福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > 外来受診する患者の皆様へ
患者の皆様へ

 福岡大学病院脳神経外科では、脳卒中や脳腫瘍のみならず、パーキンソン病をはじめとする運動障害、小児脳疾患、そして脊髄や末梢神経に起因する疾患の治療など幅広く行っています。年々手術件数は増え続け、2013年以降の手術症例数は毎年650件を超えています。これは、病院単位では全国屈指の症例数と言えます。福岡大学病院では全国に先駆けて神経内視鏡手術や血管内治療といった体に負担の少ない治療法を導入し発展させてきました。最先端のナビゲーションシステムを用いた手術も積極的に行っています。

 私達の信念は質の高い医療を患者の皆様にお届けすることです。そのためには、病気によって損なわれた神経機能を回復させる治療もとても大切です。ロボットスーツ HAL を中心に、様々な方法を用いて脳卒中や神経難病によって損なわれた脳の機能回復を目指す治療も行っています。興味がございましたら、是非当科外来を御受診ください。

診療予定
  1. 一般外来は月曜・水曜・金曜の午前中です。(注:緊急手術などにより担当医の予定が変更になることがあります。
  2. ロボットリハビリ治療をご希望の方には火曜・金曜の午後に受診していただいています。
  3. 初めて受診される方は必ず紹介状をご持参ください。
脳震盪外来

 福岡大学医学部脳神経外科では、スポーツ科学部と連携し、最近注目されているスポーツに起因する軽微な頭部外傷、特に脳振盪に関する専門外来を設置することにいたしました。

 アメリカンフットボールやラグビー、柔道などのスポーツでは、重い後遺症や死に至る可能性が高い「急性硬膜下血腫」、頚椎が過剰に曲がることによって生じる「頚椎損傷」や「頚髄損傷」など、不幸な結果に至る選手が後を絶ちません。また近年、急性期の脳・脊髄損傷以外にも蓄積された軽微な慢性の脳損傷によって「慢性外傷性脳症」といった状態から、うつ状態や高次脳機能障害の症状を呈することもわかってきました。

 そのため、最近注目されているスポーツに関係する軽微な頭部外傷、特に脳振盪に関する専門外来を設置しました。頭部外傷の診断・治療だけでなく、脳振盪からの競技復帰に関する計画立案や指導、予防のためのメディカルチェックなどを行ないます。加えて安全に競技を行うための治療やアドバイスを行うことに致しました。

 脳振盪後の競技への復帰についての相談、脳神経疾患を持ちながらスポーツに挑戦したいというご希望のある場合、昔の頭部外傷による「あたま」の影響を調べたいなど、気軽にご相談ください。

脳振盪外来の内容

担当医 重森 裕
資格 日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本救急医学会専門医 日本脳卒中学会専門医、日本医師会認定産業医 日本医師会認定健康スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター など
活動 日本脳神経外傷学会 スポーツ頭部外傷検討委員会 委員 日本臨床スポーツ医学会 脳神経外科部会 委員 など
外来日 火曜日午前中(予約制) : 当院脳神経外科外来にご連絡ください。

お問い合わせ先

福岡大学病院 脳神経外科 外来
〒814-0180
福岡市城南区七隈 7-45-1
TEL: 092-801-1011 (代表に「脳神経外科外来へ」とお伝えください。)

←トップページへ戻る