お問い合わせ Contact

 当教室への、非常勤講師、講演等のご依頼は、電話、FAXまたはEmailにてお問い合わせください。

〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈7丁目45-1 医学部研究棟別館5F
福岡大学医学部衛生・公衆衛生学教室
TEL:092-801-1011(内線:3315) FAX:092-863-8892
Email:yukarih@fukuoka-u.ac.jp(担当:林結香里)

大学院生募集 Recruitment

 当教室は、大学院生(医学研究科社会医学系専攻)を募集しております。

 以下の「福岡大学大学院医学研究科社会医学系専攻について」および当教室HPの「研究紹介」をご一読ください。生活環境汚染の健康に対する影響を考える衛生学的視点の研究から、地域社会と健康の関連を調査する公衆衛生学的視点の研究まで、個性的な教員の個性的な研究を垣間見ることができます。
 衛生・公衆衛生学が地域に開かれた学問であるように、衛生・公衆衛生学教室もまた開かれた教室です。お気軽にお問い合わせください。

 大学院の詳細は、福岡大学大学院HPをご覧ください。

福岡大学大学院医学研究科社会医学系専攻について

概要

 医学研究科は、医学や看護学に関する高度な専門的知識を備え、地域社会をはじめ日本及び国際社会に貢献できる人材を養成することを教育の理念としています。

 社会医学系専攻においては、疾病と環境や内因的な要因との関係を理解するために高度な専門的知識及び技術を有し、医学の発展に寄与する優秀な人材を養成することを教育の理念とします。疫学・公衆衛生学、予防医学、犯罪医学、精神医学等の各分野において、社会医学的な実験手技・手法を修得し、人の発生から成長、老化、死に至る過程における人と疾病の関わりを研究できる教育・研究者を養成することを目的とします。

アドミッション・ポリシー

 入学選考にあたっては、意欲および多様性を有する人材を求めています。

1.医療や医療関連領域の社会的、心理的、生物学的な知識を探究したい人
2.医学部出身のみならず、広く医療に携わる人
3.多面的な考え方で医学研究を遂行できる人
4.情報収集、情報交換に必要な国際言語である英語の能力を有する人
5.論理的な推論の能力を有する人

教育目標

 社会医学系専攻 社会医学系専攻では、次のような人材を育成することを教育目標とします。

1.ヒト社会のなかで誘発される疾病、障害、犯罪に対して社会医学的な視点から考察できる能力を有する者
2.病気と環境的社会的要因の関係について分析する研究法を有する者
3.個人と社会がさらに健康になるように働きかける方法論を有する者
4.現代型犯罪に対処する各種の方法を習得し、その結果から総合的に判断する能力を有する者
5.精神疾患の発生、予防、治療に関して生物学的視点のみならず、心理社会的な視点から考える総合的な能力を有する者

出願資格

 出願資格は以下の通りです。なお、出願資格3-6に該当する方は、資格審査が実施されます。

1.大学(医学部医学科、歯学部又は6年課程の獣医学の学部)を卒業した者、又は、卒業見込みの者
2.外国において学校教育における18年の課程(最終の課程は、医学、歯学又は獣医学)を修了した者、又は、修了見込みの者
3.医学又は歯学以外の大学院研究科において、修士課程を修了した者又は修士の学位の授与を受けることのできる者で、本研究科が、医学又は歯学の学部を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
4.医学又は歯学以外の大学を卒業し、又は外国において学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において2年以上研究に従事した者で、当該研究の成果等により、大学の医学又は歯 学を履修する課程を卒業した者と同等以上の学力があると本研究科が認めた者
5.大学(医学、歯学又は獣医学を履修する課程に限る)に4年以上在学し、又は外国において学校教育における16年の課程(医学、歯学又は獣医学を履修する課程を含むものに限る)を修了した者のうち、本研究科が、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
6.本研究科が、個別の入学資格審査を行い、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者