福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > レジデント募集
レジデント募集
急募!後期研修医を募集しております!

初期研修(参考例)


後期研修(3年次以降)


興味のある方是非!高い技術を備えた脳神経外科医へ!
福岡大学病院脳神経外科では、高度医療手技や専門医取得だけでなく医学博士や留学にも力を幅広く注いでいます。
また、各専門分野での指導体制も充実するよう医局・病棟一丸となって努めています。
将来活躍できる場がこんなにも多くある科はありません。未来の脳神経外科を一緒に築きましょう。
  • 福大病院における初期研修プログラム
  • 後期研修プログラム
【2016.11.01】
脳神経外科領域は男社会と思われがちですが、当院では女性の医局員も在籍し、国内だけでなく海外も含めて幅広い分野で活躍している実績があります。 将来を見据えた女性も活躍できる医局を目指しています。
福岡大学博多駅クリニック脳神経外科千住緒美

 脳神経外科医になることを決めたのは平成23(2011)年のことでした.脳神経外科と言えば,外傷や脳出血に対する緊急開頭手術や血管内治療,脊髄の手術等でとても忙しく,呼び出されることも多いのが特徴です.緊急手術も大切な仕事ですが,私の人生のプランとしては,女性として結婚もしたいし母親にもなりたいと考えていました.永久に緊急手術を継続する自信はなく,性格的にも患者さんと話をしながらゆっくり治療をするほうが向いていると思い,脳神経外科医を選ぶことをとても悩みました.

 しかし,私の上司である福岡大学脳神経外科教授の井上亨先生はこう言ってくれました.「女性の脳神経外科医として,一生緊急手術をする必要はない,脳神経外科の中にも役割がある」.医師という職業上,本当にその道に導いてもらえるかは半信半疑でしたが,脳神経外科の仕事は好きだったし,何よりもリハビリや治療を受ける患者さんの頑張る姿と井上先生の熱意に惹かれ,従来の古い観念では脳神経外科医らしくはないですが,「必要とされる 脳神経外科医」を目指してみることにしました.

 病院での手術,助手を含めた一般業務をしながら,まずは頚動脈エコーという課題が与えられました.井上先生の専門としている頚動脈狭窄症のほぼすべての患者さんに,手術前後の頚動脈のエコー検査を行い,神経超音波認定検査士の資格を取りました.同時に,ロボットスーツHAL®によるリハビリテーションの立ち上げという課題を与えられ,理学療法士 さんと一緒に病棟患者さんのリハビリを行いました.

 そんな中,井須豊彦先生の「触れてわかる腰痛診療」の講演を聴き,次は末梢神経の治療を学ぶべく,1カ月間,釧路労災病院脳神経外科へ研修に行かせてもらいました.その間も脳神経外科医として急患対応や手術経験のできる病院で勤務し,多くの症例を経験し入局5年後には脳神経外科専門医を取得することができました.また,頚動脈エコーをテーマとした大学院での臨床研究を行い,学位も取得しました.

 大変忙しい日々ではありましたが,頚動脈エコー,リハビリ,触れてわかる腰痛診療とい う,他の脳神経外科医にない特技を持ちながら,通常の診療ができるという脳神経外科とし ての新しい道ができました.それは患者さんとお話しすることが好きで,急患対応が得意で はない私に実に向いていて,家庭を持ちながらもやっていけそうな仕事でした.

 そして結婚をして,家庭を持つこととなりました.実は,結婚をしたら家庭を優先すべく, 脳神経外科医の仕事はやめようかとも考えていました.しかし,外来診療を主とした仕事な ら細々と続けていくことができます.幸い,脳神経外科の知識,エコー,HAL®のリハビリ, 末梢神経による腰痛治療があれば,どこに行ってもそれらの患者さんは来てくれます.若い 頃に,人よりもたくさんのことを勉強しなければならないという苦労もありましたが,今で はそうさせてくれた井上先生にとても感謝しています.

 今,女性の医師は増加し,同時に少子化や未婚女性,離婚も増えています.社会に貢献し ながら,自分自身の生活や家庭も充実させていくためには,社会の理解を得て環境を変えて もらうことも大切ですが,自らもそれに対応できるだけの術を,人より少し多く身につけて おくことが必要であるのではないかと感じます.「必要とされる脳神経外科医」を引き続き 目指し,私なりの生きる道を探していこうと思います.

専門医取得期間は?専門医取得モデルケース
福岡大学病院脳神経外科  大川 将和
最短で各専門・認定医を取得する場合、脳神経外科専門医を取得した同じ年に各専門・認定医を取得することも可能です。
卒後1〜2年: 初期研修
卒後3〜6年: 国立循環器病センター 脳神経外科
卒後7年 4ヶ月: 日本脳神経外科専門医取得
卒後7年 10ヶ月: 日本脳血管内治療専門医取得
卒後8年 4月: 福岡大学脳神経外科副病棟医長
現在、福岡大学脳神経外科で脳血管バイパス術、脳腫瘍手術、脳血管内治療など
多分野において積極的に活躍中です。
レジデント募集についての問い合わせはこちら
〒814-0180 福岡市城南区七隈7-45-1
TEL:092-801-1011 内線番号3445 (脳神経外科医局とお伝え下さい)
福岡大学病院脳神経外科 池田遼子まで
←トップページへ戻る