
    体質とホルモン:特にアンドロゲンと生活習慣病体質の観点から
    日本体質学会雑誌 76 (2): 14-20, 2014
  • 柳瀬 敏彦
    目で見るエストロゲンの生殖器外作用:エストロゲンの抗肥満
    HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 21:4-8, 2014
  • 柳瀬 敏彦
    特集「ホルモンからアンチエイジングを科学する」
    序文
    最新医学69:931-933, 2014
  • 柳瀬 敏彦
    特集「ホルモンからアンチエイジングを科学する」
    選択的アンドロゲン受容体修飾剤開発の現況
    最新医学69:977-984,2014
  • 柳瀬 敏彦、田邊真紀人
    内分泌疾患:診断と治療の進歩
    内科医が遭遇する副腎性器症候群・性腺疾患
    日本内科学会雑誌103:901-907,2014
  • 柳瀬 敏彦
    特集:実地医家のための抗加齢医学の臨床
    メタボリックシンドロームとアンチエイジング
    Medical Practice 31:1042−1-49, 2014
  • 田邉 真紀人、野見山 崇、柳瀬 敏彦
    【女性学・男性学】性ホルモン、性腺疾患と糖尿病
    medicina 51:1456-1460, 2014
  • 野見山 崇
    糖尿病と合併症の病態がみえてくる カラー図説で学ぶ糖尿病】 血糖とインスリンの関係 インスリンとインスリンのはたらき.
    糖尿病ケア 11:124-125, 2014
  • 野見山 崇
    糖尿病と合併症の病態がみえてくる カラー図説で学ぶ糖尿病 血糖とインスリンの関係インスリン分泌の低下とインスリン抵抗性の増加
    糖尿病ケア 11:126-127, 2014
  • 野見山 崇
    糖尿病と合併症の病態がみえてくる カラー図説で学ぶ糖尿病 血糖とインスリンの関係 インスリンの分泌低下と抵抗性に対する治療.
    糖尿病ケア 11:128-129, 2014
  • 野見山 崇
    絵と写真とアイコンでひと目でわかる!糖尿病のくすりとケア ビジュアルガイド 患者指導と処方のポイント (第1章)目で見てわかる経口血糖降下薬とインクレチン関連薬  a.配合薬(ミチグリニドカルシウム水和物/ボグリボース).
    糖尿病ケア:95-99, 2014
  • 野見山 崇
    絵と写真とアイコンでひと目でわかる!糖尿病のくすりとケア ビジュアルガイド 患者指導と処方のポイント (第1章)目で見てわかる経口血糖降下薬とインクレチン関連薬 b.配合薬(ピオグリタゾン塩酸塩/メトホルミン塩酸塩).
    糖尿病ケア:100-104, 2014
  • 野見山 崇
    絵と写真とアイコンでひと目でわかる!糖尿病のくすりとケア ビジュアルガイド 患者指導と処方のポイント (第1章)目で見てわかる経口血糖降下薬とインクレチン関連薬 c.配合薬(ピオグリタゾン塩酸塩/グリメピリド).
    糖尿病ケア:105-109, 2014
  • 野見山 崇
    絵と写真とアイコンでひと目でわかる!糖尿病のくすりとケア ビジュアルガイド 患者指導と処方のポイント (第1章)目で見てわかる経口血糖降下薬とインクレチン関連薬 d.配合薬(アログリプチン安息香酸塩/ピオグリタゾン塩酸塩).
    糖尿病ケア:110-16, 2014
  • 野見山 崇
    絵と写真とアイコンでひと目でわかる!糖尿病のくすりとケア ビジュアルガイド 患者指導と処方のポイント (第1章)目で見てわかる経口血糖降下薬とインクレチン関連薬 持効型溶解インスリン製剤の処方のポイント.
    糖尿病ケア:166-169, 2014
  • 野見山 崇
    絵と写真とアイコンでひと目でわかる!糖尿病のくすりとケア ビジュアルガイド 患者指導と処方のポイント (第1章)目で見てわかる経口血糖降下薬とインクレチン関連薬 混合型インスリン製剤の処方のポイント.
