教育紹介 Education

公衆衛生学 / 公衆衛生学実習  対象:医学科第3学年 通年

↓ 3年生、必見!!
予習・復習に初代教授守山先生のマイクロレクチャーをご活用ください。

 

↓ サンプルとして、「公衆衛生学の全体像の把握」と「疫学・予防医学」の一部の動画を貼っておきます。すべての動画を見たい方は、上記のリンクより専用HPにお入りください。


 

一般目標(General Instructional Objective)

1.医療が「社会的な存在である人」を対象とした活動であることを習得するため、医療と保健のどのような側面(病気の予防や治療、病気からの回復、健康増進など)にも、社会が関係していることを認識・理解する。
2.医療の社会的な側面を把握するのに必須の概念群(医療倫理、地域保健、環境保健、疫学、健康管理、医療保障、健康増進・教育)について、個別にその概要を習得する。
3.医師としての立場からだけではなく、患者としての立場から、公衆衛生学的な概念群を事例的・実践的に位置づける。
4.学外の保健医療福祉施設において、医療と医師の社会的な役割を実践的に理解し、臨床医学を学ぶ上での心構えを身につける。

行動目標(Specific Behavioral Objectives)

1.公衆衛生学の全体像把握
・健康の意味を理解し、健康の現れ方の具体例を説明できる。
・健康の時代推移を理解し、健康の概念を人口集団に適用して、健康像を説明できる。
・予防の原則を説明できる。
・プライマリケアとヘルスプロモーションの考え方を対比的に説明できる。
・社会集団と健康との関連を概観でき、その基本を説明できる。
・高齢化社会における介護とヘルスプロモーションの課題を説明できる。
・ライフサイクルを概観でき、その意味を具体的に説明できる。
・ライフサイクル別の健康につき、主要な課題と解決の方針を説明できる。
2.疫学・予防医学
・疾病の頻度と分布、疾病のリスク要因と予防要因を説明できる。
・基礎的な統計解析の結果を説明できる。
・根拠に基づく医療の考え方を説明できる。
・基本的な生活習'慣と主要な生活習慣病との関連を説明できる。
・生活習慣への働きかけの効果を、Evidence Based Medicineの原則から説明できる。
3.医の倫理
・医の倫理が生まれた背景、重要な内容を説明できる。
・患者の立場と医師の立場がどのように異なるかについて、友人と討論できる。
4.健康危機管理
・医療事故、医療過誤について、定義と、どのような場合に起こりやすいかを説明できる。
・セーフティマネージメントの方法としてのインシデント報告の意味と利用法を説明できる。
・医療事故や薬害事件が起こった場合の、医師としてとるべき対処を説明できる。
・現在までに発生した薬害事件およびその薬害が何故起こったか説明できる。
5.地域保健福祉医療
・地域社会とその生活集団の健康について、課題把握の技法を説明し、実施できる。
・保健対策や保健サービスについての基本的な考え方を説明できる。
・地域における保健、福祉、医療の各システムの共通性と個別性を説明できる。
・身体障害者の置かれた状況を具体的にイメージし一部をシミュレーションすることができる。
・障害や疾病の分類の考え方を理解し、実例を述べることができる。
・障害とバリアフリーの原則を説明でき、実例を述べることができる。
6.社会保障と医療保障
・福祉国家としての社会保障、医療保障、医療福祉の基本的概念を説明できる。
・わが国が抱える社会保障、医療保障、医療福祉の主な課題を説明できる。
7.産業保健
・労働の場における環境や作業様態とは何かを、具体的に説明できる。
・職業病の概念、発見方法、コントロール方法につき、主要な考え方を説明できる。
・労働時間や休息・休業の原則を列記し、労働基準の意味を説明できる。
・作業場の安全衛生管理体制と産業医の役割を説明できる。
・作業場の健康管理体制の概要を述べ、特殊健診の意味を説明できる。
・主な有害業務に関して、問題となる有害物の特性、検診の概要、予防の原則を説明できる。
8.環境保健
