福岡大学医学部脳神経外科

福岡大学医学部脳神経外科ホームページへようこそ!
トップページ > 治療について > 脳深部刺激療法
治療について
【脳深部刺激療法】

当科ではパーキンソン病、本態性振戦、そしてジストニアなどの運動障害の治療として脳深部刺激療法を行っています。これらの疾患は脳内の運動回路の異常によって生じることが知られていますが、脳の深部に埋込んだ電極に電流を持続的にことによって脳内の回路の異常を正そうとする治療法です。すでに本邦では20年以上前から行われており、一定の成果が得られています。それだけではなく、近年の臨床研究の成果と撮像技術の改善により安全性が増しています。

脳深部刺激療法:
脳の深い部分に金属でできた電極を埋め込み、そこに埋込み型のパルスジェネレーターから電気信号を送り込んで刺激を行います。脳回路の異常な活動を抑制し、症状を改善させます。手術は症状に合わせてテーラーメイドで行います。例えば、パーキンソン病と言っても、症状の出かたは人それぞれです。患者様一人一人に合わせた治療を心がけています。

   
←前のページへ戻る