    糖尿病ケア:180-183,2014
  • 野見山 崇 
    DDP-4阻害薬を中心とした抗糖尿病薬のハーモニー 〜Beyond the BG cotrol〜 
    室医報(特)16:105-107,2014
  • 野見山 崇 
    拓かれたDPP-4阻害薬の個性と他剤との調和−Beyond the BG control− VOICE
    飯塚医師会学術講演会抄録(平成26年4月15日31-33,2014
  • 野見山 崇 
    GLP-1受容体作動薬Exendin-4にがん細胞増殖抑制効果 
    Medical Tribune vol.47 No.45 P10, 2014
  • 田邉 真紀人、柳瀬 敏彦
    特集:クリニカルクエスチョン・副腎疾患 クッシング症候群の手術不能例に対する薬物治療
    ホルモンと臨床61(3):231-234, 2013 (発刊は2014年10月)
  • 田邉 真紀人、柳瀬 敏彦
    特集: 内分泌疾患-成人と小児で成因・診断・治療・予後は同じか- 原発性副腎機能低下症
    ホルモンと臨床 61(5): 413-416, 2013 (実際の発刊は2014年12月)
  • 田邉 真紀人、柳瀬 敏彦
    特集「内分泌緊急症」急性副腎不全(副腎クリーゼ)
    内分泌・糖尿病・代謝内科 38(2): 133-137, 2014
  • 明比祐子、田邉真紀人、柳瀬敏彦
    特集:ホルモン測定系の問題と疾患 コルチゾール
    ホルモンと臨床 61(6):463-466, 2013(実際の発刊は2014年12月)
  • 寺脇悠一、野見山 崇、柳瀬敏彦 
    特集DDP-4阻害薬ー前向き大規模臨床試験に期待するもの ジャーナルクラブ2 アログリプチン 2型糖尿病患者を対象としたビグアナイド薬併用によるアログリプチンとグリピジドのDurability(血糖コントロールの持続)比較試験 
    糖尿病の最新治療 Vol.6:42-43, 2014
  • 柴 輝男、麻生 好正、小田原 雅人、野見山 崇
    2型糖尿病治療におけるdpp-4阻害薬を用いた薬物併用療法の有用性.
    Pharma Medica 32:87-92, 2014
  • 横野 浩一、金藤 秀明、野見山 崇、前川 聡
    超高齢社会を迎えた日本における最適な2型糖尿病治療とその展望.
    日本医事新報:C1-C7,2014
  • 井口 登與志、岡田 洋右、野見山 崇
    『熊本宣言2013』後の糖尿病治療.
    Pharma Medica 32:63-68,2014
  • 寺脇 悠一、野見山 崇、柳瀬敏彦 
    特集DDP-4阻害薬ー前向き大規模臨床試験に期待するもの ジャーナルクラブ2 アログリプチン 2型糖尿病患者を対象としたビグアナイド薬併用によるアログリプチンとグリピジドのDurability(血糖コントロールの持続)比較試験
    糖尿病の最新治療 Vol.6:42-43
2013年
  • 柳瀬 敏彦
    男性ホルモンと糖尿病
    薬事日報 第11262号(2013. 4.18)pp18-19, 2013
  • 柳瀬敏彦
    特集:サルコペニアとアンチエイジング
    「ホルモン・薬剤」
    日本抗加齢医学雑誌(Anti・aging Medicine)9(4):554-560,2013
  • 柳瀬敏彦
    選択的アンドロゲン受容体修飾薬の抗メタボリックシンドローム作用に関する研究
    Therapeutic Research 34(7):917-921, 2013
  • 柳瀬 敏彦
    【臨床検査値をどう読むか】 内分泌検査 下垂体・副腎皮質・性ホルモン.
    臨牀と研究 90:926-933, 2013 2013.07
  • 柳瀬 敏彦
    【高齢者とアンドロゲン】 選択的アンドロゲン受容体修飾剤(SARM)開発の現状.
