福岡大学医学部泌尿器科学教室
〒814-0180 福岡市城南区七隈七丁目45番1号
TEL:092-801-1011 FAX:092-873-1109
サイト内検索:
HOME > 患者の皆様へ > 悪性腫瘍に関する治療

悪性腫瘍に関する治療
前立腺癌
手術:
当科では2015年8月より最新の手術支援機器 da Vinci Xi:ダビンチ Xi を用いたロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術を開始しました。ロボット支援手術は手術の際の傷が小さいだけでなく、拡大した視野で手術を行う結果、剥離や吻合といった細かい作業を精確に行うことが出来るため、出血が少ない、尿失禁が早く回復する,症例によっては勃起機能を温存できるという利点があります。

放射線治療:
当院では強度変調放射線治療(intensity modulated radiation therapy; IMRT)により、前立腺に十分な量の放射線を当てつつ、周囲(膀胱、直腸)への放射線量を減らすことで治療効果を下げることなく副作用の少ない治療を行っています。通常、1回2 Gyの照射を37-38回行う計画で治療を行っています。土日を除き週5回の照射を8週間弱続ける計算になります。ご希望により外来または入院での治療を選択できます。
また2017年4月よりゾーフィゴ(Ra-223)を用いた骨転移に対する治療も開始いたしました。外来通院での点滴治療で月1回,6回までの治療を基本とします。


各種薬物治療:
当初のホルモン治療が聞かなくなった状態の癌を去勢抵抗性前立腺癌といいます。この状態になった場合は,症例により新規ホルモン薬による治療,または抗癌剤による治療を選択し生活の質を落とすことなく効果的な治療を行うべく検討いたします。

膀胱癌
経尿道的膀胱腫瘍切除術:
(TURBT) 
膀胱腫瘍に対しまず行われる手術です。麻酔をかけた上で尿道から電気メスのついた内視鏡を挿入し、腫瘍を削り取ります、削り取った組織を病理検査に提出し、癌かどうかだけでなく悪性度、癌の深さを判定します。結果によりその後の治療方針が決定されます。

膀胱内注入療法:
手術の結果,癌は筋層まで達していないが、2個以上ある、大きさが3cm以上、悪性度が高い、上皮内癌であるといった条件に合致する場合、再発予防または治療目的に膀胱内に抗癌剤またはBCGを注入するという治療が選択されます。癌の状態や全身状態、年齢などを考慮し適応を検討します。

膀胱全摘除術:
筋層浸潤性膀胱癌に対する最も標準的な治療となります。ただし膀胱を全て取り除く手術となるため、同時に尿路を再建する手術が必要になります。当科ではおなかにストーマを作成する回腸導管または尿管皮膚瘻造設術と自分で尿道から排尿が可能な新膀胱造設術の三つの方法を標準的な治療として採用しています。年齢、合併症の有無、腎機能、癌の存在部位を検討し、患者様の希望も含め最終的な治療法の選択を行います。

膀胱温存治療:
筋層浸潤性膀胱癌に対する標準治療は膀胱全摘除術ですが、高齢のため手術が難しい場合やどうしても膀胱の機能を残したい症例に,膀胱をとらない治療(膀胱温存)を選択することがあります。この場合,抗癌剤と放射線を併用することで治療効果を高めています。症例により、一般的な抗癌剤投与法に放射線治療を併用する方法と抗癌剤を少量ずつ動脈から注入しつつ放射線治療を併用するという二つの方法を選択しています。1コースが3~4週間かかり、通常2または3コース行います。現時点ではまだ標準的な治療法とはなっておらず、どなたでも適応となるわけではありませんので、前記の膀胱全摘除術と利点・欠点を十分比較検討したうえで治療法を選択します。

抗癌剤治療:
膀胱癌発見時に転移がある場合、手術を行った後転移が生じた場合などに適応となります。現在代表的な2種類の多剤併用抗癌剤治療(GC,MVAC)があり、治療歴や患者さんの状態などにより選択しています。方法によっては外来での投与も行っています。

腎臓癌(腎細胞癌)
4cmまでの小さな腫瘍:
ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除を基本術式としています。症例により開腹で行う場合があります。

4から7cmの腫瘍:
腹腔鏡下腎摘除術を基本とします。腫瘍が大きく飛び出している症例や,腎機能が悪い方は腎部分切除術を検討します。この場合,ロボットで行うか開腹で行うかは患者様の状態,腫瘍の位置・大きさ等から判断します。

7cm以上の腫瘍:
基本、開腹による腎摘除術を行いますが、症例により腹腔鏡手術も検討します。

他臓器に転移がある場合:
可能な限り手術による原発巣の摘除を行った後、転移巣に対する治療を行います。

転移巣に対する治療:
腎細胞癌の種類にもよりますが、転移巣が肺転移だけの場合、インターフェロンやインターロイキン−2といった薬剤を用いた免疫療法を行います。腫瘍が消失するだけでなく大きさが変わらないといった状態であれば、この治療を継続します。転移巣が肺以外(骨、肝臓、リンパ節)の場合,分子標的薬といわれる新しい抗癌剤を使用します。現在、効能と剤形の違いにより6種類の薬があります.転移の部位,癌細胞の種類,年齢,全身状態を考慮した上で,薬を選択します.また分子標的薬が無効あるいは聞かなくなった場合,免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ:ニボルマブ)の投与を検討します。
転移巣の部位、個数によっては手術で取り除くことにより治療効果が高まる場合がありますが、適応には様々な条件があり主治医・患者間で十分協議する必要があります。


注意点:代表的な泌尿器科領域の癌に関し、当科の治療方針を列記しました。あくまで一般的な治療法を記載していますので、実際は個々の症例により治療法の選択肢が変わることをご了承ください。


関連ページ紹介   [ こんな症状の方 | ダビンチXi | 腹腔鏡手術 | 腎移植 | 副腎外科 ]
教室のご案内 患者の皆様へ 医学生・研修医の方へ 医療関係者の方へ
教室のご案内 [ 教授ごあいさつ | 医局員紹介 | 医師別専門領域 | 連携病院 ]
患者の皆様へ [ 診療科紹介 | スタッフ紹介 | 外来担当医表 | 検査・診断項目 | こんな症状の方 | ダビンチXi | 腹腔鏡手術 ]
                      [ 小児泌尿器科 | 悪性腫瘍に関する治療 | 腎移植 | 副腎外科 | 尿路性器感染症 ]

医学生・研修医の方へ [ 教授ごあいさつ | 採用情報 | 卒後臨床研修センター | 研修医プログラム(準備中) | 連携病院 ]
医療関係者の方へ [ ダビンチXi | 腹腔鏡手術 | 小児泌尿器科 | 悪性腫瘍に関する治療 | 腎移植 | 副腎外科 | 尿路性器感染症 ]
                      [ 手術件数 ]

交通アクセス
お問い合わせ
外部リンク [ 福岡大学病院 | 福岡大学筑紫病院 | 福岡大学博多駅クリニック | 福岡大学 | 福岡大学医学部 ]
Department of Urology,
Fukuoka University Faculty of Medicine.
All Rights Reserved. Copyright(c)2017.


このサイトの全ての画像、文章等の無断転載、無断複写、無断使用を禁じます。
また、リンクを希望される場合は事前にお知らせ下さいますようお願い致します。