福岡大学産婦人科学教室
サイト内検索:
HOME > 教室概要 > 主任教授あいさつ
主任教授あいさつ
主任教授あいさつ主任教授 宮本新吾

我々の教室では「協調と責任」をモットーに、診療・研究・教育・社会活動に対して日夜努力しています。



[ 診療 ]


腫瘍部門:
悪性腫瘍治療例は年間100例を優に超え、子宮頸癌に対する広汎子宮全摘術、卵巣癌根治術、腹腔鏡による子宮体癌根治術など高度な先進医療を行っています。また、放射線治療、標的治療薬を加えた化学療法や創薬開発を含めた臨床試験などにも取り組んでいます。さらに、癌治療において重要な緩和治療にも重点をおいて治療を推進しています。

周産期部門:
西日本一の施設を設け総合周産期母子医療センターとして、複数の専門医による当直体制、麻酔科及び新生児科医師との分娩室での緊急帝王切開の対応体制、放射線科医師との連携による救急出血への対応体制など、様々な母体・胎児の安全・安心の医療を実施しています。また、精神保健福祉士、臨床心理士、社会福祉士、医療事務士などの医療参画により拡充した診療体制を整えつつあります。

不妊・内分泌部門:
不妊治療の開始にあたり、子宮卵管造影検査や腹腔鏡による卵管通過性の確認など、地域の不妊専門病院からの紹介を受けて実施しています。また、その結果を踏まえて、地域の不妊専門病院に情報を提供しています。また、子宮内膜症の治療についても地域への啓発活動にも積極的に取り組んでいます。

女性ヘルスケアー部門:
腹腔鏡手術の活性化を図り、救急手術の対応が必要となる異所性妊娠(子宮外妊娠)や卵巣出血については、日夜を問わずに実施する体制を堅持しています。また、良性卵巣腫瘍、子宮筋腫の核出術などの良性腫瘍の腹腔鏡手術はもとより、子宮脱についても、腹腔鏡での子宮及び附属器の全摘術とともに下降した膣壁の吊り上げも同時に行っています。さらに、高度先進的医療として、子宮体癌についても根治術を施行しています。

[ 研究 ]


腫瘍部門:
新規の標的治療薬を用いた臨床研究に加えて、増殖因子HB-EGFを標的とした新規治療薬BK-UMの開発を手がけてきました。HB-EGFの発現制御に関わる分子のクローニングを終了し、抗体治療薬の開発とともに核酸医薬の開発も開始しています。さらに、新たな癌遺伝子を探索して、これらの癌増殖分子に対するCore Screeningを行ってDrug Repositioningによる創薬開発も行っています。

周産期部門:
絨毛膜羊膜炎発症の機序について、次世代シークエンスを用いて羊水中に増殖する起炎菌の解明を終了しています。同時に、羊水中に発現するmicroRNAアレイ解析により絨毛膜羊膜炎症例の宿主側の反応を探索し、羊水中、膣内、乳汁等に含まれる細菌やウイルスを網羅的に解析して周産期におけるマイクロバイオームの解明を手がけていきます。また、DPCを活用した周産期の地域連携体制の構築や産後うつ病などへの取り組みを活性化していきます。

不妊・内分泌部門:
不妊症症例における受精卵の病態の解明や顕微授精における精子の抽出法など、不妊に関与する病態解明や治療法の開発を手がけてきています。また、有効な治療法がない着床不全に注目して、再生医療を活用した実験に取り組みヒトへの臨床研究を開始する準備を行っています。

[ 教育 ]


前期研修として産婦人科コースを準備しています。分娩の取り扱い、新生児の診察、産科救急医療への対応などの習得を周産期領域の目的としています。婦人科領域での研修の目的は、癌症例の集学的治療の対応、緩和医療への理解、腹腔鏡手術の修練などとしています。後期研修では、産婦人科専門医習得に必要な事項を3年間で確実に研修させていく準備は完成しています。後期研修終了後は、社会人大学院生あるいは基礎大学院生として学位取得とともに、腫瘍専門医、周産期専門医、生殖指導医、内視鏡技術認定医、超音波専門医、細胞診専門医、臨床遺伝学専門医などを目指します。既に、当科では、ほとんどの助教の医師は学位を取得しています。また、腫瘍専門医:4名、周産期専門医:4名、生殖指導医:3名が専門医を取得しています。現在、暫定研修されている専門医は、腫瘍専門医:5名、周産期専門医:5名、生殖指導医:2名、内視鏡技術認定医:4名と、各領域別に専門医の取得を活性化できています。

[ 社会活動 ]


福岡歯科大学、福岡大学薬学部・看護学部、地域の医療育成機関である看護大学、地域連携の高校などへの講義を行い、人材育成による社会貢献を行っています。さらに、講演会や市民公開講座を開催するだけでなく、積極的に参加しています。特に、癌で苦しむ患者、不妊症の患者、子宮内膜症などの患者などを対象に広く、社会活動を行っています。

交通案内 サイトマップ

Copyright(c) 2014 Department of Obstetrics and Gynecology, Faculty of Medicine, Fukuoka University, All Rights Reserved.
このサイトに使用されている全ての画像、文章等の無断転載、無断使用を禁じます。
また、リンクを希望される場合は事前にお知らせ下さいますようお願い致します。
福岡大学医学部 産婦人科学教室

〒814-0180 福岡市城南区七隈七丁目45番1号
TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200


[ 福岡大学病院 | 福岡大学医学部 ]