    Clinical Calcium 23:1171-1177, 2013
  • 柳瀬 敏彦, 福田 高士, 高田 彩子, 野見山 崇, 明比 祐子
    原発性・続発性副腎機能不全症患者におけるグルココルチコイド補充指標としてのCGMの有用性に関する検討.
    日本内分泌学会雑誌 89:35-37, 2013 2013.08
  • 柳瀬 敏彦, 村瀬 邦崇, 田中 智子
    特集 アルドステロン アルドステロンと病態 アルドステロンと高血圧症(原発性アルドステロン症を中心に) 遺伝子異常による原発性アルドステロン症 家族性高アルドステロン症.
    The Lipid 24:274-280, 2013 2013.07
  • 柳瀬敏彦、田中智子、野見山 崇:
    間葉系幹細胞のSF-1/Ad4BP誘導性ステロイド産生細胞のアルドステロン産生について
    ACTH related peptides 24:15-17、2013
  • 柳瀬敏彦、村瀬邦崇、野見山 崇
    男性の性腺機能低下症 3)男性更年期(LOH)と生活習慣病
    内分泌・糖尿病・代謝内科 36(5):422-428, 2013
  • 柳瀬敏彦、野見山 崇
    筋肉とホルモン−最近基礎知見を踏まえて
    Bone Joint Nerve 3:39-44, 2013
  • 柳瀬敏彦 野見山 崇
    特集:サルコペニア 筋研究の最前線 筋肉とホルモン-最新基礎知見を踏まえて
    Bone Joint Nerve 4:39-44, 2013
  • 田邉 真紀人、柳瀬 敏彦
    特集:クリニカルクエスチョン・副腎疾患
    クッシング症候群の手術不能例に対する薬物治療
    ホルモンと臨床 61(3):231-234, 2013
  • 竹下 博正
    糖尿病における足診察のポイント
    臨床と研究 90(7):991−994、2013
  • 蘆田 健二, 柳瀬 敏彦
    【最新の骨粗鬆症学-骨粗鬆症の最新知見】 骨研究フロンティア 基礎から臨床まで 骨形成・骨吸収における関連因子の働き アンドロゲン.
    日本臨床 71:167-172, 2013
  • 蘆田 健二, 明比 祐子, 竹之下 博正, 柳瀬 敏彦
    【内分泌ホルモンのすべて】 (第10章)性ホルモン関連 アンドロゲン.
    内分泌・糖尿病・代謝内科 36:336-344, 2013 2013.04
  • 野見山 崇, 柳瀬 敏彦
    【食後高血糖改善薬による糖尿病治療】 食後高血糖は有害か 基礎研究からの示唆.
    月刊糖尿病 5:20-24, 2013
  • 野見山 崇, 柳瀬 敏彦
    【どこが違う?どう違う? 図解でくらべる→わかる! 糖尿病の病態・治療・ケア】 (第4章)糖尿病の治療 インスリン分泌促進薬と抵抗性改善薬.
    糖尿病ケア:194-200, 2013
  • 野見山 崇, 浦田 秀則, 柳瀬 敏彦
    診療の秘訣 DPP-4阻害薬・シタグリプチンの有効な投与法.
    Modern Physician 33:805, 2013
  • 明比 祐子, 蘆田 健二, 竹之下 博正, 工藤 忠睦, 柳瀬 敏彦
    【内分泌ホルモンのすべて】 (第7章)副腎皮質ホルモン コルチゾール.
    内分泌・糖尿病・代謝内科 36:209-218, 2013
  • 明比 祐子, 田邊 真紀人, 柳瀬 敏彦
    【内分泌疾患に強くなる】 専門医に学ぶ内分泌疾患の診断・治療 副腎疾患 副腎皮質機能低下症.
    Medicina 50:1823-1827, 2013
  • 田邉 真紀人, 柳瀬 敏彦
    最新のガイドラインを学ぶ 糖尿病.
    たんじゅうさん 12:28, 2013
  • 大庭 功一, 柳瀬 敏彦
    【検査値を読む2013】 副腎皮質検査 17-ケトステロイド.
