福岡大学産婦人科学教室
サイト内検索:
HOME > 研究 > 研究業績 > 国内研究助成金 > 2014年度
研究業績

2014年度

[ 原著 | 症例報告 | 総説 | 国際学会発表 | 主催した学会・シンポジウム・研究会 | 学会活動 | 研究に関した賞 | 国内研究助成金 ]

国内研究助成金 2014年度

[ 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 ]

研究課題 助成名 年度 氏名

卵巣癌を対象とした分子標的治療薬BK-UMの臨床開発 文部科学省
橋渡し研究加速ネットワークプログラム
2014 宮本新吾(代表:目加田英輔)

HB-EGFを標的とする治療薬BK-UMの適応を診断するコンパニオン診断薬の作製 文部科学省
橋渡し研究加速ネットワークプログラム シーズA26
2014 宮本新吾(代表;中西洋一)

腹腔内転移癌を対象としたHB-EGFを分子標的とするがん治療薬BK-UMの第2相試験 厚生労働省科学研究費 2014 宮本新吾(代表;岩本 亮)

HB-EGF標的治療薬適応のコンパニオン診断薬作製を目指した遺伝子探索 文部科学省科学研究費 基盤研究B 2014 宮本新吾(代表)

CD36を標的としたがん治療の創薬開発 文部科学省科学研究費 挑戦的萌芽研究 2014 宮本新吾(代表)

子宮内膜症における接着性の解明とプロゲステロン感受性の検討 文部科学省科学研究費 若手研究B 2014 伊東裕子(代表)

創薬による医療イノベーション 福岡大学総合科学研究チーム 2014 宮本新吾(代表)

再生医療を活用した新規生殖医療 福岡大学推奨研究プロジェクト 2014 宮本新吾(代表)

メタゲノム解析による早産解明 福岡大学領域別研究 2014 吉里俊幸(代表)

HB-EGFを標的とするがん治療薬の適応を診断するコンパニオン診断薬の開発  公益財団法人
柿原科学技術研究財団
科学技術研究助成 
2014 宮本新吾(代表)

交通案内 サイトマップ

Copyright(c) 2014 Department of Obstetrics and Gynecology, Faculty of Medicine, Fukuoka University, All Rights Reserved.
このサイトに使用されている全ての画像、文章等の無断転載、無断使用を禁じます。
また、リンクを希望される場合は事前にお知らせ下さいますようお願い致します。
福岡大学医学部 産婦人科学教室

〒814-0180 福岡市城南区七隈七丁目45番1号
TEL:092-801-1011 FAX:092-862-8200


[ 福岡大学病院 | 福岡大学医学部 ]