福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
治療について
【t-PA】
急性期脳梗塞に対するtPA静注療法
発症3時間以内の超急性期の脳梗塞にたして血栓溶解療法を行っています。t-PA(tissue-type plasminogen activator、組織型プラスミノーゲン・アクチベーター)は血栓を溶かすことができる薬剤で、脳梗塞が拡大しないように、最小限にとどまるようにする治療です。
  
←前のページへ戻る