福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > 治療について
治療について
【マイクロサージェリー】
脳外科の主な手術は手術用顕微鏡を使って行われます。高度な技術、知識、経験を要求される分野の一つです。
当科では最新の手術用顕微鏡を導入し、特に脳血管障害治療に役立てています。

詳細はこちら
【脳血管内治療】
近年需要が高まる最先端医療技術の一つで、脳動脈瘤、頸動脈狭窄、脳脊髄動静脈奇形、硬膜動静脈瘻 などの脳卒中の原因となる疾患を、カテーテルを用いて開頭術をすることなく治療する方法です。下記にコイルを用いた瘤内塞栓術や、ステントを用いた血行再建術を紹介します。
詳細はこちら
【神経内視鏡治療】
当院ではこれまで主に開頭手術が行われてきた脳出血に対して、より低侵襲で同等の治療効果が期待される治療法として、神経内視鏡を用いた血腫除去を積極的に行っています。


詳細はこちら
【脳深部刺激療法】
当科ではパーキンソン病、本態性振戦、そしてジストニアなどの運動障害の治療として脳深部刺激療法を行っています。


詳細はこちら
【t-PA】
当院では急性期脳梗塞でも発症3時間以内と限られた症例に対して迅速かつ低侵襲な血栓溶解療法に取り組み、患者の予後をより良いものとする治療を行っています。


詳細はこちら
【ナビゲーションを用いた頭蓋底手術】
頭蓋底は脳実質の底を支えるように存在し、重要な血管や神経、骨構造物、筋肉などが多数存在するため、脳神経外科のなかでも治療が困難な領域の一つです。


詳細はこちら
【ロボットリハビリテーション】
福岡大学病院脳神経外科には脳卒中ケアユニット(SCU)が併設されているため、重症の脳卒中患者さんが多数搬送されます。脳卒中後の後遺症を最小限にするため、そして早期社会復帰を実現するため急性期より積極的なリハビリテーションを行っています。さらに現在、脳卒中後半年以上経過した慢性期までその対象の幅を拡げています。

詳細はこちら
  • 手術症例数
  • 救命救急サイトのご紹介
←トップページへ戻る
前のページへ戻る