・生活の場である環境と人間の健康との関連を説明できる。
・環境条件の意味や環境の評価方法を説明できる。
・環境災害(公害を含む)及び環境保全について、主要な項目を列挙できる。
・生活環境および・地球環境の評価と維持の原則を説明できる。
・大気水質土壌の汚染に関し、評価の原則と汚染防止の重要な方策を説明できる。
・廃棄物処理の原則を説明できる。
9.食品・栄養と健康
・栄養状態の評価の原則を説明できる。
・国民栄養の現状について、概要を説明できる。
・口腔保健の現状について、概要を説明できる。
10.母子保健
・妊婦と胎児の健康を維持するためのシステムについて、概要・現状・課題を説明できる。
・乳幼児と母親の健康を維持するためのシステムについて、概要・現状・課題を説明できる。
11.学校保健
・学校医の職務、健康診断、学校における予防すべき感染症について説明できる。
・生涯を通じた健康づくりの観点から、学校保健の重要性と医師としての関わりの必要性を説明できる。
12.成人保健
・主要な生活習慣病の現状と社会的な背景を説明できる。
・主要な生活習慣病の発見と予防の原則を説明できる。
・生活習慣に関連した行動変容の機構を理解し、課題を説明できる。
13.高齢者保健
・高齢化社会の現状や高齢化の課題を説明できる。
・高齢社会を維持するための社会システムの概要を説明できる。
・介護保険の考え方やシステムの概要を説明できる。
14.精神保健
・精神の健康を維持するためのシステムについて、概要・現状・課題を説明できる。
・精神障害者の健康と福祉を維持するためのシステムについて、概要・現状・課題を説明できる。
15.人口保健統計
・人口静態統計、人口動態統計の概略を説明できる。
・疾病統計の概要を説明でき、国民生活基礎調査、患者調査などの主要な統計調査を概説できる。
16.公衆衛生行政
・保健所の機能を具体的に説明できる。
・地域保健において、保健所と市町村の果たす役割を対比的に説明できる。
・医療圏と医療計画の意味を説明でき、主要な項目を説明できる。
・国の公衆衛生を維持するための法的体系の概要を、説明できる。
・主な公衆衛生法規について、対象・目的・現状・課題を対比的に説明できる。
17.国際保健
・国際的な状況で、複数の国家・国家群の保健水準を維持するシステムの概要を説明できる。
・国際化時代における旅行者個人の健康を守るシステムと、国全体の健康を保護するシステムとの関連を説明できる。
18.感染症対策
・主要な感染症の現状と課題を説明できる。
・検疫、予防接種、感染症サーベイランスを説明できる。
・社会を感染症の脅威から防御するためのシステムの概要を説明できる。
19.公衆衛生学実習
・保健所を代表とする保健/医療/福祉に関連した学外の施設では、どのような理念の下に、どのような活動が行われているかを、事例に即して具体的に説明できる。
・学外施設など現場で学んだ事例の理解をもとに、公衆衛生学的な研究テーマを設定できる。
・公衆衛生学的なテーマに対し、それを実証するための方略を、順を追って記述・説明できる。
・学外の現場で得られた事例観察の結果を、公衆衛生学的なシミュレーションや公衆衛生学的な実験で確認することの概要を説明できる。

予防医学・公衆衛生学講義、予防医学・公衆衛生学演習、予防医学・公衆衛生学実習
対象:大学院 通年

授業の概要

 本コースでは、以下の3つの側面から予防医学・公衆衛生学を学び、実地での応用をめざす。
1.公衆衛生学の歴史とこれまでの理論的根拠(実証主義)を学習する。現在の公衆衛生システム全般を把握し、現状と課題を学ぶ。今後の公衆衛生学の動向(構成主義)を踏まえ、量的研究に加え、質的研究の方法論を学ぶ。
2.疫学研究の基礎を学び、臨床研究を含めた疫学研究の論文の内容を理解できるようになる。系統的レビューやメタアナリシスを学び、臨床の現場で適切にEBMを実践できるようになる。統計解析や論文執筆のノウハウを学び、自らエビデンスを供することができるようになる。
3.医療政策学研究法、医療経済学研究法、病院管理学研究法などを学習する。

