福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > 対象疾患 > 脳血管障害疾患
対象疾患
【脳血管障害疾患】
我々が扱う脳血管障害は、近年予防手術が重要視されています。一旦、脳出血や脳梗塞などで脳機能が破綻してしまうと現時点では、その部位の神経機能を回復させる手段はありません。当科では、出血性脳血管障害、閉塞性脳血管障害に対する外科治療を積極的に行っています。
出血性脳血管障害としては未破裂動脈瘤に対する治療が挙げられます。現在では、動脈瘤に対する治療はクリッピング、コイル塞栓術がありますが、それら単独では対応できない治療に対しては複合的な治療を行うこともあります。
 虚血性脳血管障害としては、頚動脈内膜剥離術、脳主幹動脈閉塞に対するバイパス術、頚動脈ステントなどがあります。特に頚動脈内膜剥離術においては周術期において 麻酔科と連携し非常に良好な成績を得ています。
    
内頚動脈狭窄症に対する治療「CEA」
脳動脈瘤に対するクリッピング術
(見学者に手術を説明しているところ)
脳血管バイパス術
←前のページへ戻る