福岡大学医学部形成外科ホームページへようこそ。

福岡大学医学部形成外科 - Fukuoka University Plastic and Reconstructive Surgery -

患者の皆様へ
  • TOPへ戻る
ホーム > 診療部長のご挨拶

診療部長のご挨拶

福岡大学病院形成外科・美容外科 診療部長 大慈弥(おおじみ)裕之形成外科は、機能を含めからだの形をととのえることを主な目的にした医学(医療)です。
私たちの病院には、お子さん(小児形成外科)、キズや傷跡の治療を希望する方(外傷・創傷管理)、顔面や乳房の再建を希望する方(腫瘍・再建外科)、加齢にともなうしわやたるみの治療を希望する方(抗加齢形成・美容医療)が多く受診されます。

小児形成外科では、主として生まれつきの外表面の変形(先天異常)に対応しています。口唇口蓋裂(いわゆる みつくち)、耳の変形(小耳症や埋没耳)、眼瞼下垂など、頭の形の変形(クルーゾン病など)、漏斗胸、でべそ(臍ヘルニア)、そして多指症や合指症のような手足の異常などがあります。また皮膚の先天異常である「あざ」(血管腫や色素性母斑、脂腺母斑など)の治療も行っています。

外傷・創傷管理では、顔の怪我(顔面外傷)、やけど(熱傷)、手の怪我(切断指など)をあつかいます。現在、キズは早くきれいに治すことが求められています。新しい創傷管理概念にそった治療法をはじめ、創の縫合や皮膚移植まで、さらにはきずあと(瘢痕)やひきつれ(瘢痕拘縮)に対する治療まで行っています。ケロイドの治療もこの中に含まれます。近年、床ずれ(褥瘡)や糖尿病性足潰瘍といったなかなか治りにくいキズ(難治性潰瘍または慢性創傷)をもった患者さんが急増しています。当院ではそれぞれの慢性創傷のためのチームをつくり専門的な治療を行っています。

癌や外傷後の変形を修復して、患者さんが日常生活や社会に復帰しやすくするための手術を再建外科と呼びます。福大病院形成外科では、頭部顔面の再建、顔面神経麻痺に対する再建、乳房再建、手足の再建を数多く行っています。私たちは、手術用顕微鏡を使って組織を移植するマイクロサージャリーという技術を用いて、さまざまな再建手術を行います。

加齢にともなう顔や体の変形にたいしても、専門的治療を行っています。加齢にともなう身体変化には美容的なものだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状、または腫瘍化なども含まれますので、私たちはこれらをまとめて、抗加齢(アンチエイジング)形成・美容医療と呼ぶことにしました。代表は、顔のしみ、しわ、たるみ、そして老人性眼瞼下垂症(まぶたのたるみ)です。顔のしみ、しわ、たるみは、当院皮膚科と共同で美容医療を行っています。老人性眼瞼下垂の原因は、皮膚のたるみと瞼を挙げるすじ(眼瞼挙筋腱膜)のゆるみです。眼瞼下垂は頭痛や肩こりなどの症状とも関係があり、手術により、これらの症状が改善する可能性があります。

2011年1月に美容医療センターが開設しました。皮膚科と形成外科が合同で総合的な美容医療を行う本邦初の施設で、抗加齢美容医療研究の拠点にしようと考えています。色素性病変、血管腫性病変、腫瘍病変、脱毛、若返り治療、痩身を対象とした治療機器が整備されました。日本人での臨床データの乏しい機種については、学内での臨床研究を積み重ね、安全性と有効性を確認した後に患者さんに応用する予定です。

最近、患者さんからのお問い合わせで比較的多いのが、診療費に関するお尋ねです。今でも、生活の質や変形を改善する手術は健康保険がきかないと誤解している患者さん(医師にもいます)が少なくありません。純粋な美容手術(豊胸術やフェイスリフトなど)をのぞき、大学病院で行っている形成外科診療の9割以上は保険適用です。乳房再建術(自家組織移植による)も昨年から保険診療が可能になりました。診療内容だけでなく診療費についても、外来にまでご遠慮なくお問い合わせ下さい。

▲ このページのTOPへ戻る