    内科 111:1526-1527, 2013
  • 大庭 功一, 柳瀬 敏彦
    【検査値を読む2013】 副腎皮質検査 デヒドロエピアンドロステロン,デヒドロエピアンドロステロンサルフェート.
    内科 111:1532-1533, 2013
  • 明比祐子、福田 高士、高田 彩子、寺脇 悠一、柳瀬 敏彦
    副腎機能不全症のグルココルチコイド補充療法におけるCGMの有用性の検討
    ACTH Related Peptides 23:85-87, 2013
  • 田邊真紀人、柳瀬敏彦:片側性偶発腫瘍の手術適応の現状 
    ホルモンと臨床60:431-434、2012 (2013年12月刊行)
  • 益崎 裕章, 竹本 のぞみ, 河本 絵里子, 野見山 崇, 田仲 秀明, 守田 美和
    【糖尿病と関連する内科疾患:診断と治療の進歩】 糖尿病と関連の深い内科疾患を的確に診療するために
    日本内科学会雑誌 102:938-954, 2013
  • 野見山 崇、柳瀬敏彦
    インクレチン関連薬の基礎と臨床 -Beyond the BS control
    日本体質学会雑誌 75(1)65-69,2013

2012年
  • 柳瀬敏彦
    厚生労働省「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班」研究概要紹介
    疫学研究を中心に
    最新医学 67(9):1981-1988, 2012
  • 柳瀬敏彦
    成人GHDであってもGH補充療法を避けるべき患者
    成人GHDにおけるPitfall vol.3:1-2. 2012
  • 柳瀬敏彦、村瀬邦崇、明比祐子、野見山 崇
    特集 ステロイドホルモンと脂質代謝
    6.テストステロンと脂質代謝 −late−onset hypogonadism(JOH)を含めて
    The Lipid 23:54-59, 2012
  • 柳瀬敏彦、永石綾子、明比祐子、野見山 崇
    特集 高齢者の男性医学
    2.テストステロンと脂質、糖代謝、肥満、動脈硬化
    Geriatric Medicine 50:449-454, 2012
  • 柳瀬敏彦、明比祐子
    内分泌環境の中でのテストステロンの位置づけ
    臨床泌尿器科 66(5):309-314, 2012
  • 柳瀬敏彦、野見山 崇
    前立腺癌と糖代謝の関係 アンドロゲンとインスリンの観点から
    内分泌・糖尿病・代謝内科 35(3):270-274, 2012
  • 柳瀬敏彦、久保千春
    糖尿病治療のUP TO DATE(座談)
    臨床と研究89:119-126, 2012
  • 柳瀬敏彦、村P邦崇、明比祐子、野見山 崇
    特集 ステロイドホルモンと脂質代謝
    6.テストステロンと脂質代謝 -late-onset hypogonadism (LOH)を含めて
    The Lipid 23:54-59, 2012
  • 野見山 崇、柳瀬敏彦
    私の処方:ルーキーとベテランはベスト・パートナー インクレチンとメトホルミン
    Modern Physician 32:1532, 2012
  • 森 昌朋、柳瀬敏彦、小川佳宏、大磯ユタカ
    内分泌系4難治性疾患研究班の研究成果とその展望
    最新医学67(9):1939-1952, 2012
  • 高蝸チ一、河手久弥、柳瀬敏彦
    特集 内分泌疾患:診断と治療の進歩
    3.副腎疾患の取り扱いと問題点
    副腎偶発腫とサブクリニカルクッシング症候群
    日本内科学会雑誌 10(4):941-948, 2012
  • 朔啓二郎、野田慶太、瀬川波子、柳瀬敏彦
    日本発臨床研究の紹介と反省点を語る
    Lifestyle Changes Through the Use of Delivered Meals and Dietary Counseling in a Single-Blind Study: the STYLIST Study
