膵島移植
膵島移植の方法

膵島移植は、局所麻酔下で行います。集めた膵島を約100 ml 程の液と共に輸液バックに入れて準備をします。

X線透視を行いながら、あるいは超音波検査で肝臓内の状況を見ながら、肝臓内の血管である門脈を穿刺し、そこから膵島浮遊液を注入します(下図)。
注入終了後、穿刺したカテーテルは抜去します。