福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > 対象疾患
対象疾患
【脳血管障害疾患】
我々が扱う脳血管障害は、近年予防手術が重要視されています。一旦、脳出血や脳梗塞などで脳機能が破綻してしまうと現時点では、その部位の神経機能を回復させる手段はありません。
当科では、出血性脳血管障害、閉塞性脳血管障害に対する外科治療を積極的に行っています。
詳細はこちら
【良性脳腫瘍】
脳神経外科で扱う良性腫瘍としては、髄膜腫、聴神経腫瘍などが挙げられます。
組織学的には良性の疾患ですので、手術で全摘出すれば治癒します。一方で、神経機能の温存も求められます。

詳細はこちら
【悪性脳腫瘍】
脳実質内細胞から発生する神経膠腫(グリオーマ)は、周囲脳に浸潤性に拡がりながら増殖するため、最も悪性度の高い膠芽腫では手術療法単独ではなかなか完治が望めない腫瘍です。 しかし、手術時の切除率が高ければ高いほど、その患者の生命予後は切除術に比例することも周知の事実です。
詳細はこちら
【間脳・下垂体疾患】
当院では内分泌・糖尿病科(柳瀬敏彦教授)と連携し、術前・術後の内分泌機能評価を的確に行って頂いています。手術は積極的に経鼻経蝶形骨洞的に内視鏡とナビゲーションを使用して行っています。
詳細はこちら
【脊椎・脊髄疾患】
当科では脊髄腫瘍(硬膜内髄外腫瘍・髄内腫瘍)、脊髄血管奇形、頸椎の変性疾患(頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア・後縦靭帯骨化症・黄色靱帯骨化症など)、頭蓋頸椎移行部病変(キアリー奇形・脊髄空洞症・環軸椎亜脱臼など)を主な対象とし、低侵襲性を重視した早期社会復帰を目指した治療を行っています。
詳細はこちら
【機能的疾患】
当科ではパーキンソン病、本態性振戦、そしてジストニアなど運動障害の治療を行っています。
詳細はこちら
【小児脳神経疾患】
当院には新生児疾患を対象とした周産期センター(NICU9床、GCU20床)があり(下記写真右)小児科と連携して患児の受け入れをスムーズに行い、協力して治療にあたっています。
詳細はこちら
【末梢神経障害】
あまり知られていない腰痛の原因の一つです。上殿皮神経という腰から殿部へ走る神経が筋肉によって締め付けられたり、引っ張られたりすることで腰痛がおきます。腰痛や下肢痛などでお困りの方は是非、一度ご相談下さい。当科では毎週金曜日午後に腰痛外来を行っています。

詳細はこちら
←トップページへ戻る
前のページへ戻る