    日本内科学会雑誌 101:2096-2102, 2012
  • 竹之下博正、柳瀬敏彦
    V糖尿病フットケア外来のセットアップ 福岡大学病院における糖尿病フットケア学会の現状
    Diabetes Frontier Vol.22 No.3 , 2011
  • 野見山 崇、柳瀬敏彦 
    血管を護るための糖尿病治療ストラテジー
    日本体質学会雑誌74(1): 54-6, 2012
  • 野見山 崇、柳瀬敏彦
    日本人2型糖尿病患者におけるDPP-4阻害剤の臨床効果と特徴
    日本体質学会雑誌 74(2):71-73,2012

2011年

  • 柳瀬敏彦
    特集 性ステロイドホルモン製剤の使い分けSARM
    Hormone Frontire in Gynecology 18:197-204, 2011
  • 柳瀬敏彦、村瀬邦崇、田中智子、野見山 崇、明比祐子
    男性更年期障害:診療の現状と基盤的臨床・基礎研究の進展
    Medical Science Digest (MSD) 37: 102-105, 2011
  • 柳瀬敏彦
    2型糖尿病治療の現状と問題点
    田川医報122: 30-31, 2011
  • 柳瀬敏彦
    ホルモンとアンチエイジング
    CLINICIAN 594 (vol.l58) :25-30, 2011
  • 柳瀬敏彦
    負荷試験
    成人GHDにおけるPitfall Vol 1, 2011
  • 柳瀬敏彦
    妊娠と内分泌疾患:先天性副腎過形成における妊娠と不妊
    ホルモンと臨床 59(9): 857-861, 2011
  • 柳瀬敏彦、永石綾子、明比祐子
    特集:これからの高齢者医療 <高齢者の特性を理解する-生理機能の加齢変動>内分泌・代謝機能の加齢変動
    内科108:957-959, 2011
  • 柳瀬敏彦、竹之下博正、明比祐子
    内科診療に役立つメンズヘルス
    男子性腺機能低下症の鑑別診断と治療
    Medicina 48:1938-1941, 2011
  • 柳瀬敏彦
    成人GHDを疑う病態
    成人GHDにおけるPitfall vol 2:1-2, 2011
  • 柳瀬敏彦、明比祐子
    17α-水酸化酵素欠損症および11β-水酸化酵素欠損症 第5章遺伝子の異常による内分泌性高血圧と類縁疾患
    最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC 73 132-138, 2011
  • 柳瀬敏彦 SF-1 を介する内分泌攪乱物質にアロマターゼ誘導作用
    ホルモンと臨床 59 (2):123-127, 2011
  • 竹之下博正 柳瀬敏彦
    V 糖尿病フットケア外来のセットアップ 福岡大学病院における糖尿病フットケア学会の現状
    Diabetes Frontier vol.22 No3 2011-6
  • 野見山 崇、村瀬邦崇、田中智子、柳瀬敏彦
    特集「サルコペニアの診かた」アンドロゲンとサルコペニア
    Modern Medicine 31:1370-1373, 2011
  • 明比祐子、柳瀬敏彦
    特集:安心・安全なステロイド療法
    副腎不全における副腎ホルモン補充療法
    臨床と研究88: 43-49, 2011
  • 野見山崇、柳瀬敏彦
    どうすればインスリン抵抗性は改善するの?  
    糖尿病ケア2011 ;8(9):48-53
  • 明比祐子、蘆田健二、野村政壽、高柳涼一、柳瀬敏彦
    自験症例に基づく副腎性サブクリニカルクッシング症候群診断基準の再評価の試み
    ACTH Related Peptides 21:42-44, 2011
  • 明比祐子、村瀬邦崇、永石綾子、竹之下博正、野見山 崇、良真一、吉満研吾、柳瀬敏彦
    原発性アルドステロン症の局在診断:福岡大学病院における副腎静脈サンプリングの現状と問題点
    ホルモンと臨床59:651-655, 2011

2010年

  • 柳瀬敏彦
    あの疾患・治療はどうなった?
