福岡大学消化器内科は肝臓のラジオ波治療などに代表される日本でも最先端の医療技術を駆使して消化器病の臨床治療や研究を行っています。
みなさんの溢れるパワーを我が消化器内科に注ぎ、我々と一緒に楽しく仕事をしませんか。


<医局員数 (50名)>
スタッフ(助教以上) 11名、院内助手 9名、院外医員 20名、大学院生 4名 、研究生 3名、寄付研究研究員 3名
<病棟 (50床)>
年間約800人以上の入院患者の治療を行っている。
<対象疾患>
肝炎(急性、慢性)、肝硬変、肝細胞癌、食道・胃静脈瘤、消化管出血、炎症性腸疾患、悪性リンパ腫、食道癌、胃癌、大腸癌など

<当科の先進医療>
1. 九州1-2位の慢性肝炎に対するIFN治療例数
2. 国内3指に入る、肝癌に対するラジオ波治療例数
3. 多数の炎症性腸疾患の外来・入院患者
4. 県内数ヶ所にしか導入されていないダブルバルーン式小腸内視鏡検査・治療
5. 内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD)


<年間検査件数>

腹部超音波検査 約 3500 例
上部消化管内視鏡検査 約 2830 例
下部消化管内視鏡検査 約 1550 例
消化管透視検査 約 900 例


<年間治療症例数>

肝癌ラジオ波焼灼術 約 130 例
内視鏡的切除術 (EMR・ESD)約 170 例
内視鏡的止血術 約 170 例
食道・胃静脈瘤治療 約 100 例
小腸内視鏡 約 100 例


福岡赤十字病院、福岡市医師会成人病センター、
糸島医師会病院、白十字病院、福西会病院、
国立小倉病院、壱岐市民病院、松山赤十字病院等



福岡大学病院 消化器内科 医局長 岩田 郁
〒814-0180 福岡市城南区七隈7-45-1 
Tel:092-801-1011(内線3354-3356) Fax:092-874-2663
Email:syokaki@minf.med.fukuoka-u.ac.jp
http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/interna3/index-j.htm