看護学科について




  • 看護とは、人の健康問題に関わり、人間の醸し出す喜び、苦痛、悲しみなど様々な反応(現象)に焦点を当て、科学的な知識や技術でそのケアに臨む専門分野です。

    看護学科では、人間の生命や尊厳に基づく豊かな教養と感性を備えると共に、自主的な精神のもとで高度な専門知識と技能を習得し、自らも健康で、広く社会に貢献できる高度専門職者を目指します。

    21世紀の保健・医療・福祉は、医療科学技術の進歩の中、今まで私達が経験したことのない超高齢化社会に直面しており、生じる諸問題の解決は国家的課題となっています。これに携わる者は、高い専門知識と技術を持ち、対象となる人々の価値観や信念、独自性を尊重し、その苦痛や悩みを受け止める能力が求められています。

    すなわち、看護職者として確固たる倫理観を持ち、健康な人にはより健康をもたらす予防を、心身に障害を持つ人には機能回復を、生命の危機状態にある人にはクオリティ・オブ・ライフの尊重を、また生命誕生の際には母子の安全を守るなど、私たちを取り巻く様々な健康問題を捉え、援助活動に貢献することを学びます。