    内分泌攪乱物質
    治療 92:2663-2666, 2010
  • 柳瀬敏彦、蘆田健二、明比祐子
    特集「高血圧治療Up-Date 「二次性高血圧:内分泌高血圧としての原発性アルドステロン症」
    Angiology Frontier 9:18-22, 2010
  • 柳瀬敏彦、高柳涼一
    EIAによる自験副腎腫瘍再評価に基づく副腎性サブクリニカルクッシング症候群診断基準の見直し
    ACTH Related Peptides 20: 14-15, 2010
  • 柳瀬敏彦、村瀬邦崇
    特集・アンチエイジング医学の進歩
    アンチエイジングとしてのホルモン補充療法:GH, DHEA,テストステロン
    臨床と研究 87:515-520, 2010
  • 柳瀬敏彦
    核内受容体と内分泌疾患UPDATE
    アンドロゲン受容体とメタボリックシンドローム
    ホルモンと臨床 58:93-98, 2010
  • 柳瀬敏彦、明比祐子
    特集:男性更年期障害の考え方と実地臨床
    各種ホルモンの加齢変動の意義
    日本医師会雑誌 139 (9):1828-1829, 2010
  • 柳瀬敏彦、野見山 崇
    性ホルモンと糖尿病
    diabetes Journal 38:144-148, 2010
  • 柳瀬敏彦、村P邦崇、田中智子
    性ホルモン受容体とアデイポサイエンス
    アデイポサイエンス 7:113-117, 2010
  • Nawata H, Watanabe T, Yanase T, Nomura M, Ashida K, Min L, Fan W.
    Sex hormone and neuroendocrine aspects of the metabolic syndrome.
    Prog Brain Res 182:175-87, 2010
  • 蘆田健二、明比祐子、工藤忠睦、柳瀬敏彦
    特集 テストステロンと骨 「アンドロゲンの骨への作用」
    CLINICAL CALCIUM 20:165-173, 2010
  • 坂井義之、柳瀬敏彦
    特集:すべての医師のための骨粗鬆症診療ガイド2010「ステロイド性骨粗鬆症」
    総合臨床 59:552-557,2010
  • 高柳涼一、明比祐子、柳瀬敏彦
    Subclinical Cushing症候群の診断基準と臨床的意義
    医学のあゆみ 232: 887-891, 2010
  • 明比祐子、蘆田健二、柳瀬敏彦
    特集:内分泌疾患におけるEvidenceに基づいた治療とは?
    原発性副腎不全におけるミネラルコルチコイド補充療法
    内分泌・糖尿病・代謝内科30:456-460, 2010
  • 蘆田健二、明比祐子、柳瀬敏彦
    内分泌疾患の成人期管理-先天性副腎皮質過形成-
    ホルモンと臨床 58:191-202, 2010
  • 坂井義之、柳瀬敏彦
    続発性骨粗鬆症の実地診療「ステロイド性骨粗鬆症」
    Medical Practice 27:959-964, 2010
  • 並木幹夫、熊本悦明、柳瀬敏彦、永井 敦
    座談会:加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)診療に期待されるもの
    日本医師会雑誌 139:1801-1815, 2010
  • 蘆田健二、明比祐子、村瀬邦崇、竹之下博正、工藤忠睦、柳瀬敏彦
    テストステロンの分子作用
    綜合臨床59巻 第7号:1516-1522, 2010
  • 蘆田健二、明比祐子、村瀬邦崇、工藤忠睦、柳瀬敏彦
    性ホルモンと骨粗鬆症
    臨床と研究 87巻7号:917-922, 2010
  • 後藤 穣、柳瀬敏彦
    CKDとホルモン
    ホルモンと臨床 58:535-541, 2010

2009年

  • Yanase T, Fan W.
    Modification of androgen receptor function by Igf-1 signaling: Implications in the mechanism of refractory prostate carcinoma.
