医療従事者の方へ

肺がん研究

肺癌研究グループでは、国内有数の手術症例数を誇る施設である特徴を生かし、症例の蓄積を元に様々な研究を行っています。臨床研究をはじめ、近年は基礎的研究にもより一層力をいれております。中でも肺癌の浸潤や転移に関する研究は、これらの機序の解明となる結果を提示するなど成果をあげており、更なる研究とともに、今後臨床へのフィードバックを検討しております。臨床研究においては、胸腔鏡手術の教育シミュレーション開発など、教育に直結した研究も精力的に行っています。

研究の内容

基礎的研究

  • 肺癌における血管新生と悪性度との相関についての研究
  • 肺腺癌におけるリンパ節転移に関する研究
  • 血管新生因子がリンパ節転移や予後に及ぼす影響
  • ケモカインレセプターの発現の機能的検証及びリンパ節転移との相関
  • 肺腺癌におけるmicropapillary pattern の臨床病理学的検討
  • 肺腺癌細胞における浸潤と接着因子の発現についての研究

臨床的研究

  • 早期肺癌における胸腔鏡手術の成績とその向上
  • 進行肺癌に対する拡大手術の成績の解析
  • 分子標的治療薬の切除組織に基づいたオーダーメード治療
  • 内視鏡手術教育のためのシミュレーション研究
  • 国内外遠隔地への配信的研究

研究

癌や移植の研究についての成果を参考論文として記載しています。悪性腫瘍の基礎的研究や、臨床データを集積しています。トランスレーショナルリサーチとしていつも研究が臨床に反映できることを第一の目標としています。最近では分子生物学的手法や免疫組織学的な基礎的研究は、各基礎教室や他の施設へ出向し、研究を行い、成果を教室へ還元する方向としています。これにより質の高い研究ができると考えたからです。臨床データは教室のデータベースを基に解析したものを主としています。御覧になって下さい。 (参考論文掲載、学会)

教室用のシミュレーターには工学部との連携(医工連携)で胸部モデルを作り、高い評価を得ています。一部はすでに全国的な普及に至っています

教育は次の医療人を世に送り出す重要な役割をもっています。勿論学生から研修医・レジデントまで熱心な指導を行っています。今時のiPodを用いたものを学生や教室員に配布しています。

DVSTを用いた海外とのネットワークを利用し、アジア地区への手術教育を行っています。とても良好な病院内のフレンドシップを築きあげることができました。これからもどんどん交流を広げて行くつもりです。

医療従事者の方へ

診療を受けられる方へ

医局について

入局希望の方へ


手術教育研究会


診療時間

- 初診 再診
平日 8:30~12:00 8:30~15:00
休診日 土・日曜・祝日および振替休日
その他の
休診日
盆休み  8月15日
年末年始 12月29日~1月3日