福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!

 福岡大学病院脳神経外科では、脳動脈瘤をはじめとるする脳血管障害や良性悪性を含めた脳腫瘍のみならず、外傷、小児脳疾患、パーキンソン病や振戦などの運動障害、そして脊髄や末梢神経に起因する疾患の治療など幅広く行っています。福岡大学病院では全国に先駆けて血管内治療や神経内視鏡手術といった体に負担の少ない治療法を導入し発展させてきました。詳細な脳微小解剖の知識を活かしたこれらの手術では、最先端のナビゲーションシステムも積極的に導入しています。脳深部刺激療法といった機能的外科手術でも優れた成績をおさめています。また、ロボットスーツ HAL を中心に、非侵襲的脳刺激法など様々な方法を用いて脳卒中や神経難病によって損なわれた脳の機能回復を目指す治療も行っています。当科では救命救急センターや神経内科をはじめとした他科との強い連携のもと診療を行っているのも特徴です。

 診療のみならず、人材育成にも力を注いでいます。学生が興味を持って臨床実習ができるよう、手術顕微鏡を用いた血管吻合の練習や手術用ドリル実習などを積極的に取り入れています。卒後研修では、分野に隔たりなく脳神経外科専門医に必要な経験や知識を習得することができます。脳神経外科専門医を基礎として、脳卒中専門医や血管内治療専門医などの資格も取得可能です。大学院での研究や海外留学を通じ、医師として幅広い経験をすることもできます。女性医師が生き生きと仕事をしているのも大きな特徴です。女性が脳神経外科医として自立できるよう、各個人の状況に応じたキャリア形成を支援しています。このように、福岡大学病院脳神経外科は若手が活発に、多種多様な形で仕事のできる職場です。

 研究面では、脳微小解剖に基づいた手術手技、脳血管障害、そして脳機能回復について世界をリードする研究を行い、その多くは海外の一流誌に発表されています。特に、ロボットスーツ HAL を用いた臨床研究では世界トップレベルの発表を行ってきました。医師のみならずコメディカルも積極的に学会発表や論文発表をしています。患者の皆さんに、さらに良い医療を提供できるよう診療・教育・研究の全てに力を入れています。