診療を受けられる方へ

甲状腺の悪性腫瘍には、

  1. 乳頭がん
  2. 濾胞がん
  3. 髄様がん
  4. 未分化がん
  5. 悪性リンパ腫

検査としては、血液検査、超音波検査(必要により穿刺吸引細胞診)、喉頭ファイバー、CT等をルーチンとし、進行度に応じてシンチグラム(甲状腺、骨)、食道造影もしくは食道内視鏡(食道浸潤が疑わ れる場合)、気管支鏡(気管浸潤が疑われる場合)等を施行する場合があります。これらの検査により殆んどの場合確定診断に至ります。進行度やがんの種類(組織型)に応じて治療方針が決定されます。

乳頭がん

甲状腺がんの中で一番多く、当科手術症例の90%以上に相当しています。がんの中では発育も緩徐なケースが殆どです。検査では上記ルーチン検査を施行して診断に至りますが、甲状腺近傍に は気管、反回神経、食道、副甲状腺といった重要な臓器が存在するため、がんの占拠部位や進展度によっては浸潤範囲を評価することが必要になります。乳頭が んは頸部リンパ節転移を比較的高率に認めることがあり、また反回神経浸潤例では嗄声を認めることがあります。

【治療方針について】

がんが片側に存在する場合(標準手術)・・・殆どのケースがこの場合です。片側の甲状腺葉切除+頸部リンパ節郭清を施行しています。当科では central zone(中央領域)+患側lateral zone(側方領域)の徹底した郭清をルーチンとしています。がんが両側に存在する場合、ハイリスク群(がんが巨大、腺内多発、両側頸部リンパ 節転移、家族性など総合評価で判定)の場合・・・あまり症例数は多くありませんが、全摘(場合により唖全摘)+両側central+lateral zoneリンパ節郭清、を施行いたします。既に肺等に転移を認める症例では、一般に全摘後内照射治療(ヨード治療)を施行いたします。当施設には、ヨード治療設備がありませんので、必要な場合は近隣の施設にご紹介致します。

*気管・食道合併切除について

甲状腺はその解剖学的位置から、局所において高度に進行した場合気管食道に浸潤するリスクを有しています。特に気管は甲状腺後面が直接連続しているため気管浸潤例は稀ではありません。しかし粘膜面(気管の内側)まで深く浸潤しているケースはそれほど多くはありません。このため可能な限りshaving(気管前面を削り取ること)をしてがんを切除することを基本としています。気管粘膜面に明らかに浸潤している場合にはその浸潤範囲によって、気管合併切除の術式を選択します。当科は呼吸器外科を専門としておりますので、そのような手術にも十分対処可能です。

濾胞がん

乳頭がんに続いて症例数が多くなっています。このがんで注意しなければいけないのは良性の濾胞腺腫と鑑別困難である場合が多いことです。ルーチン検査にて、細胞診class III以上を通常手術適応としていますが、 細胞診の評価が困難な場合も多いため、

  • 超音波所見で悪性が疑われる場合
  • 経過観察中に腫瘍に増大傾向が認められる場合
  • 腫瘍径が大きい場合
  • 血液検査異常(サイログロブリン高値)
  • 頸部圧迫症状など有症状 を考慮し手術を施行するケースもあります。

【治療方針について】

腫瘍を含む甲状腺部分切除や場合により甲状腺全摘術が必要となります。手術によってがんの「取り残し」のない治癒切除が極めて重要です。

髄様がん

甲状腺の濾胞細胞から発生するカルシトニンを分泌するC細胞由来のがんです。散発性の場合も多く見られますが、なかには常染色体優性遺伝疾患として副腎や副甲状腺に病変を伴う場合も見られます。ルーチン検査で当疾患が疑われる場合には血液検査にてカルシトニンやCEA値を測定した上で遺伝学的検索を施行します。

【治療方針について】

甲状腺全摘とリンパ節郭清が基本です。手術以外に有効な治療方法はありません。

未分化がん

未分化がんは甲状腺悪性腫瘍の約1%と稀な疾患です。未熟な細胞から発生するがんですが、初めから未分化がんとして新生するのではなく、乳頭がんなどの母地があって長い担がん状態の中で変異発症するものと考えられています。予後は極めて不良であり無治療では2,3ヶ月の予後と考えられています。通常細胞診で確定にいたります。

【治療方針について】

腫瘍が急速に増大し気管食道など重要臓器に容易に浸潤し、緊急事態に至る場合があります。一般に治癒切除可能なケースは極めて稀で、肉眼的にがんの遺残のない切除を施行しても予後は極めて不良です。通常放射線療法、化学療法を組み合わせた集学的治療による効果に期待します。

悪性リンパ腫

比較的珍しい腫瘍であり甲状腺悪性腫瘍の1-2%とされています。橋本病を基礎疾患として有する場合が多く、橋本病における血液検査や画像診断の注意深いフォローが必要です。細胞診のみでは診断にいたらず、生検により組織学的診断を得ることもあります。

【治療方針について】

諸検査により病期評価をして、放射線化学療法を術後に施行します。奏功率は高く近年では予後の向上が見られます。

当科における手術成績:

過去5年間(2009年4月~2013年3月)の甲状腺悪性腫瘍手術症例は103例でした。内訳は甲状腺がん72例、良性疾患が31例でした。高度局所浸潤甲状腺がん症例に対しては術式別の適応を決めて良好な術後QOLをめざした治療を行っています。

診療を受けられる方へ

医療従事者の方へ

医局について

入局希望の方へ


手術教育研究会


診療時間

- 初診 再診
平日 8:30~12:00 8:30~15:00
土曜日 8:30~11:00 8:30~11:00
休診日 日祝振替休日

その他の休み

お盆休み:(8/15)
年末年始(12/29~1/3)