授業の到達目標

1.公衆衛生学の歴史と現在の理論的根拠を示すことができる。
2.現在の公衆衛生システムの概要を示し、問題点を抽出し、解決の方向を示せる。
3.公衆衛生の課題分析と問題解決に向けて、基本的な研究方法を理解し、実行の道筋を示せる。
4.疫学研究の基礎を学び、臨床研究を含めた疫学研究の論文の内容を理解できるようになる。
5.系統的レビューやメタアナリシスを学び、臨床の現場で適切にEBMを実践できるようになる。
6.統計解析や論文執筆のノウハウを学び、自らエビデンスを供することができるようになる。
7.医療政策学や医療経済の基礎を学び、わが国の現状と課題を示せる。
8.エビデンスに基づく保健医療管理の基礎を学び、事例の管理と評価の道筋を示せる。

医学研究科講義シリーズ  対象:大学院 通年

授業の概要

 研究倫理、利益相反、個人情報保護、EBM等について理解を深める。臨床医学諸研究の基礎となる知識やその実際について概略を学ぶ。

授業の到達目標

 医学研究にまつわる倫理的諸課題やその実際について学び、研究の計画立案・遂行・成果発表において責任ある態度や行動とは何かを理解する。
 専攻分野のみならず専門外分野にも造詣を深め、幅広い視野を有し自立した医学研究者として立つために必要な素養を身につける。

領域別集中講義Ⅲ  対象:医学科第6学年 後期

↓ 医師国家試験に向けた公衆衛生学の補助教材として、マイクロレクチャー「人口統計のまとめ」を守山先生が作成しました。ご活用ください。

 

行動目標(Specific Behavioral Objectives)

1.健康疾病の概念、公衆衛生や予防の考え方、健康の保持増進、環境保全、産業保健などの項目につき、それぞれの考え方を対比的に説明できるとともに、その社会的な意味を述べることができる。
2.医師の権利/義務、患者の権利/義務、医の倫理、介護、インフォームドコンセント、医療安全、地域医療などの項目につき、それぞれの概要を対比的に説明できると共に、一人の医師としてそれぞれの事柄が、どのような場合に意味を持ち得るかを、具体的にイメージできる。
3.感染症や生活習慣病、保健/医療/福祉の資源、母子保健や老人保健の現状、人口統計や疾病統計、学校保健や精神保健などの項目につき、それぞれの概要を対比的に説明できるとともにわが国の概要がどのようなものであるかを、大まかな数値を示して、指摘することができる。
4.人口統計や疾病統計、疫学研究方法、疫学指標などの項目につき、それぞれの概念を比較し、関係づけられるとともに、具体的な数値を示された場合には、そこから予測/関係付け/公式化などを行うことができる。
5.保健/医療/福祉の制度や関連法規、産業保健関連法規、などの項目につき、それぞれの制度や決まりの概要を説明できるとともに、それらの中でも重要な部分や利用に関して、具体的に述べることができる。
6.健康危機管理、食品や作業環境の衛生管理、予防と介護などの項目につき、それぞれの考え方の特徴を指摘できるとともに、臨床医学の考え方との接点を、説明できる。
7.死亡診断書や死体検案書の書き方について、具体的に説明できる。

統合講義  対象:医学科第5学年 後期

一般目標(General Instructional Objective)

