福岡大学産婦人科学教室
サイト内検索:
HOME > 研究 > 研究業績 > 総説 > 2009年度
研究業績

2009年度

[ 原著 | 総説 | 著書 | 国内学会発表 | 国際学会発表 | 長期海外研修 | 学会活動 | 研究に関した賞 | 国内研究助成金 ]

総 説 2009年度

[ 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 ]

論文題名 発表雑誌 発行の巻(号),頁,年 著者

Fusion therapy of cellular and humoral immunity for cancer using antibodies or their genes against carcinoembryonic antigen Recent Developments in Immunology 233-245,2008 Kuroki M, Wang L, Huo Q, Shibaguchi H, Yanagisawa J, Fukami T, Yotsumoto F, Tanaka T, Miyamoto S

子宮収縮・弛緩の生理的基礎 日本臨床 67巻増刊号70-76、2009 井上善仁、瓦林達比古

子宮疾患・子宮内膜症の臨床ー基礎・臨床研究のアップデート V腫瘍性疾患 子宮体部 Muller管混合腫瘍 日本臨床 67巻増刊号251-255、2009 江本 精

各種疾患における向精神薬の使い方  産婦人科領域の精神疾患 臨床と研究 86:984-988,2009 井上善仁

クリニカルカンファレンス10 女性のライフステージにおける心のケア 1)思春期のこころとからだ 日産婦誌 61:397-402,2009 井上善仁

Morphological and functional evaluation of normal and abnormal fetal growth by ultrasonography J Med Ultrasonics 36:105-117,2009 Yoshizato T, Satoh S

新生児の診察方法 日産婦誌 61:N555-556,2009 瓦林達比古

Potential for molecularly targeted therapy against epidermal growth factor receptor ligands Anticancer Research 29:823-830,2009 Miyamoto S, Fukami T, Yagi H, Kuroki M, Yotsumoto F

Efficacy of ligand-based targeting for the EGF system in cancer Anticancer Research 29:4879-4886,2009 Yotsumoto F, Sanui A, Fukami T, Shirota K, Horiuchi S, Tsujioka H, Yoshizato T, Kuroki M, Miyamoto S

陣痛促進薬投与後、妊婦が痛みのあまりのたうち回って暴れ出した 過強陣痛 陣痛の異常 ペリネイタルケア 新春増刊号:142-145,2009 吉里俊幸

子宮癌肉腫の組織発生と血管新生 日本婦人科腫瘍学会雑誌 27:115-124,2009 江本 精

電気生理学から見た子宮収縮機序と新規早産治療薬の開発 日産婦九州連合会誌 60:28-34,2010 小濱大嗣、井上善仁、小林 護、吉里俊幸、宮本新吾、瓦林達比古

産婦人科診療 私のコツSERIES 前置血管について 産科と婦人科 76:1255-1259,2009 大竹良子、野尻剛志、小濱大嗣、吉里俊幸、宮本新吾

交通案内 サイトマップ

Copyright(c) 2014 Department of Obstetrics and Gynecology, Faculty of Medicine, Fukuoka University, All Rights Reserved.
このサイトに使用されている全ての画像、文章等の無断転載、無断使用を禁じます。
また、リンクを希望される場合は事前にお知らせ下さいますようお願い致します。
福岡大学医学部 産婦人科学教室

〒814-0180 福岡市城南区七隈七丁目45番1号
TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200


[ 福岡大学病院 | 福岡大学医学部 ]