    Vitamins & Hormones 80:649-666, 2009
  • 柳瀬敏彦
    臨床内分泌入門 2:ステロイド補充療法の実際
    日本内分泌学会雑誌 85: 210-211, 2009
  • 柳瀬敏彦
    特集:クッシング症候群-新しい展開-
    クッシング症候群診断ガイドライン
    内分泌外科 26: 65-72, 2009
  • 柳瀬敏彦
    副腎腫瘍の診断と治療Update 「コルチゾール産生腫瘍の診断と治療」
    カレントテラピー27:222-229, 2009
  • 柳瀬敏彦
    アンドロゲン-アンドロゲンレセプターとメタボリックシンドローム
    Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2009 pp141- 146, 2009
  • 柳瀬敏彦
    副腎の再生研究の現状
    総合臨床58:98-103, 2009
  • 柳瀬敏彦
    トピックス 「ステロイド産生細胞再生研究の現状」
    日本生殖内分泌学会雑誌 14:51-53, 2009
  • 柳瀬敏彦
    アンドロゲンの医学: DHEA(-S)+テストステロン
    日本抗加齢医学会雑誌5:42-46, 2009
  • 柳瀬敏彦
    難治疾患(4)−未解明の研究課題と治療への挑戦−
    「アンドロゲンの見直されつつある生理作用-アンドロゲンの抗メタボ作用」
    実験医学27:2276 - 2280, 2009
  • 柳瀬敏彦
    symposium 第5回メタボリックシンドローム研究会proceeding
    「アンドロゲン受容体とメタボリックシンドローム」
    Therapeutic Research 30:942-947, 2009
  • 柳瀬敏彦、明比祐子
    副腎疾患の日常診療における賛否両論(The Pros and Cons)
    「原発性アルドステロン症のスクリーニングは高血圧全例を対象にすべきである:Con」
    ホルモンと臨床 57:581-584, 2009
  • 柳瀬敏彦
    いきいきマイライフ第57回 「男性更年期障害は人生の通過点-豊かな老年期を迎えるために」
    マインド21:9-11,2009
  • 柳瀬敏彦
    ホルモンと体質−体質改善におけるホルモン補充療法の意義とは−
    日本体質医学会雑誌71:233-238,2009
  • 柳瀬敏彦
    「新しい臨床検査」DHEA(-S), アンドロステンジオン、テストステロン
    診断と治療 97(特大号):1892-1895, 2009
  • 柳瀬敏彦
    最新のガイドラインを学ぶ3 糖尿病
    たんじゅうさん 8:26-27, 2009
  • 柳瀬敏彦
    アドレノポーズー臨床症状とDHEA補充療法の現状-
    Life-Cycle Care 6:13-15, 2009
  • 明比祐子、蘆田健二、竹之下博正、工藤忠睦、柳瀬敏彦
    グルココルチコイド補充療法と血圧
    最新医学 64:85-89, 2009
  • 權藤寿喜、權藤重喜、岡部泰二郎、柳瀬敏彦
    ステロイドホルモン産生細胞再生療法の展望
    内分泌・糖尿病科 28:512-516,2009
  • 権藤重喜、権藤寿喜、柳瀬敏彦、高柳涼一
    ステロイドホルモン産生細胞の再生
    Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2009 pp153-157, 2009
  • 明比祐子、蘆田健二、柳瀬敏彦
    技術講座(生化学)ホルモンの測定シリーズ2:DHEA, DHEA-S, アルドステロン
    検査と技術 37:1447-1451, 2009
  • 蘆田健二、工藤忠睦、明比祐子、安西慶三、柳瀬敏彦
    内分泌疾患における補充療法の実際:糖質コルチコイド
    内分泌・糖尿病科 28:459-467, 2009
  • 蘆田健二、竹之下博正、明比祐子、柳瀬敏彦
    わかってきた男性ホルモンの作用
    治療 91:2185-2191, 2009
  • 明比祐子、蘆田健二、柳瀬敏彦
    特集 副腎不全とステロイド補充療法  
    成人における副腎ホルモン補充療法の現状と展望
    ホルモンと臨床 10:897-903, 2009
  • 藤田昌樹、安西慶三
    糖尿病に合併する感染症:糖尿病と肺炎球菌
    月刊糖尿病 10:114-121, 2009
↑ ページの上部へ戻る