1.各診療科にまたがって診療されている各種基本的疾患について、病歴、症候、検査、病因、病態、診断、治療などを包括的に学ぶことにより疾患全体の理解を深める。
2.理解の仕方として、一つの疾患に対する各種専門分野(内科、外科、病理、放射線、公衆衛生など)の専門的アプローチの方法や意義を学ぶことにより、疾患全体を統合的に理解する。

行動目標(Specific Behavioral Objectives)

1.下垂体腫瘍(機能性腫瘍、非機能性腫瘍)を包括的に理解すると同時に、機能性腫瘍の種類、病因、病態、病理、内分泌学的診断法、治療法を理解できる。
2.悪性リンパ腫の分類、病因、病態、血液学的診断(染色体異常、FISHなど)、病理、治療法やその副作用を理解し、癌治療に伴うリハビリテーションの意義を理解できる。
3.脳卒中の病因、病態、画像診断、内科的治療法、外科的治療法について理解できる。
4.虚血性心臓病の病因、病態、病理、画像診断、内科的治療法、血管内治療、外科的治療法と問題点について理解できる。
5.消化器系疾患の内視鏡的治療法、腹腔鏡的治療法について理解できる。
6.ループス腎炎並びにそれ以外の糸球体疾患の成因、病態、診断、病理、治療法について理解できる。
7.肺癌の疫学、病因、病態、診断、外科的治療法、集学的治療法について理解できる。

研究室配属  対象:医学科第2学年 前期

↓ 2年生に読んでもらいたい!守山先生作成の「社会学的発想」に関するテキストです。

 

一般目標(General Instructional Objectives)

1.基礎医学・社会医学のみならず臨床医として活躍するためにも必要なリサーチマインドを涵養する。
2.実際の基礎医学の研究分野に身を置いて研究チームの一員として行動することにより、研究者としての自覚や倫理観を身につけ、研究室での基本的な知識やルールを学ぶとともに、協調的な学習環境の中で問題解決能力を高め、大学における学習成果の発表方法を修得することで、生命医学領域に対する学習意欲を高める。

行動目標(Specific Behavioral Objectives)

1.課題に関する資料、文献を収集し、調査できる。
2.課題に関連した英文論文・テキストを理解できる。
3.課題に関して学生や教員と討論できる。
4.課題に関するレポートを作成し発表ができる。
5.課題に関して新たな問題点を指摘できる。

医学概論Ⅰ演習 / 医学概論Ⅱ演習  対象:医学科第1学年 通年

 

↓ 守山先生の「医学概論」に関するマイクロレクチャーです。すべての動画を見たい方は、上記のリンクより専用HPにお入りください。

 

↓ 1年生に読んでもらいたい!守山先生作成の「社会学的発想」に関するテキストです。

 

一般目標(General Instructional Objectives)

1.医学部基礎医学・社会医学系研究室に配属し、基礎医学研究の実際にふれ、将来の研究に携わる際の選択の一助となることを目的とする。
2.基礎医学で実際に行われている医学研究に接し、自主的学習が主体である大学教育への入口として、知的活動への動機づけを高め、理論的な思考法と適切な自己表現能力を身につける。具体的には、医学・医療に関する学習を円滑に進めるため、受験勉強での暗記中心の学習から脱却し、『病気と医科学』をテーマとして自ら疑問を持ち、調べ、その内容の真偽性を吟味して、科学的に問題を解決しようとする自主的な学習態度を身につける。
3.各教室をローテーションすることで、広く基礎系研究の概要を理解する。
4.学生間、学生と担当教員の良好な人間関係の構築を行い、今後6年間の医学教育の礎を形成する。
5.2年生以降の基礎専門医学教育へ困難なく適応できるような「橋渡し」の機会とする。

行動目標(Specific Behavioral Objectives)

1.課題に関する分野別講義の内容を理解できる。
2.課題に関する資料、文献を収集し、調査できる。
3.課題に関して学生や教員と討論できる。
4.課題に関するレポートを作成し発表ができる。
5.課題に関して新たな問題点を指摘できる。