スタッフ(助教以上)15名、院内助手9名、院外助手(研修病院勤務)32名、大学院生12名、研究生2名、留学中1名。


年間約1200人の患者治療(病床数38、CCU3床)。


冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)、不整脈、心不全、心筋症などの心臓病と、冠動脈疾患の危険因子である高脂血症、高血圧、糖尿病、痛風、肥満などの代謝疾患。
■心疾患
心臓カテ−テル検査数は年間約1000例、経皮的冠動脈形成術(PTCA)は約320例。急性冠症候群の収容数は年間100例。
■不整脈
電気生理学検査(EPS):年間250例。頻脈性不整脈にカテーテル心筋焼灼術:約170例。ペ−スメ−カ−及び除細動器(ICD)の植え込み術:約60例。



助手、 臨床大学院生。
■助手の場合
6ヶ月間循環器科にて研修。その後、他の内科へロ―テ―ション希望のものは可能。3ヶ月ずつ最大6診療科を履修できる(卒後3、4年次生にて)。
■臨床大学院の場合
最初の1年間、循環器内科にて臨床研修を行い、卒後4年次以降臨床研究を開始。


入院患者はスタッフの指導下、 単独で担当。
1. カテーテルインターベンション(診断カテ、 冠動脈形成術、 下肢動脈形成術等)
2. ペーシング・アブレーション・ICD などの不整脈の非薬物療法、 両心室ペーシングによる心不全治療。
3. 心エコー、 冠動脈 CT、 RI の心臓イメージング。


各種検査・治療の手技は、補助から開始し、独立して完遂できるレベルを目指す。 循環器医として、 知識と基本診療手技をマスターし、 検査・治療プランを自身で組み立てる。 症例報告や臨床研究を発表し、 認定内科医・総合内科専門医、循環器専門医を取得する。





当科独自に心臓病患者の診断治療マニュアルを作製し、指導している。



〒814?0180 福岡市城南区七隈7-45-1
福岡大学病院循環器科 医局長 河村 彰
電話092-801-1011(内線3366)または、
E-mail: akirak@minf.med.fukuoka-u.ac.jp
URL:http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/interna2/index-j.htm