法医学教室について

沿革

昭和47年(1972)1月29日,医学部の設置が認可され,4月1日に開学。昭和49年(1974)4月,永田武明が九州大学(助教授)より初代教授として赴任し,法医学講座を開講。昭和51年(1976)4月より講義開始。昭和60年(1985)1月,永田武明は九州大学教授として転出。昭和61年(1986)4月,柏村征一が山形大学(助教授)より第2代教授として赴任。平成20年(2008)3月,柏村征一退職。同年4月,久保真一が徳島大学(教授)より第3代教授に就任し,現在に至る。

研究

法中毒学を中心に,法医病理学,法医血清遺伝学の研究に取り組んでいる。

実務

法医解剖は,年間100体程度で、福岡県下の法医解剖(司法解剖,死因身元調査法解剖,承諾解剖)に加え,隣接する県の法医解剖も受け入れている。

薬毒物分析に関しては,他大学法医学教室,監察医機関,警察機関からの依頼を積極的に受け入れている。

主催学会

平成31年(2019)(予定)

日本法中毒学会:第38年会(会長:久保 真一)

平成30年(2018)(予定)

日本法医学会学術全国集会:第102次(会長:久保 真一)

平成26年(2014)

国際法医学シンポジウム:第9回(会長:久保 真一)
9th International Symposium on Advances in Legal Medicine(ISALM)

平成18年(2006)

日本法医学会総会:第90次(会長:柏村 征一)

平成17年(2005)

日本賠償科学会:第46回研究会(会長:柏村 征一)
日本法中毒学会:第24年会(会長:柏村 征一)