福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > 治療について > 脳血管内治療
治療について
【脳血管内治療】
近年需要が高まる最先端医療技術の一つで、脳動脈瘤、頸動脈狭窄、脳脊髄動静脈奇形、硬膜動静脈瘻 などの脳卒中の原因となる疾患を、カテーテルを用いて開頭術をすることなく治療する方法です。
下記にコイルを用いた瘤内塞栓術や、ステントを用いた血行再建術を紹介します。
脳動脈瘤に対する脳血管内手術(瘤内コイル塞栓術)
脳動脈瘤に対する治療方法。足の付け根の大腿動脈から治療用の細い管(カテーテル)を動脈瘤の中まで誘導して,その中を細くやわらかいプラチナ製のコイルで動脈瘤を内側からつめてしまう治療。
脳動脈瘤内に血液が流れ込むのを遮断することで破裂を回避する方法。


 ↑ このボタンを押すと、動画が再生します。
◆脳血管内治療について
手術映像がご覧いただけます。



当コンテンツをご覧いただくには、
「Flash Player」が必要となります【無料】

  
    
    

内頚動脈狭窄症に対するステント留置術
血管内から金属製のメッシュ状の筒を狭窄部に留置して拡げる治療方法
    
    
  
←前のページへ戻る