福岡大学医学部形成外科ホームページへようこそ。

福岡大学医学部形成外科 - Fukuoka University Plastic and Reconstructive Surgery -

患者の皆様へ
  • TOPへ戻る
ホーム > 主任教授のご挨拶

主任教授のご挨拶

福岡大学医学部 形成外科学講座 主任教授 大慈弥(おおじみ)裕之ご紹介下さる医師、研修医、医学生、看護師の方々へ 形成外科は、身体の変形を対象とし、機能を含めた形態の改善をはかることを主な目的とした、外科学の一分野です。
福岡大学医学部形成外科学講座では、小児形成外科、外傷・創傷管理、腫瘍・再建外科、および抗加齢形成・美容医療の四つを診療と研究の柱にしています。

小児形成外科では、口唇口蓋裂、顔面裂、小耳症、頭蓋狭頭症、漏斗胸、多指症、合指症、裂手、母斑などの外表先天異常をおもに診療しています。外傷・創傷管理では、擦過傷や熱傷のような急性創傷から褥瘡や糖尿病性足潰瘍のような慢性創傷まで扱います。腫瘍・再建外科では頭蓋顔面骨切り術やマイクロサージャリーなどの技術を駆使して全身の再建手術を行います。近年、国内でも美容医療が盛んになってきましたが、当院では抗加齢形成・美容医療と名付け、加齢にともなう全身の身体変化を中心に大学病院ならではの総合的な診療と研究を行っています。

形成外科での治療の最終目標は、患者さんの生活の質(QOL)を向上させることです。歴史的に見ると、形成外科は医療の進歩とともに需要が増加してきました。また、生活レベルの向上や高齢化、価値観の多様化によっても形成外科や美容医療に対する需要が増えます。

福岡市都市圏唯一の大学病院形成外科として、私どもは難易度の高い形成外科手術や再建外科手術を数多く手がけてきました。今後は、再建手術がさらに高度で洗練化されるだけでなく、創傷管理や抗加齢医療、美容医療の領域においても、形成外科が担う範囲がますます拡大することが予想されています。研究領域もそれにともない拡大します。

このホームページでは、私どもの診療と研究活動の一部を紹介いたしました。形成外科や美容外科について、より詳しい情報をお訊きになりたい方は、ご遠慮なく医局までお問い合わせ下さい。

▲ このページのTOPへ戻る