福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > 対象疾患 > 上殿皮神経障害
対象疾患
【上殿皮神経障害】

腰痛のうち85%は原因が特定できない「非特異的腰痛」とされており、腰椎の手術を行ったにもかかわらず、腰痛が改善しないことがあります。腰痛の原因には様々なものがありますが、その中に「上殿皮神経障害」というものがあります。上殿皮神経という腰から殿部へ走る神経が筋肉によって締め付けられたり、引っ張られたりすることで腰痛がおきます。最近この神経が原因となっている腰痛が多いのではないかと注目されています。
※NHK「チョイス」【腰痛対策の新常識】内でも取り上げられました(関連リンク

症状が強い場合は、診断、治療両方の目的でブロック注射(局所麻酔を用いた治療)を行います。症状の軽快をみることで診断が可能です。当科では毎週金曜日午後に腰痛外来を行っており、積極的に診療を行っています。腰痛や下肢痛などでお困りの方は是非、一度ご相談下さい。

腰を背中から見た解剖の図です。赤い楕円で囲んだ場所の神経が圧迫や絞扼を受けて腰痛が起きることを「上殿皮神経障害」と言い、適切な診断と治療を受けることで症状が改善します。

   
【手根管症候群】

主に手の母指〜薬指のしびれや、痛みが出現します(夜間・早朝がひどくなります)。また進行する手の筋力低下も出現し、物がつまみづらくなります。これは手首のところで、厚くなった靭帯で正中神経が圧迫されるために起こります。軽度の場合は手の安静や、痛み止めで経過をみます。またブロック注射が有効なこともあります。しかし進行例や繰り返す場合は、手術を行うことで症状の消失・軽減します。実際には局所麻酔をして、約2cm皮膚を切開し、肥厚した靭帯を切開します。これで神経の圧迫を解除されます。

黒斜線:しびれの範囲、 赤線:手術時の皮膚切開線

   
←前のページへ戻る